2021年05月08日

フロイド・メイウェザー vs. ローガン・ポールの記者会見で弟ジェイク・ポールとメイウェザーが乱闘騒ぎ(動画)/コナー・マクレガーが批判

延期されていたフロイド・メイウェザー vs. ローガン・ポールが6月6日に決定(2021年04月28日)

 こちらの続報。



 フロイド・メイウェザー vs. ローガン・ポールの記者会見で弟のジェイク・ポールがメイウェザーと乱闘騒ぎを起こしています。



 これに対しコナー・マクレガーがインスタグラムにこんな画像をアップし以下のコメント。

「おいレオナルド・エレーベ(メイウェザー・プロモーションズCEO)、フロイドは何やってんだ? あのガキ(ジェイク・ポール)は丸くなって一度も反撃せず、フロイドはまだタフガイのふりをして走り回っている。あのガキはフロイドの置かれている惨めな状況を晒してくれたんだ。彼は感謝すべきだ。恥ずべきことだよ! プロなのに恥ずかしいことだ。彼はこの試合で1000万ドル稼ぐことは出来ないだろうし、それを自覚している。一度延期されてるしな。世界中がツイッターで見ている。半分まともなプロと戦えば2000万ドル稼げるのにこのザマだ。どう考えても悲しいことだよ。誰かとリアルファイトをするか、それが出来ないなら消え失せろ。このハゲ野郎!」
続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 20:21| Comment(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2021年04月30日

マイク・タイソン「9月にレノックス・ルイスと対戦する」


 マイク・タイソンがTMZの直撃インタビューで「レノックス・ルイスと対戦する」「9月だ」とコメント。両者は2002年6月8日に対戦しており、この時はルイスが8R KO勝ちしています。

 タイソンは昨年11月にロイ・ジョーンズ・ジュニアとエキシビションマッチをしていますが、ルイスは2003年6月にビタリ・クリチコに6R TKO勝ちしヘビー級チャンピオンのまま引退して以来試合をしていません。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 01:18| Comment(1) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2021年04月29日

エディ・アルバレス「ジェイク・ポール vs. ベン・アスクレンを見て、オスカー・デ・ラ・ホーヤとは対戦しないことにした」「MMAはファイトだがボクシングはファイトじゃない」



エディ・アルバレス「オスカー・デ・ラ・ホーヤ陣営から対戦オファーがあった。彼らとは真剣に交渉している」(2021年04月16日)

【追記】『ONE on TNT I』エディ・アルバレス vs. ユーリ・ラピクスの裁定がアルバレスの反則負けからノーコンテストに変更(2021年04月27日)

 こちらの続報。


 エディ・アルバレスが以下のコメント。

「オスカー・デ・ラ・ホーヤ戦は終わった話だ。ボクシングとMMAの関係性についてはベン・アスクレンの試合も見たけど、基本的にMMAファイターがボクシングの領域に勇気を持って踏み込んでプロフェッショナルではないフォームとスキルを見せることになる。そしてボクサーの方がMMAの領域でそれをするのを見たことはない。そこが気になるし、気が進まなくなっている。ボクシング側にもそういう勇気が欲しいところだ」

「オスカーとの件でイエスと言ってしまったのは拙速だったし、これ(MMA)が俺のスポーツだと思った。俺が生涯を懸けてしてきたことだし、リアルファイトがしたかったらこれがファイトだ。MMAがファイトだ。ボクシングがしていることは俺たちがしていることの5分の1だ。一部でしかないし、ファイトじゃない。だからベン・アスクレンを倒した相手もフランク・ミアを倒した相手もファイトで倒したわけじゃない。ボクシングで倒しただけだ」

「俺は自分の仕事にプライドを持ってるし、ずっとやってきた。それを手放すとなると多くのことが必要になる。ボクシングに自分の身をを売ってやられてしまったら意味がない。イベントも全体的に気になったし、ボクシング入門編という感じだった。ボクシングはそんな感じになってしまった」

