2019年04月09日

榊原実行委員長「メイウェザー&パッキャオと協力してスーパーファイトを仕掛けていくつもりです」

4.21『RIZIN.15』那須川天心がマニー・パッキャオ推薦選手とキックルールで対戦/パッキャオ「いつかRIZINのリングで闘いたい」(2019年04月09日)

 こちらの続報。



 榊原信行実行委員長が記者会見で以下のコメント。

 今回のパッキャオとの接点は、昨年大みそかにRIZINに参戦したフロイド・メイウェザー・ジュニアとTMTプロモーションの協力あってのことだと言い、「明日、メイウェザーが日本で会見を行う予定ですが、積極的に日本の格闘技界でスーパーファイトを仕掛けていくとメイウェザー、パッキャオと話をしていくつもりです。既成概念にとらわれず、タブーと言われることに積極的にとりくんでいきたい。そのためには世界のトップスターと組んでいく。メイウェザーは年内に大きな格闘技イベントを考えているようです。世界の格闘技界がワクワクドキドキするイベントを仕掛けていきたい」と、メイウェザー&パッキャオと協力していくことを明らかにした。

 パッキャオとの契約については「プロモーションとプロモーションの協力です。報道が先行してしまい、こんな反響になるとは思いませんでした。ファイト契約ではありません。しかし、参戦しないのかと言うとそんなことはない。その先にRIZINに出てもらいたいと思っているし、メイウェザーにもまだ出てもらいたい。格闘技のお祭りを東京ドームでやるとか、日本の格闘技だけでは出来ないスケール感のあるものを作り出していく、そのキックオフの契約です」と、この先に大きな展開が待っているかもしれないと語った。

 東京ドームで格闘技大会なんて久しくやってないですからね。それくらい格闘技人気が回復してくれれば素晴らしいことですが。



posted by ジーニアス at 17:43| Comment(5) | RIZIN | 更新情報をチェックする

4.21『RIZIN.15』那須川天心がマニー・パッキャオ推薦選手とキックルールで対戦/パッキャオ「いつかRIZINのリングで闘いたい」

榊原実行委員長がマニー・パッキャオと会談「RIZIN.15ではこの男と新たな仕掛けを行います」(2019年04月08日)

 こちらの続報。




 RIZINが都内で記者会見を開き2つの追加カードを発表しました。





パッキャオは試合せず来場のみ 推薦選手が天心戦 参戦は「いつか」(デイリー)
 格闘技イベントRIZINの榊原信行実行委員長が9日、都内で会見を開き、ボクシングで世界6階級を制覇し、現WBA世界ウエルター級王者のマニー・パッキャオ(40)=フィリピン=は、RIZIN15(21日、横浜アリーナ)で試合をするわけではなく、パッキャオが推薦するフィリピンの選手、フリッツ・ビアグダン(23)と、那須川天心(20)=TARGET=がキックボクシングルールで試合をすると発表した。

 会見場ではパッキャオからのビデオメッセージが流され、「いつかRIZINのリングで」試合を行いたいとする希望を口にしていた。21日にパッキャオは横浜アリーナを訪れるという。

 フリッツはRIZINの資料によると、キックボクシング、ムエタイと同時にボクシングにも挑戦。さらに、総合格闘技でも活動している。体重は59キロで行うとしている。

 那須川は「パッキャオ選手の推薦選手ということで、非常に手強い選手と思うんですけど。しっかりと倒して、RIZINに帰ってきたぞというところをしっかりみせたいと思います」など抱負を語った。

Fritz Biagtan(Sherdog)

Fritz Biagtan(BoxRec)

 フリッツ・ビアグダンのデータはSherdogとBoxRecによると現在23歳のフィリピン人でMMA戦績4勝1敗、ボクシング戦績1勝0敗。



 2017年8月に開催された『URCC 30』で行われたSolomon Dultra戦の動画です。

 大雅と対戦するタリソン・ゴメス・フェレイラは『RISE WORLD SERIES 1st Round』でスアキム・PKセンチャイムエタイジムに3R KO負けして以来の試合。



posted by ジーニアス at 16:06| Comment(4) | RIZIN | 更新情報をチェックする

6.22『UFC Fight Night 153』でアンドレア・リーとモンタナ・デラロサが対戦



 UFCが6月22日にサウスカロライナ州グリーンビルで開催する『UFC Fight Night 153』でアンドレア・リー vs. モンタナ・デラロサの女子フライ級マッチが行われることをMMAJunkieが確認したとのこと。

