2019年02月05日

マックス・グリフィン「もう2度とブラジルでは闘わない」

『UFC Fight Night 144: Assuncao vs. Moraes 2』スプリットデシジョンだった試合のジャッジの採点/主要サイトの採点(2019年02月04日)

 こちらの続報。チアゴ・アウベスはマックス・グリフィンにスプリットデシジョンで勝利しましたが、主要サイトの採点はグリフィン支持が圧倒的でした。



 マックス・グリフィンが以下のコメント。

「やり直したいね、ただしアメリカでな。ここでは2度と闘わない。できないね。この試合を100回採点されたら俺が唯一負けるのがこの場所だった」

「試合では特に驚くべきところはなかった。彼がタフガイなのは分かっていたが、こっちはやるべきことをやった。第1ラウンドは明らかに取っている。彼をぐらつかせたしダウンも奪った。10-8にしてもいいほどだ。第2ラウンドは一瞬ぐらつかされたが、それでも取ったのは俺だ。顔もカットさせている」

「第3ラウンドは俺は効果的な打撃を40発ほど入れてるし、レスリングでも圧倒した。2、3回テイクダウンしているし、このラウンドも明らかに俺が取っていた。仮に第2ラウンドを取られていたとしても俺の勝ちだよ。採点を聞いた時は動揺したが、本当は俺の勝ちだということは分かってる」

「試合後に彼から『知っての通り、ここはフォルタレザだ』と言われた。彼は自分の勝ちじゃないことを分かっていた。彼のコーチのマイク・ブラウンも勝ってはいないと言っていた。だからもう動揺はしてない。『勝ちを盗まれた』という感覚とも違う。誰が見ても俺の負けとは思わないはずだ」

「マイク・ブラウンは試合を見直す必要があるとも言ってたし、彼らは勝ったとは思っていない。敗因は100%ブラジルだ。ここは彼の出身地だし、最後の試合だと思われていた。彼と対戦できたことは光栄だったし、彼はジャッジでもない。俺の気分は良いし元気だ。申し分ないよ…どうでもいいけどね」




posted by ジーニアス at 04:59| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

ジョゼ・アルド「コナー・マクレガーとブラジルで再戦できたら最高だな」

コナー・マクレガー「ブラジルで試合がしたい。去年はリオで試合をする話もあった」(2019年02月04日)

 こちらの続報。



 『UFC Fight Night 144: Assuncao vs. Moraes 2』でヘナート・モイカノに2R TKO勝ちしたジョゼ・アルドに対しアレックス・ヴォルカノフスキーがツイッターで「よくやった、ジョゼ・アルド。すぐに次の試合をするつもりなら教えてくれ」とコメントし対戦をアピール。

Jose Aldo answers Conor McGregor, says sorry to Alex Volkanovski(MMAJunkie)

 アレックス・ヴォルカノフスキーとコナー・マクレガーのコメントに対しジョゼ・アルドが以下のコメント。

「彼(ヴォルカノフスキー)には悪いなって感じだ。どうなるかは分からないが、言えることはクリチバ大会(UFC 237)に出場する気があるならチャンスはあるかもな」

「コナー・マクレガーとの再戦が実現したら最高だな。それがリオデジャネイロでやるかもしれなかったという話は少なくとも俺は聞いていない。ライト級でやるというのであれば、俺も減量に苦しむ必要がないし素晴らしい試合になるだろう。前回の対戦で俺は自分の仕事ができなかった。彼は素晴らしいパンチを入れたが、また対戦する機会があるのなら今度は違うストーリーになると思う」