「才能ある選手が下手な選手とやってるだけだ。下手な選手を半端な選手に仕立て上げて、それに勝ったらチャンピオンになったかのように見せている。一方MMAはベストファイター同士の戦いだ。それがこのスポーツを素晴らしいものにしている。かつてのボクシングはそうだったかもしれないが、今はそうじゃない」

「あのイベントはボクサーがタフガイのように振る舞い、ファイトに勝ってるように振る舞っている。しかし、彼らはファイトに勝っているわけじゃない。ボクシングの試合で勝っているだけだ。MMAはファイトだ。格上のファイターとの対戦をアピールし、ケージの中で全てのスキルを出し尽くす」

 ボクサーの方がMMAの領域に踏み込んだ例としては元IBF世界チャンピオンだったジェームズ・トニーが2010年8月の『UFC 118: Edgar vs. Penn 2』でランディ・クートゥアと対戦し1R肩固めで敗れたことがあります。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 03:26| Comment(13) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2021年04月28日

延期されていたフロイド・メイウェザー vs. ローガン・ポールが6月6日に決定

2月20日に予定されていたフロイド・メイウェザー vs. ローガン・ポールが延期(2021年02月03日)

 こちらの続報。



 フロイド・メイウェザー vs. ローガン・ポールのエキシビションマッチが6月6日にフロリダ州マイアミガーデンズのハードロック・スタジアムで開催することをメイウェザー・プロモーションズが発表。アメリカではShowtimeでPPV中継されます。当初は土曜日である6月5日に予定していたものの他のボクシング大会との競合を避けるために6月6日にしたとのこと。

 フロリダ州開催ということで『UFC 261: Usman vs. Masvidal 2』同様、観客をフルに入れる予定。ハードロック・スタジアムは2012年の『レッスルマニア28』では7万8363人の入場者数を記録しています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 19:59| Comment(3) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2021年04月22日

『Triller Fight Club』ジェイク・ポール vs. ベン・アスクレンを見たファイター・関係者の反応



Twitter reacts to Jake Paul's quick TKO of Ben Askren in boxing match(MMAJunkie)

 『Triller Fight Club』ジェイク・ポール vs. ベン・アスクレンを見たファイター・関係者のツイッターでの反応。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 05:15| Comment(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

ベン・アスクレンのセコンドに付いていたタイロン・ウッドリーやB.J.ペン、ディロン・ダニスがジェイク・ポールに宣戦布告


 『Triller Fight Club』でベン・アスクレンに1R TKO勝ちしたジェイク・ポールがツイッターで「次は誰をリタイアさせるかな?」とコメント。それに対しアスクレンのセコンドに付いていたタイロン・ウッドリーが「ファイターぶって減らず口を叩くのは今度にしろ。その戯言を俺にぶつけてみろ、お前を捕まえてやるぞ。お前は売春婦だ。こっちは枕営業はしないぞ」とコメント。


 B.J.ペンはジェイク・ポールに対し「おい、契約書を送ってこい。俺は喜んでこのクソッタレを1ラウンドでノックアウトしてやる」とコメント。



 コナー・マクレガーの友人であるディロン・ダニスはインスタグラムで「100%契約書を送ってこい、やろうぜ。俺はコイツを失神させてやる」とコメントしています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 01:14| Comment(6) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2021年04月21日

ジェイク・ポール「ベン・アスクレンはレフェリーに救われた。続けていたらもっと大変なことになっていた」

改訂 YouTube 成功の実践法則60


Jake Paul says Ben Askren lucky fight was stopped: 'The ref saved him'(MMAJunkie)