 リーは『UFC on ESPN 1: Ngannou vs. Velasquez』でアシュリー・エヴァンス・スミスに判定勝ちして以来、デラロサは『UFC 234: Adesanya vs. Silva』でナディア・カッセムに2Rアームバーで勝利して以来の試合。



posted by ジーニアス at 12:35| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

ロス・ピアソンがMMA引退を発表

View this post on Instagram

After some long hard talks, and careful consideration with my family, friends and team, I’ve decided it's time to retire as an MMA fighter. As hard as that is to say, it’s not the end of my career as a competitor. I’ve always been a fighter, and right now I am keeping my mind open as to what's next for me. I'd like take this time to thank everyone at the @UFC for having me for the past 10 years @danawhite for seeing something in me and believing in me for all these years ago. To my family, my teammates, and my friends, your support has been endless and I appreciate all of you - with a special shout out to all the north east training partners & coaches who where there for me in the beginning @grapplefit to @alliancemma for taking me in as part of the family, my wife @kristiejpearson for following my dream with me and all the guys at @centralcoastmma @coach_jamie_pittman_ @centralcoastbarbell And to all my fans , thanks for all the love & support ! Ross “The Real Deal” Pearson

rosstherealdealさん(@rosstherealdeal)がシェアした投稿 -



 ロス・ピアソンがインスタグラムで「家族、友人、チームと話し合いMMAファイターとして引退する時だと決断した」とコメント。ただし「コンペティターとしての終わりじゃない」とのこと。

Ross Pearson(Sherdog)

 ロス・ピアソンは現在34歳のイギリス人でMMA戦績20勝16敗1無効試合(UFC戦績12勝13敗1無効試合)。最近7試合の戦績は1勝6敗でした。The Ultimate Fighterシーズン9優勝者。主にライト級で活躍しましたが、フェザー級、ウェルター級でも試合をしたことがあります。



posted by ジーニアス at 12:09| Comment(6) | UFC | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

榊原実行委員長がマニー・パッキャオと会談「RIZIN.15ではこの男と新たな仕掛けを行います」



 榊原信行実行委員長がマニー・パッキャオとのツーショットをアップ。御本人の出場はさすがに無いでしょうが…。

posted by ジーニアス at 13:28| Comment(22) | RIZIN | 更新情報をチェックする

『QUINTET FIGHT NIGHT 3』試合結果

【クインテット】優勝は10th Planet、山本美憂vs湯浅麗歌子は湯浅が一本勝ち(イーファイト)

QUINTET 4.7 アリーナ立川立飛:10th Planet、DEEP JEWELSと湯浅麗歌子柔術チーム下し女子トーナメント制す(バウトレビュー)
Female Open Team Championship 2019

1st Match(一回戦)
○TEAM 10th Planet(リズ・カムーシュ、グレース・ガンドラム、エルヴィラ・カルピネン、ライラ・スマジャ-クルス、ファビアナ・ジョージ)
×TEAM DEEP JEWELS(KINGレイナ、青野ひかる、奈部ゆかり、前澤智、富松恵美)

2nd Match(一回戦)
○TEAM BJJ KUNOICHI(杉内由紀、澤田明子、湯浅麗歌子、市川奈々美、越後伊織)
×TEAM Sun Chlorella(池本美憂、杉本恵、長野美香、サラ・マクマン、山本美憂)

Final Match(決勝)
○TEAM 10th Planet(ライラ・スマジャ-クルス、ファビアナ・ジョージ、エルヴィラ・カルピネン、グレース・ガンドラム、リズ・カムーシュ)
×TEAM BJJ KUNOICHI(越後伊織、市川奈々美、杉内由紀、湯浅麗歌子、澤田明子)

シングルマッチ

70kg契約 8分
○世羅智茂(CARPE DIEM)
×渡部修斗(ストライプル新百合ヶ丘)
6’28” 三角絞め

77kg契約 8分
○出花崇太郎[キャプテン☆アフリカ](総合格闘技道場コブラ会)
×ホブソン・タンノ(ブラジル/INFIGHT JAPAN)
7’28” 腕ひしぎ十字固め

エキシビションマッチ
―桜庭和志
―美木 航
勝敗無し
(エキシの前には前回2月大会で優勝したCARPE DIEMを代表し、ハイサム・リダが桜庭に表彰された)

