2018年12月12日

マックス・ホロウェイ「史上最強のフェザー級ファイターは今でもジョゼ・アルドだと思ってる」

Max Holloway Still Believes Jose Aldo is ‘Greatest Featherweight of All Time’(Sherdog)

 『UFC 231: Holloway vs. Ortega』でブライアン・オルテガに4R TKO勝ちしフェザー級王座を防衛したマックス・ホロウェイが以下のコメント。

「史上最強のフェザー級ファイターは今でもジョゼ・アルドだと思ってる。俺が30歳とか31歳とかになってまだここに居るのなら改めてその質問をして欲しい」

「とにかく俺は自分の仕事をして勝ち続けなきゃいけないし、みんなもそのこと(史上最強のフェザー級ファイター)について話し続ければいい。個人的には今でもジョゼだし、俺は彼を追いかけている。俺は彼の築いた実績を追いかけているし、それを破らないといけない。新時代が到来したと言う人もいる。俺が新時代を築かなきゃいけないし、その時が来れば完全に影響力を持つだろう」

「最終的にはパウンド・フォー・パウンド・ナンバー1になりたい。俺はチャンピオンだし、防衛を続けていればナンバー1になるだろう。階級を上げたらどうなるか分からない。やるならダニエル・コーミエとやりたいね」

posted by ジーニアス at 15:00| Comment(13) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC 231: Holloway vs. Ortega』前座の平均視聴者数が判明



 東部時間12月8日午後8時から10時までFOX Sports 1が生中継した『UFC 231: Holloway vs. Ortega』の前座の平均視聴者数は78万6000人だったとのこと。今年のナンバーシリーズの前座の平均視聴者数77万6000人を僅かに上回っています。

 ピーク時はニーナ・アンサロフ vs. クラウディア・ガデーリャの試合時で91万5000人だったそうです。



posted by ジーニアス at 14:01| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

1.19『ONE Championship 87: Eternal Glory』でジョシュア・パシオ vs. 鈴木隼人のストロー級タイトルマッチ



 ONE Championshipが1月19日にインドネシア・ジャカルタで開催する『ONE Championship 87: Eternal Glory』でジョシュア・パシオ vs. 鈴木隼人のストロー級タイトルマッチを行うことを発表。

 パシオは『ONE Championship 80: Conquest of Heroes』で内藤のび太に判定勝ちし新チャンピオンになって以来の試合。鈴木は『ONE Championship 84: Warrior's Dream』でポンシリ・ミートサティートに1Rリアネイキッドチョークで勝利して以来の試合。両者は2017年8月の『ONE Championship 58: Kings & Conquerors』で対戦しており、この時は鈴木が1Rリアネイキッドチョークで勝利しています。



posted by ジーニアス at 13:24| Comment(1) | ONE Championship | 更新情報をチェックする

ドミニク・クルーズ、1.26『UFC 233』ジョン・リネカー戦を負傷欠場か

ドミニク・クルーズが2年1ヶ月ぶりに復帰、1.26『UFC 233』でジョン・リネカーと対戦(2018年12月06日)

 こちらの続報。



 1月26日にカリフォルニア州アナハイムで開催する『UFC 233』でジョン・リネカーを相手に2年1ヶ月ぶりに復帰戦を行う予定だったドミニク・クルーズが負傷欠場することをMMAbrasil.com.brが確認したとのこと。しかしまだ正式発表されておらず、MMAJunkieがこの件についてUFCに尋ねたところ「検討中」との回答があったことからまだ分かりません。

 また、MMAbrasil.com.brは代わりにコディ・ガーブラントがリネカーと対戦すると報じてますが、ガーブラントは拳を負傷していることから3月まで復帰できないとこの報道を否定しています。



posted by ジーニアス at 12:46| Comment(5) | UFC | 更新情報をチェックする

デイナ・ホワイト「マックス・ホロウェイはライト級に転向すべきだ」

After UFC 231 win, Max Holloway open to lightweight move as Dana White recommends(MMAJunkie)