 『Triller Fight Club』でベン・アスクレンに1R TKO勝ちしたジェイク・ポールが以下のコメント。

「(試合を止められたアスクレンは抗議していたが)負けた全てのクソファイター同様、彼も抗議をしてみただけだ。ベン・アスクレンはラッキーだった。彼がもう一発俺の強烈な右を喰らっていたら長時間意識を失っていただろう。彼はレフェリーに助けられたよ。彼は運が良い。続行してたらもっと大変なことになっていた」

「俺が負けたら何十年も世界中の笑い者になってただろう。だがそれが嫌だから毎日ハードな練習に耐えることが出来た。みんな俺が負けるところを見たがっている。なぜかって? 悪役だからだよ。みんな俺のやること成すことが気に入らないし、クソッタレだと思ってる。誰も俺のことを分かっちゃいない」


Jake Paul vs. Conor McGregor? YouTube star says it's 'more realistic' after knockout of Ben Askren(MMAJunkie)

 また、ジェイク・ポールは以前挑発していたコナー・マクレガーについて「対戦はより現実的になった」とコメント。「ベン・アスクレン戦はステップアップだった。次はPPVを300万件とか400万件売りたい」ともコメントしています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 20:12| Comment(2) | ボクシング | 更新情報をチェックする

ベン・アスクレン「ジェイク・ポール戦は世界中の人たちを失望させてしまった」


 4月17日に開催された『Triller Fight Club』でジェイク・ポールに1R TKO負けしたベン・アスクレンがツイッターでこんなコメントをしています。

Ben Askren: 'I let the world down' with TKO loss to Jake Paul(MMAJunkie)

 また、試合後には以下のコメントもしています。

「俺はMMAコミュニティではなく世界中を失望させてしまった。ジェイク・ポールは嫌われ者だし、誰もが彼に惨めな思いをして欲しかったのに」


Ben Askren: 'I'm a dumbass' for getting caught by Jake Paul's knockout punch(MMAJunkie)

 試合後しばらく経ってのインタビューでは以下のコメント。

「ガッカリだよ…みんなは(俺がジェイク・ポールとボクシングマッチをすることを)真に受けてないようだったが、俺が試合を受けた理由の1つ目はお金、2つ目の理由は上手くやれると思ったからだ。高校時代は友人たちと趣味でボクシングをしていたし、試合前は11週間もハードな練習を一日も休まずにやっていた。しかし結果は思い通りにはならなかった」

「彼が良い右のオーバーハンドを持っているのを知っていたのに、バカな俺はブロック出来なかった。ディフェンスが甘かった。セコンドのタイロン・ウッドリーやマイク・ローズのアドバイスを聞いていたのにそうしなかったことで代償を払うハメになった」

「ソファーに座りながら、恥をかくかもしれないからやりたくないと言うのは簡単だが、俺はそうしなかった。だが結果はご覧の通りだ」
続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 18:50| Comment(5) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2021年04月20日

ジェイク・ポール vs. ベン・アスクレンのPPV契約数は145万件以上、売上は80億円以上

ジェイク・ポール vs. ベン・アスクレン前日計量動画/ファイトマネーはポール69万ドル、アスクレン50万ドル(2021年04月18日)

ジェイク・ポール vs. ベン・アスクレン試合結果/ハイライト動画(2021年04月18日)

 こちらの続報。


 4月17日にジェイク・ポール vs. ベン・アスクレンがメインイベントとして開催された『Triller Fight Club』のPPV契約数はケーブルTVとネット配信の合計の速報値で145万件以上だったとのこと。最終的に200万件近く可能性もあるそうです。なお、視聴料金は49ドル99セントだったので、145万件だったとしても7250万ドルの収入となります。



 そしてジェイク・ポールはインスタグラムにこんな画像をアップし「PPVは150万件売れた…7500万ドル(81億円)の売上があった」とコメント。ポールもアスクレンもファイトマネー以外にかなりの金額を手にしそうです。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 02:23| Comment(11) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2021年04月18日

ジェイク・ポール vs. ベン・アスクレン試合結果/ハイライト動画

ユーチューバーが消滅する未来 2028年の世界を見抜く(PHP新書)