「(年内で引退するつもりだし)もうタイトルマッチができるかどうかは分からない。あるとしたら契約の交渉をしないといけないな。こんなことを言って交渉を有利に進めようとしているわけじゃない。他のスポーツで自分を試してみたいんだ」




posted by ジーニアス at 00:48| Comment(13) | UFC | 更新情報をチェックする

2019年02月04日

コナー・マクレガー「ブラジルで試合がしたい。去年はリオで試合をする話もあった」



 『UFC Fight Night 144: Assuncao vs. Moraes 2』を視聴していたコナー・マクレガーがツイッターで以下のコメント。

「今夜のUFCブラジル大会はなんて素晴らしい雰囲気なんだ。キャリアのどこかで全ての情熱的なブラジルのファンの前で試合をしたいと思っている。去年はリオデジャネイロで試合をすることがまとまりかけていた。基本的には合意に達していた。それは次かもしれない。 Ui Vai Morrer(ポルトガル語でYou're Gonna Die)!!!! 俺はまだここにいる 」

posted by ジーニアス at 23:51| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

石原夜叉坊「『UFC 234』でカン・ギョンホに負けたら引退します」



石原夜叉坊、大坂なおみ優勝の地でUFC8戦目に臨む!「負けたら辞める、それだけ」(ザテレビジョン)

 2月10日にオーストラリア・メルボルンで開催する『UFC 234: Whittaker vs. Gastelum』でカン・ギョンホと対戦する石原夜叉坊がインタビューで以下のコメント続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 21:58| Comment(19) | UFC | 更新情報をチェックする

コナー・マクレガーが長男と共に第53回スーパーボウルに出席(動画)







 2月3日にジョージア州アトランタのメルセデス・ベンツ・スタジアムで開催された第53回スーパーボウルにコナー・マクレガーが長男と共に出席した時の様子です。

posted by ジーニアス at 21:38| Comment(1) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC Fight Night 144: Assuncao vs. Moraes 2』スプリットデシジョンだった試合のジャッジの採点/主要サイトの採点

 『UFC Fight Night 144: Assuncao vs. Moraes 2』ではスプリットデシジョンだった試合が4試合もあったので、ジャッジの採点と主要サイトの採点を紹介します。今大会はジャッジのラウンド毎の採点は不明です。


Rogerio Bontorin defeats Magomed Bibulatov(MMA Decisions)

 ホジェリオ・ボントリン vs. マゴメド・ビブラトフのジャッジの採点。29-28ボントリン勝利2人、29-28ビブラトフ勝利1人でした。

 主要サイトの採点は29-28ボントリン支持10人、29-28ビブラトフ支持7人、30-28ビブラトフ支持1人でした。


Thiago Alves defeats Max Griffin (MMA Decisions)

 チアゴ・アウベス vs. マックス・グリフィンのジャッジの採点。29-28アウベス支持2人、29-28グリフィン支持1人でした。

 主要サイトの採点は29-28アウベス支持2人、29-28グリフィン支持14人、29-27グリフィン支持2人でした。


Mara Romero Borella defeats Taila Santos(MMA Decisions)

 マラ・ロメロ・ボレラ vs. タイラ・サントスのジャッジの採点。29-28ボレラ支持2人、29-28サントス支持1人でした。

 主要サイトの採点は29-28ボレラ支持12人、29-29ドロー支持1人、29-28サントス支持2人でした。


Livinha Souza defeats Sarah Frota(MMA Decisions)

 リヴィア・ヘナタ・ソウザ vs. サラ・フロタのジャッジの採点。29-28ソウザ支持2人、29-28フロタ支持1人でした。

 主要サイトの採点は29-27ソウザ支持1人、29-28ソウザ支持14人、29-28フロタ支持2人でした。



posted by ジーニアス at 20:29| Comment(2) | UFC | 更新情報をチェックする

Netflixが前田光世とヒクソン・グレイシーを中心にブラジリアン柔術誕生を描く映画を製作



 Netflix映画なので劇場公開は無く、加入するしかありません。

posted by ジーニアス at 13:24| Comment(4) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

『QUINTET FIGHT NIGHT 2 in TOKYO』試合結果/動画/4.7はRIZINチーム参戦へ



 2月3日に立川市のアリーナ立川立飛で開催された『QUINTET FIGHT NIGHT 2 in TOKYO-Japan Open Team Championship 2019-』の動画です。全試合見られますが期間限定とのこと続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 13:03| Comment(3) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

『UFC Fight Night 144: Assuncao vs. Moraes 2』パフォーマンスボーナス/観衆



 UFCが『UFC Fight Night 144: Assuncao vs. Moraes 2』のパフォーマンスボーナスを発表。

▼ファイト・オブ・ザ・ナイト
・該当試合なし

▼パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト
・マルロン・モラエス、ジョゼ・アルド、チャールズ・オリヴェイラ、ジョニー・ウォーカー