 4月7日にアリーナ立川立飛で開催された『QUINTET FIGHT NIGHT 3 in TOKYO – Female Open Team Championship 2019 –』の試合結果。Female Open Team Championship 2019はTEAM 10th Planetが優勝しています。



posted by ジーニアス at 07:23| Comment(3) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

『Bare Knuckle FC 5』アーテム・ロボフ vs. ジェイソン・ナイト、クリス・リーベン vs. ジャスティン・ベースマン動画

Bare Knuckle FC 5 results: Artem Lobov wins thrilling brawl over Jason Knight(MMAJunkie)
・Artem Lobov def. Jason Knight via unanimous decision (48-47, 48-47, 48-46).
・Chris Leben def. Justin Baesman via KO – Round 1, 0:25
・Christine Ferea def. Britain Hart via TKO (doctor’s stoppage) — Round 2, 1:09 – to win the American women’s featherweight title
・Chase Sherman vs. Sam Shewmaker, split draw (50-45, 47-48, 48-48)
・Reggie Barnett def. Rusty Crowder in a lightweight tournament semifinal via unanimous decision (50-44, 50-44, 50-44)
・Isaac Vallie-Flagg def. Randy Hederick via TKO — Round 3, 1:22
・Johnny Bedford def. Abdiel Velasquez in a lightweight tournament semifinal via KO —Round 4, 0:15
・Harris Stephenson def. Khalib Harris via split decision (50-47, 47-48, 49-46)
・Sheena Starr def. Ivana Coleman via KO —Round 2, 0:37
・Bobo O’Bannon def. Troy Beets via TKO — Round 4

 4月6日にミシシッピ州ビロクシで開催された『Bare Knuckle FC 5』の試合結果。アーテム・ロボフはジェイソン・ナイトに判定勝ち。クリス・リーベンはジャスティン・ベースマンに1R KO勝ち。チェイス・シャーマンはサム・シューメイカーとドロー。アイザック・ヴァリーフラッグはランディ・へデリックに3R TKO勝ちしています。




 アーテム・ロボフ vs. ジェイソン・ナイト動画。これだけボロボロだと6月にポール・マリナッジと対戦できるとは思えませんが…。




 クリス・リーベン vs. ジャスティン・ベースマン動画。



posted by ジーニアス at 17:34| Comment(15) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

スコット・コーカー「ライアン・ベイダー vs. シーク・コンゴのヘビー級タイトルマッチをやる」「その勝者にジョシュ・バーネットが挑戦する」

ジョシュ・バーネットがベラトールMMAと契約(2019年04月02日)

 こちらの続報。



 スコット・コーカー代表が以下のコメント。

「(ヘビー級&ライトヘビー級チャンピオンの)ライアン・ベイダーの次戦はヘビー級になるし、ナンバー1コンテンダーのシーク・コンゴを相手に防衛戦を行う。8月か9月あたりにやるだろう。ジョシュ・バーネットはその試合の勝者と対戦する」




posted by ジーニアス at 10:20| Comment(9) | ベラトール | 更新情報をチェックする

榊原信行実行委員長「ONEが業界のルールや常識に反することがあれば、僕らは徹底的に抗議をする準備はあります」

チャトリ・シットヨートンCEO「デイナ・ホワイトがやると言えばUFCとONEのチャンピオン対決を実現させる」(2019年04月01日)

 こちらの続報。チャトリ・シットヨートンCEOが那須川天心について「内々の話ですが、ぜひとも参戦したい、ロッタンと再戦したいと言っていたので、将来的にその話を進めていきたいと思っています」とコメントしていましたが、


【RIZIN】那須川天心のONE参戦について「意義があれば止めません」(榊原委員長)(イーファイト)

 榊原信行実行委員長が以下のコメント。

「RIZINに主戦場を置く選手に戦ってほしいですが、選手がプロモーションを渡り歩くのは常。RIZINにいるからと言ってRIZINだけでやらなくてもいいと思っています。RIZINに軸足を置きながら、僕らがやっていない海外での試合がしたい、どこどこのベルトにチャレンジしたいなど、意義があれば止めません。逆にどんどん行ってこいと言います。我々が考えているスケジュールであったり、契約の中だけに縛る気はない」と、囲い込みはせずに意義のある他団体挑戦なら推奨するという。