Triller Fight Club results: Jake Paul TKOs Ben Askren in first round of boxing match(MMAJunkie)
・Jake Paul def. Ben Askren via TKO – Round 1, 1:59
・Regis Prograis def. Ivan Redkach via technical decision (60-54, 60-54, 59-54)
・Steve Cunningham def. Frank Mir via unanimous decision (60-54, 60-54, 58-56)
・Joe Fournier def. Reykon via TKO (did not answer bell) – Round 3, 3:00

 4月17日にジョージア州アトランタのメルセデス・ベンツ・スタジアムで開催された『Triller Fight Club』の試合結果。メインイベントはジェイク・ポールがベン・アスクレンに1ラウンド1分59秒TKO勝ち。1分過ぎにダウンしたアスクレンが立ったものの、レフェリーが続行不能と判断して試合が終わっています。

 また、フランク・ミアはスティーブ・カニンガムに判定負けしています。


 ジェイク・ポール vs. ベン・アスクレン ハイライト動画。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 15:07| Comment(22) | ボクシング | 更新情報をチェックする

ジェイク・ポール vs. ベン・アスクレン前日計量動画/ファイトマネーはポール69万ドル、アスクレン50万ドル

Jake Paul vs. Ben Askren salaries released(MMAFighting)
Ben Askren $500,000
Jake Paul $690,000

Ivan Redkach $250,000
Regis Prograis $850,000

Frank Mir $350,000
Steve Cunningham $150,000

Andres “Reykon” Londono $80,000
Joe Fournier $220,000

Jeyson Minda $8,000
Junior Younan $25,000

William Jackson $8,000
Quinton Randall $15,000

 4月17日にジョージア州アトランタのメルセデス・ベンツ・スタジアムで開催するジェイク・ポール vs. ベン・アスクレンがメインイベントの『Triller Fight Club』のファイトマネー。ポールは69万ドル、アスクレンは50万ドル。フランク・ミア35万ドル、スティーブ・カニンガム15万ドル。

Video: Jake Paul, Ben Askren face off after making weight for Triller Fight Club main event(MMAJunkie)
・Jake Paul (191.5) vs. Ben Askren (191)
・Regis Prograis (142) vs. Ivan Redkach (142)
・Steve Cunningham (206) vs. Frank Mir (276)
・Joe Fournier (187) vs. Reykon (178.5)

 前日計量結果。



 前日計量動画。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 04:20| Comment(2) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2021年04月16日

エディ・アルバレス「オスカー・デ・ラ・ホーヤ陣営から対戦オファーがあった。彼らとは真剣に交渉している」


 エディ・アルバレスが以下のコメント。

「最近オスカー・デ・ラ・ホーヤ陣営から連絡があった。俺はONE Championshipのベルトを狙っているし、歴史を作ろうとしているが、小康状態になるとも思ってる。チャンピオンは暫く休みそうだしね。そうなったらオスカー・デ・ラ・ホーヤ陣営が手を差し伸べてくれたことだし、是非とも彼と対戦したい。フィラデルフィアのボクシングコミュニティ全体が俺をバックアップしてくれる」

「彼と対戦できるなんて夢のようだね。実際俺は彼が相手でも上手くやれると思うよ。話がまとまったらクレイジーに興奮するね」

「真剣に話し合ってるよ。彼らは今週中にも契約を済ませたいぐらい真剣だ」

 最近オスカー・デ・ラ・ホーヤはジェイク・ポール vs. ベン・アスクレンの記者会見で7月3日に復帰戦をするとコメントしていました。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 02:42| Comment(4) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2021年04月10日

TBS『炎の体育会TV』で那須川天心が2022年3月のRISEを最後にキックボクシング引退、2022年中のプロボクシング転向を目指すと発表

2021世界ボクシングパーフェクトガイド (B.B.MOOK1513)