 4選手は各5万ドルのボーナス。




 ブラジル・フォルタレザのノースイースト・オリンピック・トレーニングセンターで開催された同大会の観衆は主催者発表で1万40人とのこと。



posted by ジーニアス at 14:01| Comment(1) | UFC | 更新情報をチェックする

3.16『UFC Fight Night 147』セザー・フェレイラがトム・ブリーズ戦を負傷欠場

posted by ジーニアス at 02:43| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

3.30『UFC on ESPN 2』でロス・ピアソンとデスモンド・グリーンが対戦



 UFCが3月30日にペンシルベニア州フィラデルフィアで開催する『UFC on ESPN 2: Barboza vs. Gaethje』でロス・ピアソン vs. デスモンド・グリーンのライト級マッチを行うことを発表。

 ピアソンは『UFC on FOX 30: Alvarez vs. Poirier 2』でジョン・マクデッシに判定負けして以来の試合。グリーンは『UFC Fight Night 136: Hunt vs. Oleinik』でマイルベク・タイスモフに判定負けして以来の試合。ピアソンは最近6試合で1勝5敗、グリーンは最近4試合で1勝3敗と共に負けが混んでいます。



posted by ジーニアス at 02:36| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

3.16『UFC Fight Night 147』でマーク・ディアケイシーとジョセフ・ダフィーが対戦



 UFCが3月16日にイングランド・ロンドンで開催する『UFC Fight Night 147: Till vs. Masvidal』でマーク・ディアケイシー vs. ジョセフ・ダフィーのライト級マッチを行うことを発表。

 ディアケイシーは『UFC Fight Night 134: Shogun vs. Smith』でナスラット・ハクパラストに判定負けして以来の試合で現在3連敗中。ダフィーは『UFC 217: Bisping vs. St-Pierre』でジェームス・ヴィックに2R TKO負けして以来実に1年4ヶ月ぶりの試合。『UFC Fight Night 142: dos Santos vs. Tuivasa』でロス・ピアソンと対戦予定でしたが共に負傷欠場していました。



posted by ジーニアス at 02:19| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

Web番組『RIZIN CONFESSIONS』第31回動画



 Web番組『RIZIN CONFESSIONS』第31回の動画。

 今回は『RIZIN 平成最後のやれんのか!』『RIZIN.14』から渡辺華奈、杉山しずか、あい、川村虹花、宮田和幸、山本アーセン、長野美香、山本美憂、川尻達也、北岡悟、矢地祐介、ジョニー・ケースの舞台裏を紹介しています。



posted by ジーニアス at 22:37| Comment(11) | RIZIN | 更新情報をチェックする

Abema TVが3.10『RISE WORLD SERIES 1st Round』を生中継



 Cygames presents RISE WORLD SERIES 1st Round(3月10日(日) 大田区総合体育館)の模様が、AbemaTVで生中継されることになった。AbemaTVの2月2日夜10時からの「VS那須川天心」の生放送の中で天心が発表した。同番組の直前には夕方から昨年6月の幕張メッセ大会が放送されたが、RISEの大会の生中継はこれが初となる。

 当日はさいたまスーパーアリーナで『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K’FESTA.2~』も開催され、Abema TVはそちらも生中継します。



posted by ジーニアス at 22:25| Comment(2) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

「平成最強だと思う日本人格闘家は誰?/中軽量級編」アンケート結果

「平成最強だと思う日本人格闘家は誰?/重量級編」アンケート結果(2019年01月31日)

 こちらの続報。



 格闘家では、いったい誰が一番強いのか。決めるのは難しいが、階級別なら答えが出るかもしれない。そんなことを考えた編集部は、過去にK-1または総合格闘技の試合に出場した経験のある日本人選手に絞ったアンケートを実施。