 しかし、「チャトリと天心の話は、それだけで契約違反だって言う気もありません。でも、その先どうなるかは分からないところです。それが業界のルールや常識に反することがあれば、僕らは徹底的に抗議をする準備はあります。もちろん天心と我々にはしっかりとした長期的な契約があります」と、ルールを守らなければ徹底抗戦する、と話した。

posted by ジーニアス at 09:09| Comment(26) | RIZIN | 更新情報をチェックする

『Bare Knuckle FC 5』大会前にアーテム・ロボフとポール・マリナッジが乱闘騒ぎ(動画)/次回大会で対戦か

Artem Lobov reacts to physical altercation with Paulie Malignaggi at BKFC media day(MMAFighting)



 4月6日にミシシッピ州ビロクシで開催する『Bare Knuckle FC 5』でジェイソン・ナイトと対戦するアーテム・ロボフですが、大会前のメディアデイに元WBA世界ウェルター級&元IBF世界スーパーライト級チャンピオンのポール・マリナッジが乱入、ロボフを殴り乱闘騒ぎを起こしています。ロボフがナイトに勝った場合、両者は6月22日に開催予定の『Bare Knuckle FC 6』で対戦すると見られています。

コナー・マクレガーがスパーリングで元WBA&IBF王者をダウンさせる(動画)(2017年08月12日)

コナー・マクレガーとスパーリングで因縁があるポール・マリナッジが舌戦を展開(動画)(2017年08月24日)

ポール・マリナッジ「マネージャーがコナー・マクレガー戦について話し合っている」(2017年10月18日)

アーテム・ロボフ「ボクシングがしたい」「コナー・マクレガーの代わりにポール・マリナッジと対戦したい」(2017年10月25日)

 両者はこんな因縁があります。



posted by ジーニアス at 08:41| Comment(4) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

4.21『RIZIN.15』大晦日で中止になったRENAとサマンサ・ジャン=フランソワが仕切り直しマッチ、契約体重は49kg→51kgに変更



 RIZINが都内で記者会見を開き4月21日に横浜アリーナで開催する『RIZIN.15』でRENA vs. サマンサ・ジャン=フランソワを行うことを発表しました。

Samantha Jean-Francois(Sherdog)

 改めてフランソワの戦績。RENA戦中止で期間が空きましたが、その間に試合はしてないようです。



 RENAは昨年大晦日のRIZINでサマンサ・ジャン・フランソワと49kg契約で戦う予定だったが、前日計量前に過度の貧血と脱水症状で倒れ、病院に運ばれ、計量失格となっていた。フランソワ(下写真)は49kgジャストでクリアしていた。今回はRENAがシュートボクシング(SB)で戦っている時と同じ51kg契約での試合となっている。あとは大晦日と同じ肘有り・5分3Rとなっている。
 RIZIN FF事務局を通じフランソワからのコメントが届いており、フランソワは「ここまで来るのに本当に色々な事がありましたが、ようやくRENA選手と戦う環境が整いました。私は今年に入ってから、いつでも試合を受けられるように準備をしていました。この試合に向けての準備は万端だし、チャンスは絶対に逃さない」と語っている。

 というわけで、今回は51kg契約での対戦です。週明けには残り1~2試合が発表される予定とのこと。



posted by ジーニアス at 18:29| Comment(18) | RIZIN | 更新情報をチェックする

4.27『UFC on ESPN 3』ホナウド・ジャカレイの対戦相手がヨエル・ロメロからジャック・ハーマンソンに変更

無念! ヨエル・ロメロが肺炎で4.27『UFC on ESPN 3』ホナウド・ジャカレイ戦を欠場(2019年04月04日)

 こちらの続報。



 4月27日にフロリダ州サンライズで開催する『UFC on ESPN 3』のメインイベントでホナウド・ジャカレイと3年4ヶ月ぶりの再戦する予定だったヨエル・ロメロが肺炎により欠場することを受けて、代わりにジャック・ハーマンソンがジャカレイとの対戦に同意したことをESPNのブレット・オカモト記者が確認したとのこと。