 TBS『炎の体育会TV』で那須川天心が以下のコメント。

「重大発表をさせていただきたいと思います。私、那須川天心はずっとやってきたキックボクシングを引退します。2022年の3月に予定されているRISEの試合をもって引退かなと。(※残りの試合数を尋ねられ)2から4試合ですね。少ないですね、貴重ですよね」

「辞めてボクシングに転向させていただきます。蹴りを捨てて、拳だけの道に専念します。予定は2022年の間でデビューしたいなというのは考えています。(※もったいないと思いませんかと尋ねられ)自分の中では思わないですね。もうなんかやり切ったというか。ずっとチャンピオンの立場という感じだったんで、それだと自分としてはつまらないというか、挑戦したいというのがずっとあって、だったら自分がボクシングに挑戦して下の立場から強いチャンピオンたちを倒していくという。そっちの方が生きてて面白いかなと思いました。もうやり残したこともほぼほぼ無いかなと」

「(※もうキックボクシングはやらない?と尋ねられ)やらないですね。(二度と?尋ねられ)そこまで言われると分からないですね(笑)」
続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 21:27| Comment(2) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2021年03月31日

UFCをリリースされたアンデウソン・シウバが6月19日にメキシコでフリオ・セサール・チャベス・ジュニアとボクシングマッチ

他団体で復帰か!? アンデウソン・シウバがUFCからリリースされフリーエージェントに(2020年11月21日)

アンデウソン・シウバ「UFCに引退を強制されたが、まだMMAを続けられると確信している」(2020年11月25日)

 こちらの続報。


MMA Legend Anderson Silva Signs Boxing Contract I'm Fighting Julio César Chávez Jr. (TMZ.com)

フリオ・セサール・チャベス・ジュニア(Wikipedia)

Julio Cesar Chavez Jr(BoxRec)

 昨年10月31日の『UFC Fight Night 181: Hall vs. Silva』でユライア・ホールに4R TKO負けした後にUFCから引退を勧められたものの拒否したことからフリーエージェントになっていたアンデウソン・シウバですが、6月19日にメキシコのハリスコ州グアダラハラにあるエスタディオ・ハリスコというサッカー場でフリオ・セサール・チャベス・ジュニアと対戦するとのこと。エスタディオ・ハリスコは最大5万6000人収容可能なスタジアム。大会名は『Tribute to the Kings』でフリオ・セサール・チャベス・シニア vs. ヘクター・カマチョ・ジュニアのスペシャルエキシビションマッチも行われるそうです。大会はPPVでも生配信されるとのこと。

 アンデウソン・シウバは以下のコメント。

「これまでも道のりを振り返ると無駄なことは何ひとつ無かったと思う。フリオ・セサール・チャベス・ジュニア相手にボクシングスキルを試す機会が得られたことを非常に嬉しく思ってる」

「継続的にトレーニングを行ってるし、常に回復力を高めて困難を克服できるように努力している。俺にとって戦いは永遠の息吹だ」


 フリオ・セサール・チャベス・ジュニアは以下のコメント。

「俺は愛するスポーツに再び身を捧げ、シウバを筆頭にライトヘビー級の誰とでも対戦する準備ができている。6月19日に勝利するための準備はできている」

 アンデウソン・シウバはUFC全盛期からロイ・ジョーンズ・ジュニアとの対戦をアピールしていましたが、チャベス・ジュニアの方になりましたか。そういえば榊原信行CEOが『MEGA 2021』に推薦するという話はどうなったのでしょう。その前に『MEGA 2021』は開催されるのか…。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 19:08| Comment(2) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2021年03月09日

4.17 ベン・アスクレン vs. ジェイク・ポールの前座でフランク・ミアが元WBA・WBC・IBFライトヘビー級王者アントニオ・ターバーと対戦



消滅したと見られていたベン・アスクレン vs. YouTuberジェイク・ポールのボクシングマッチが4月17日に正式決定(2021年01月27日)