 前回は平成最強の格闘家<重量級>をお届けしたが、今回は<中軽量級>での最強選手を発表する。

1位 やはりカリスマは強し。魔裟斗が第1位

2位 野性的なファイトはファンの記憶に残り続ける。山本“KID”徳郁

4位(同率) マルチに活躍する格闘家、青木真也

4位(同率) パフォーマンスもすごい! 須藤元気

5位 今後の格闘界を引っ張る存在。那須川天心

 しつこいようですが、調査方法は「アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです」とのことなので…とは言え今回は重量級編より酷いかも。桜庭和志が重量級扱いされてる時点で中量級はなく軽量級のみだと思ってましたが、まさかの「中軽量級」。確かに「総合格闘家」ではなく「過去にK-1または総合格闘技の試合に出場した経験のある日本人選手」とは言ってますが、キックとMMAがごっちゃになってるのも何だかなぁ…。



posted by ジーニアス at 22:08| Comment(13) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2.3『QUINTET FIGHT NIGHT2 in TOKYO』前日情報/桜庭の対戦相手は未定/UFC日本語サイトが無料ライブ配信

【クインテット】EXマッチ出場の桜庭和志の相手、前日になっても異例の「調整中」(イーファイト)
 会見に出席した桜庭は「日本で今ちょっと流行っている(ガチンコの)エキシビションマッチに出場しますが、まだ相手が決まっていません」と困惑した表情。「早く試合のイメージを作りたいので相手を決めてもらいたい」と言い、「指名、ミノワマン!」とチーム対抗戦に出場するミノワマン(43)を指名する場面もあった。

 本当に桜庭の相手は決まっていないのか、相手はミノワマンになるのか。桜庭ワールドの結末は明日明らかになりそうだ。

 対戦相手がフロイド・メイウェザーになることはなさそうです。


【クインテット】高阪剛チームと1回戦で対戦する小見川道大「投げで一本、寝技でも一本の二本を獲る」(イーファイト)

 出場チームが意気込みを語る。


【クインテット】“寝技女子世界最強”湯浅麗歌子、世界強豪との対戦アピール(イーファイト)

 湯浅麗歌子がマッケンジー・ダーン、ミシェル・ニコリーニと「ぜひラスべガス大会でやらせて欲しい」とコメント。


柔術世界4連覇の湯浅麗歌子がついにQUINTET登場【QUINTET FIGHT NIGHT2】(TOKYO HEADLINE)
「QUINTET FIGHT NIGHT2 in TOKYO-Japan Open Team Championship 2019-」(2月3日、東京・アリーナ立川立飛)
◆第1試合
「TEAM NEO JUDO」
先鋒・出花崇太郎、次鋒・吉田善行、中堅・松本光史、副将・小澤幸康、大将・小見川道大
vs
「TEAM U-JAPAN」
先鋒・ミノワマン、次鋒・所英男、中堅・高阪剛、副将・中村大介、大将・横井宏考

◆第2試合
「TEAM CARPE DIEM」
先鋒・レダ・メブトゥシュ、次鋒・デヴィッド・ガルモ、中堅・ハイサム・リダ、副将・山田崇太郎、大将・トーマス・ミッツ
vs
「TEAM SOLDIER」
先鋒・セルジオ・リオス・ダ・シルバ、次鋒・関根“シュレック”秀樹、中堅・デクラン・ムーディー、副将・イゴール“ファットニンジャ”タナベ、大将・中村勇太

◆第3試合 Exhibition match/4分
桜庭和志vsTBA

◆第4試合 Special Single match/8分
湯浅麗歌子vs石黒遥希

◆第5試合
第1試合の勝者vs第2試合の勝者

 全対戦カード。

 今大会はUFCファイトパスで英語実況をライブ配信。こちらには現在RIZINで活躍している山本美憂がゲスト解説で登場する。またUFCの日本語ウェブサイトでは日本語実況解説が無料ライブ配信される。

 無料視聴できるようです。開始時刻は午後3時からなので、『UFC Fight Night 144: Assuncao vs. Moraes 2』の後になります。



posted by ジーニアス at 21:33| Comment(0) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

デイナ・ホワイト「コルビー・コヴィントンはもうウェルター級暫定チャンピオンではない」

3.2『UFC 235』のメインイベントはタイロン・ウッドリー vs. カマル・ウスマンのウェルター級タイトルマッチ(2019年01月07日)