 ハーマンソンは『UFC on ESPN 2: Barboza vs. Gaethje』でデヴィッド・ブランチに1Rギロチンチョークで勝利したばかり。

 また、ジャカレイはこの試合に勝てばミドル級王座挑戦が約束されているとのことですが、一方で4月13日にジョージア州アトランタで開催する『UFC 236: Holloway vs. Poirier 2』でケルヴィン・ガステラム vs. イスラエル・アデサニャのミドル級暫定王座決定戦が行われるので、ロバート・ウィテカーとの王座統一戦が終わるまで待つ必要があります。



posted by ジーニアス at 18:12| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

7.6『UFC 239』でマイケル・キエサとディエゴ・サンチェスが対戦か



 UFCが7月6日にネバダ州ラスベガスで開催する『UFC 239: Jones vs. Santos』でマイケル・キエサ vs. ディエゴ・サンチェスのウェルター級マッチが検討されていることをESPNのアリエル・ヘルワニ記者が確認したとのこと。まだ契約にサインはしていませんが、互いに対戦する方向だそうです。

 キエサは『UFC 232: Jones vs. Gustafsson 2』でカーロス・コンディットに2Rキムラロックで勝利して以来の試合で。サンチェスは『UFC 235: Jones vs. Smith』でミッキー・ガルに2R TKO勝ちして以来の試合で現在2連勝中。





 
posted by ジーニアス at 19:38| Comment(2) | UFC | 更新情報をチェックする

5.17 ONE Championshipシンガポール大会で青木真也 vs. クリスチャン・リーのライト級タイトルマッチ/セイジ・ノースカットのデビュー戦も決定

【ONE95】20歳のクリスチャン・リーとの初防衛戦が早くも決定、青木真也「できることは全てやりたい」(MMAPLANET)

 5月17日にシンガポールで開催する『ONE Championship 96: Enter the Dragon』で青木真也 vs. クリスチャン・リーのライト級タイトルマッチが決定。『ONE Championship 92: A New Era』の試合後会見で青木は初防衛戦の相手に指名していました。

Christian Lee(Sherdog)

 クリスチャン・リーは現在20歳のシンガポール人。女子アトム級チャンピオンのアンジェラ・リーの弟で戦績11勝3敗。『ONE Championship 87: Eternal Glory』でエドワード・ケリーに1R TKO勝ちして以来の試合で現在2連勝中。朴光哲、横田一則、徳留一樹にも勝利しています。

青木真也
「できることは全てやりたい。この想いがあります。自分のパフォーマンスが永遠でないことを意識したときに、自分の可能性を使い切れないことが一番怖く思えました。20歳のMMAの未来を背負うであろう相手に自分を説いてみたい。そして勝ちたい。まだまだできることを自分自身のパフォーマンスで証明したい」

 青木は以上のコメント。

 なおチャトリCEOは同大会でライト級ワールドGP準決勝=アリエル・セクストン✖ザイード・フセイン・アサラナリエフ、UFCから転じたセイジ・ノースカットのONE初陣=✖コズモ・アレッシャンドリ戦を明言。さらにSuper Seriesのフェザー級ワールドGPの開催にも言及しており、ジョルジオ・ペトロシアン、ヨーセングライ・フェアテックス、アンディ・サワー、エンリケ・ケール、ジョー・ナタワット、サミー・セナ、ペットモラコット・ペッチンディー、ジャバル・アスケロフが出場することも明らかとしている。

Sage Northcutt(Sherdog)

Cosmo Alexandre(Sherdog)

 アリエル・セクストンとザイード・フセイン・アサラナリエフは『ONE Championship 90: Call to Greatness』で行われた1回戦でアミール・ハーン、エブ・ティンに勝利して以来の試合。

 セイジ・ノースカットは『UFC Fight Night 133: Dos Santos vs. Ivanov』でザック・オットーに2R KO勝ちして以来の試合で今回がONEデビュー戦。コスモ・アレッシャンドリは現在36歳(試合時は37歳)のブラジル人でMMA戦績7勝1敗。ONEではすでにキックルールで2試合してますが、MMAルールで試合をするのは今回が初めてです。


【ONE92】マニラで和田竜光がグスタボ・バラルト──身長150センチのオリンピアン・レスラー──と対戦(MMAPLANET)

Gustavo Eddy Balart(Sherdog)

 また、4月12日にフィリピン・マニラで開催する『ONE Championship 93: Roots of Honor』で和田竜光 vs. グスタボ・バラルトのフライ級ワールドグランプリ1回戦も発表されています。