 こちらの続報。


Frank Mir to box Antonio Tarver on undercard of Ben Askren-Jake Paul pay-per-view event(MMAJunkie)

Frank Mir: Boxing match with Antonio Tarver 'a win-win for me'(MMAJunkie)

 4月17日に行われるベン・アスクレン vs. ジェイク・ポールのボクシングマッチの前座でフランク・ミアがアントニオ・ターバ-と対戦するとのこと。

アントニオ・ターバー - Wikipedia

Antonio Tarver(BoxRec)

 アントニオ・ターバ-は現在52歳のアメリカ人でプロボクシング戦績31勝(22KO勝ち)6敗1引き分け1無効試合。元WBA世界ライトヘビー級スーパー王者、元WBC世界ライトヘビー級王者、元IBF世界ライトヘビー級王者。2015年8月のスティーブ・カニンガム戦がドローになって以降試合をしていません。借金未払いで逮捕、養育費未払いで差し押さえ、DVで逮捕、禁止薬物陽性反応で無効試合など、なかなかのトラブルメーカーです。

 フランク・ミアは「昨年9月にBare Knuckle FCと契約してからずっとボクシングの練習をしていたら二つ返事で受けた」「彼はしばらく試合をしてないからウォーミングアップのつもりだろうし、こっちは失うものは何もないからウィン・ウィンの試合だ」とコメントしています。

Triller's Ben Askren vs. Jake Paul boxing pay-per-view books Mercedes-Benz Stadium in Atlanta(MMAJunkie)

 また、この大会はジョージア州アトランタのメルセデス・ベンツ・スタジアムで開催するとのこと。PPV料金は49ドル99セント。ベン・アスクレン vs. ジェイク・ポールは8ラウンドで行われるそうです。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 18:54| Comment(5) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2021年02月05日

2.28『MEGA 2021』東京ドームが延期/フロイド・メイウェザー「年内に必ず日本で戦いたい」


 2020年11月に記者会見が行われ、2021年2月28日(日)東京ドームでプロボクシング世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(アメリカ)が出場する格闘技イベントとして開催されると発表された『MEGA2021』(MEGA制作委員会主催)が開催延期となった。

 2月5日(金)にプレスリリースにて「新型コロナウィルス感染拡大防止に伴う、最新の政府発表及び関係機関等の方針を鑑み、協議・検討を重ねました結果、延期とさせていただくことになりました。楽しみにされていた方々には大変申し訳ございません」と開催延期を発表。

 また、メイウェザーからは「日本では今、コロナの感染者が増大して、外国人の入国を禁止していると聞いた。そのため、本当に残念だが、2月28日に私はどうやっても日本で試合をすることができない。日本に入国できるようになり、MEGAが新たな日程と会場、対戦相手を決めてくれれば、いつでも闘う準備はできている。年内に必ず日本で戦いたい。コロナに打ち勝ち、スポーツで熱狂できる世界が、再び戻ることを心より願う!」とのコメントが、MEGAを通じて発表された。

 全くの予想通りだったので驚きはありません。昨日のRIZINの記者会見で榊原信行CEOは協力していく姿勢を改めて明言していましたが、年内に開催出来るのでしょうか。RIZIN、MEGA、那須川天心 vs. 武尊のDynamite!!と3つの東京ドームが全て開催されれば凄いことですが…そういえば6月のDynamite!!にもメイウェザーが出場するなんて話がありましたが…。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 15:45| Comment(3) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2021年02月03日

2月20日に予定されていたフロイド・メイウェザー vs. ローガン・ポールが延期

フロイド・メイウェザーが『MEGA 2021』の1週間前に人気ユーチューバーと対戦することを発表(2020年12月08日)

 こちらの続報。


 2月20日に予定されていたフロイド・メイウェザー vs. ローガン・ポールのエキシビションマッチが延期されるとのこと。主催者は対戦発表後に大きな反響があったことから近いうちに新たな日程を発表したいとコメントしています。