コルビー・コヴィントン「デイナ・ホワイトはクソッタレだ。なぜカマル・ウスマンがタイトルに挑戦できる?」(2019年01月14日)

 こちらの続報。



 デイナ・ホワイトがコルビー・コヴィントンがもうウェルター級暫定チャンピオンではないことを明かし以下のコメント。

「コルビーは再び試合をした上でタイトル挑戦権を得ないといけない」

 コヴィントン自身は次戦がタイトルマッチでなければリリースしろと主張しています。



posted by ジーニアス at 20:48| Comment(1) | UFC | 更新情報をチェックする

デイナ・ホワイトがヘンリー・セフード vs. T.J.ディラショーのバンタム級タイトルマッチでの再戦を示唆

Dana White Likes the Idea of TJ Dillashaw vs. Henry Cejudo 2 for the Bantamweight Title(MMAWeekly)

 デイナ・ホワイトがヘンリー・セフード vs. T.J.ディラショーの再戦の可能性について尋ねられ、「私はバンタム級タイトルマッチで再戦すると思ってる」とコメント。『UFC Fight Night 144: Assuncao vs. Moraes 2』で行われるハファエル・アスンソン vs. マルロン・モラエスの勝者が次期バンタム級王座挑戦者になると見られていますが、勝者は再戦が終わるまで待つことになりそうです。



posted by ジーニアス at 20:21| Comment(3) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC Fight Night 144: Assuncao vs. Moraes 2』前日計量動画

UFC on ESPN+ 2 weigh-in results: Featured fights set, but two miss(MMAJunkie)
MAIN CARD (ESPN+, 8 p.m. ET)

・Raphael Assuncao (136) vs. Marlon Moraes (135)
・Jose Aldo (146) vs. Renato Moicano (145.5)
・Lyman Good (170.5) vs. Demian Maia (170.5)
・Charles Oliveira (154.5) vs. David Teymur (156)
・Justin Ledet (205) vs. Johnny Walker (205)
・Sarah Frota (123)* vs. Livinha Souza (115.5)

PRELIMINARY CARD (ESPN+, 5 p.m. ET)

・Anthony Hernandez (184.5) vs. Markus Perez (185.5)
・Mara Romero Borella (125) vs. Taila Santos (125)
・Thiago Alves (170.5) vs. Max Griffin (170)
・Junior Albini (265.5) vs. Jair Rozenstruik (241.5)
・Felipe Dias Colares (145) vs. Geraldo de Freitas Jr. (145.5)
・Said Nurmagomedov (135) vs. Ricardo Ramos (135.5)
・Magomed Bibulatov (127)+ vs. Rogerio Bontorin (124.5)

 『UFC Fight Night 144: Assuncao vs. Moraes 2』前日計量結果。リヴィア・ヘナタ・ソウザ(115.5ポンド)と対戦するサラ・フロタが123ポンドと7ポンドもオーバー。ホジェリオ・ボントリン(124.5ポンド)と対戦するマゴメド・ビブラトフが127ポンドと1ポンドオーバー。フロタは出場給の40%、ビブラトフは20%を対戦相手に譲渡し試合が行われます。




 前日計量動画。


UFC on ESPN+ 2 staff predictions: Assuncao or Moraes, Aldo or Moicano in Fortaleza?(MMAJunkie)

 MMAJunkieスタッフによるメインカード勝敗予想。

・ハファエル・アスンソン vs. マルロン・モラエスはアスンソン支持4人、モラエス支持9人。

・ジョゼ・アルド vs. ヘナート・モイカノはアルド支持7人、モイカノ支持6人。

・デミアン・マイア vs. ライマン・グッドはマイア支持12人、グッド支持1人。

・チャールズ・オリヴェイラ vs. デイビッド・ティーマーはオリヴェイラ支持10人、ティーマー支持3人。

・ジョニー・ウォーカー vs. ジャスティン・レデットはウォーカー支持12人、レデット支持1人。

・リヴィア・ヘナタ・ソウザ vs. サラ・フロタはソウザ支持11人、フロタ支持2人。



posted by ジーニアス at 12:25| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする
記事検索