 グスタボ・バラルトは現在31歳のキューバ人で戦績8勝1敗。今回がONEデビュー戦。



posted by ジーニアス at 15:47| Comment(23) | ONE Championship | 更新情報をチェックする

6.8『UFC 238』でジミー・リベラとピョートル・ヤンが対戦



 UFCが6月8日にイリノイ州シカゴで開催する『UFC 238: Cejudo vs. Moraes』でジミー・リベラ vs. ピョートル・ヤンのバンタム級マッチが行われることをESPNのアリエル・ヘルワニ記者が確認したとのこと。

 リベラは『UFC on ESPN 1: Ngannou vs. Velasquez』でアルジャメイン・スターリングに判定負けして以来の試合。ヤンは『UFC Fight Night 145: Błachowicz vs. Santos』でジョン・ドッドソンに判定勝ちして以来の試合で現在7連勝中(UFC 4連勝中)。



posted by ジーニアス at 15:02| Comment(4) | UFC | 更新情報をチェックする

6.8『UFC 238』でリカルド・ラマスとカルヴィン・ケイターが対戦



 UFCが6月8日のイリノイ州シカゴで開催する『UFC 238: Cejudo vs. Moraes』でリカルド・ラマス vs. カルヴィン・ケイターのフェザー級マッチが行われることをESPNのブレット・オカモト記者が確認したとのこと。

 ラマスは『UFC Fight Night 140: Magny vs. Ponzinibbio』でダレン・エルキンスに3R TKO勝ちして以来、ケイターは『UFC Fight Night 138: Volkan vs. Smith』でクリス・フィッシュゴールドに1R TKO勝ちして以来の試合。



posted by ジーニアス at 14:45| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

6.8『UFC 238』でペドロ・ムニョスとアルジャメイン・スターリングが対戦か



 UFCが6月8日にイリノイ州シカゴで開催する『UFC 238: Cejudo vs. Moraes』でペドロ・ムニョス vs. アルジャメイン・スターリングのバンタム級マッチが検討されていることをESPNのアリエル・ヘルワニ記者が確認したとのこと。

 ムニョスは『UFC 235: Jones vs. Smith』でコディ・ガーブラントに1R KO勝ちして以来、スターリングは『UFC on ESPN 1: Ngannou vs. Velasquez』でジミー・リベラに判定勝ちして以来の試合。



posted by ジーニアス at 12:46| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

6.22『Bellator 222: Mousasi vs. Lovato Jr.』でポール・デイリー vs. エリック・シウバのウェルター級マッチとジェームス・ギャラガー vs. ジェレマイア・ラビアノ

6.22 Bellatorロンドン大会でゲガール・ムサシとハファエル・ロバトJr.が仕切り直しマッチ(2019年03月31日)

 こちらの続報。



 ベラトールMMAが6月22日にイングランド・ロンドンで開催する『Bellator 222: Mousasi vs. Lovato Jr.』でポール・デイリー vs. エリック・シウバのウェルター級マッチとジェームス・ギャラガー vs. ジェレマイア・ラビアノのフェザー級マッチを行うことを発表。

 デイリーは『Bellator 216: MVP vs. Daley』でマイケル・ペイジに判定負けして以来、シウバは『Bellator 216: MVP vs. Daley』でヤロスラフ・アモソフに判定負けして以来の試合。

 ギャラガーは『Bellator 217: Gallagher vs. Graham』でスティーブン・グラハムに1Rリアネイキッドチョークで勝利して以来、ラビアノは『Bellator 206: Mousasi vs. MacDonald』でジャスティン・スミトリーに1R TKO勝ちして以来の試合。



posted by ジーニアス at 12:38| Comment(0) | ベラトール | 更新情報をチェックする

コナー・マクレガーが引退を撤回「今すぐオクタゴンで会おう」

コナー・マクレガー「MMAを引退することにした」(2019年03月26日)

デイナ・ホワイトがコナー・マクレガー引退宣言についてコメント「私も同じ立場なら引退してるだろう」(2019年03月26日)

 こちらの続報。



 コナー・マクレガーがツイッターで以下のコメント。

「俺は全ての信仰とバックグラウンドを持つファンと共に前進して行きたい。全ての信仰は俺たちにベストな自分を求めている。それは一つの世界であり全てのためのものだ。今すぐオクタゴンで会おう」

posted by ジーニアス at 12:27| Comment(20) | UFC | 更新情報をチェックする
記事検索