 弟のジェイク・ポールの方は最近ベン・アスクレン戦が発表されましたが、こちらの方は延期といっても本当に実現するのでしょうか。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 15:30| Comment(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2021年01月27日

消滅したと見られていたベン・アスクレン vs. YouTuberジェイク・ポールのボクシングマッチが4月17日に正式決定

股関節手術に成功したベン・アスクレンがMMA復帰の可能性を示唆、YouTuberジェイク・ポールとボクシングで対戦!?(2021年01月23日)

YouTuberジェイク・ポールがコナー・マクレガー戦をアピールもデイナ・ホワイトは「ありえない」(2021年01月24日)

 こちらの続報。



 ジェイク・ポールの対戦アピールをベン・アスクレンが受けたものの、その後音沙汰が無かったことから消滅したと見られていたボクシングマッチですが、4月17日に8ラウンドで対戦することが正式決定したとのこと。会場は未定です。


 ちなみにジェイク・ポールは『UFC 257: Poirier vs. McGregor 2』でコナー・マクレガーがダスティン・ポイエーにTKO負けした直後に大笑いしています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 09:07| Comment(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2021年01月23日

股関節手術に成功したベン・アスクレンがMMA復帰の可能性を示唆、YouTuberジェイク・ポールとボクシングで対戦!?

ベン・アスクレンが引退を発表「股関節の手術が必要で辞めることにした」(2019年11月19日)

 こちらの続報。


 2019年11月に引退を発表していたベン・アスクレンが股関節の手術を終えて復帰の可能性を示唆。それによると、当初は人工股関節置換術が必要だと思っていたものの、バーミンガムヒップリサーフェシングシステムに切り替えたとのこと。

バーミンガムヒップリサーフェシングシステムの仕組み - 関節炎 - 2021(DipHealth.com)
バーミンガム股関節リサーフェシングシステムは、股関節の痛みを和らげ、損傷した股関節の部分を交換することによって股関節機能を改善します。股関節は変形性関節症、関節リウマチ、外傷性関節炎、異形成、または無血管壊死によって損傷された可能性がある。

Birmingham Hip Resurfacing Systemは、伝統的な股関節置換よりも多くの骨を節約するように設計されています。より多くの骨を節約することにより、より若い患者は、後に必要な場合、伝統的な股関節置換術を含む将来の手術オプションを維持する。

 2020年9月に手術を受けた翌日から股関節の痛みが無くなり現在も無いことからフリースタイルレスリングには復帰するとコメント。MMA復帰の可能性も「絶対に無いとは言えない」とのことで、復帰に含みを持たせていまが、本格始動するのは手術から1年後の今年9月以降になりそうです。

Ben Askren: Beating up YouTube star Jake Paul 'sounds like a fun Friday night to me'(MMAJunkie)

 その後、マイク・タイソン vs. ロイ・ジョーンズJr.の前座で元NBAスター選手のネイト・ロビンソンにKO勝ちしたYouTuberのジェイク・ポールがコナー・マクレガー、ディロン・ダニス、ベン・アスクレンらに対戦をアピール。これに対しアスクレンは「術後1年間はレスリングをするつもりはないが、ボクシングなら出来ると思う。ショットもスラムもレッグロックもないし比較的安全だと思う」と前向きな姿勢を示しています。


 その後チェール・ソネンが3月28日にロサンゼルスで両者が対戦するという画像をアップしています。


 ベン・アスクレンも「3月28日に会おう」とコメントしています。

Ben Askren calls out 'coward' Jake Paul for going silent since publicly accepting boxing match(MMAJunkie)

 しかし、それからしばらく立っても進展がないことからアスクレンはポールを批判し以下のコメント。

「俺は引退し、レスリングのコーチをし、ポッドキャストをして、ビットコインを購入し、人生をエンジョイしている。誰とも戦うつもりはなかったが、ジェイク・ポールが対戦をアピールしてきた。だから受けることにした。ユーチューバーに勝って楽に金を稼げるのに断ると思うか? だから俺はツイッターで対戦を受け入れた。なのに彼は沈黙している。彼は臆病者だ。試合が実現するとは思えない」

 というわけで、対戦はどうやら無さそうですが、アスクレンが年内にレスリングで復帰し、その後MMAに復帰する可能性はありそうです。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 22:36| Comment(1) | ボクシング | 更新情報をチェックする

「井岡一翔タトゥー問題」は厳重注意処分、井岡陣営は「コメントは差し控えたい」

井岡一翔、田中恒成戦でタトゥーを隠さず試合をしたことでJBCが処分を検討中(2021年01月05日)

 こちらの続報。


 JBC(日本ボクシングコミッション)が22日、日本人初の4階級制覇王者でWBO世界スーパーフライ級王者、井岡一翔(31、Ambition)のタトゥー問題に関して本人とジムのオーナーライセンスを持つ木谷卓也会長(47)の2人に対して厳重注意処分を下したことを発表した。井岡は大晦日に大田区総合体育館で行われた防衛戦で元3階級制覇王者、田中恒成(25、畑中)に8回TKO勝ちしたが、その試合中に左腕の肩付近まであるタトゥーと脇腹に彫った息子の名前が露出していた。JBCルール第95条2号で試合に出場できない選手として「入れ墨など観客に不快の念を与える風体の者」が定められており、今回、そのルールに抵触したと判断された。JBCルールでの処分の程度は6段階あるが最も軽いもの。JBCルールでは不服を申し立てることは可能だが、井岡側は処分を受け入れた。

 ただ井岡サイドに“ルール無視”の意図はなく試合前に控室でファンデーションを塗ってタトゥーを隠す措置を行っており、グローブ、バンテージのチェックのために控室にいたJBC職員も、それを確認していた。もし塗り方やファンデーションの種類などに問題があったのであれば、その場で注意すべきであったし、タトゥーを隠す措置を認めてリングに上げてしまってから「試合中に露出していたから処罰」では、“後だしジャンケン”ではないか、との意見もある。たとえ厳重注意の軽い処分であっても、処分そのものを出すべきではなかったのではないか、との議論もあった。

 JBCの安河内事務局長は“落ち度”を認めた上で「JBCにおいても管理を徹底すべきであったことを踏まえ、今後は、同様のケースにおいては、JBC指定の塗布剤を使用させるか、指定業者による塗布施術を受けてもらうなどの手当てを考えていきたい」とのコメントを出した。
 一方の井岡サイドは沈黙を守った。所属事務所は「JBCの処分に対する井岡選手のコメントは差し控えたい」と伝え、あえてコメントを出さなかった。当初、公式発表は避け、井岡自身がインスタでなんらかのコメントを出すという方針も検討されていたが、結局、それも取り止めになった。

 おそらく言いたいことは山ほどあるに違いない。現在、ファンデーションなどでタトゥーを隠せば試合出場は認められるように第95条ルールは拡大適用されているが、そのルールに準じて控室でタトゥーを隠す措置をした。JBC職員も、それを確認した。しかもファンデーションの種類も問題にはならなかった一昨年の大晦日に使用したものと同じものだったという。
 だが、ここで反論コメントを出すと、またそれを発端にSNSが炎上するなどして無用なリング外での論争が起きる危険性がある。陣営は、それらを配慮して、あえて発言を避けたと見られる。経緯はどうであれ、試合中にタトゥーが丸出しになったというミスもある。
 賢明な大人の対応を貫いたのだ。

 厳しい処分は無いと思っていましたし、とりあえずこれで良かったと思います。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 13:31| Comment(2) | ボクシング | 更新情報をチェックする
記事検索