 『UFC 231: Holloway vs. Ortega』でブライアン・オルテガに4R TKO勝ちしフェザー級王座を防衛したマックス・ホロウェイについてデイナ・ホワイトが以下のコメント。

「彼は27歳から28歳に掛けての今が全盛期だと思うし試合ごとに改善し続けている。そして145ポンドで出来ることはやり尽くしたと思ってる。これ以上厳しい減量を続けることはないし、155ポンドに行けば大きな闘いが待ち受けていると思う」


 マックス・ホロウェイは以下のコメント。

「ボスはスーパーファイトを探している。誰もがトップ3(ハビブ・ヌルマゴメドフ、トニー・ファーガソン、コナー・マクレガー)について話している。コナー・マクレガー戦は俺がまだ若かった時にやったので誰もが再戦を見たがっている。結局のところ、彼ら(ヌルマゴメドフとマクレガー)は解決しなきゃいけない問題を抱えているし、できれば上手く行って欲しい。デイナと話し合うのはそれからだな」

「俺は自分の得意パターンを見つけたと思う。俺は無敗のファイターに初黒星を付けた。俺は対戦相手を選り好みしない。獲物をよこせ。誰であろうとやるよ」




posted by ジーニアス at 07:45| Comment(8) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC 231』グンナー・ネルソンの肘打ちで大流血したアレックス・オリヴェイラ、額を29針も縫う(動画)


 『UFC 231: Holloway vs. Ortega』でグンナー・ネルソンに2Rリアネイキッドチョークで敗れたアレックス・オリヴェイラがフェイスブックに動画をアップ。チョークで極められる前に肘打ちで大流血しましたが、額を29針も縫ったとのこと。グンナー・ネルソンのパフォーマンスを賞賛すると共になるべく早く復帰したいとコメントしています。



posted by ジーニアス at 05:39| Comment(1) | UFC | 更新情報をチェックする

LFA女子フライ級チャンピオンのサビーナ・マゾがUFCと契約



Sabina Mazo(Sherdog)

 UFCがサビーナ・マゾと4試合契約を結んだことをESPNが確認したとのこと。サビーナ・マゾは現在21歳のコロンビア人で戦績6勝0敗。LFA女子フライ級チャンピオンで同タイトルを2度防衛しています。デビュー戦は未定ですが、マゾは3月か4月を希望しているとのこと。



posted by ジーニアス at 04:45| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

1.19『UFC Fight Night 143』でトーマス・アルメイダとコディ・サンドハーゲンが対戦



 トーマス・アルメイダがインスタグラムで1月19日にニューヨーク州ブルックリンで開催する『UFC Fight Night 143: Cejudo vs. Dillashaw』でコディ・サンドハーゲンと対戦することを発表。

 アルメイダは『UFC 220: Miocic vs. Ngannou』でロブ・フォントに2R TKO負けして以来1年ぶりの試合で現在2連敗中。サンドハーゲンは『UFC Fight Night 135: Gaethje vs. Vick』でユーリ・アルカンタラに2R TKO勝ちして以来の試合。



posted by ジーニアス at 04:22| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

2.10『UFC 234』でカイ・カラ・フランスとホウリアン・パイバが対戦



Raulian Paiva Frazao(Sherdog)

 カイ・カラ・フランスがインスタグラムで2月10日にオーストラリア・メルボルンで開催する『UFC 234: Whittaker vs. Gastelum』でホウリアン・パイバと対戦することを発表。

 カイ・カラ・フランスは『UFC Fight Night 142: dos Santos vs. Tuivasa』でエリアス・ガルシアに判定勝ちして以来の試合。ホウリアン・パイバは現在23歳のブラジル人で戦績18勝1敗。『Dana White's Contender


Series Brazil 3』でアラン・ナシメントに判定勝ちしUFCとの契約を勝ち取って以来の試合。
posted by ジーニアス at 04:12| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

ONE ChampionshipがアメリカのTNT(ターナー・ネットワーク・テレビジョン)と放送契約を結ぶ/デメトリアス・ジョンソンは日本大会に参戦か



ターナー・ネットワーク・テレビジョン - Wikipedia

 ONE ChampionshipがアメリカのTNT(ターナー・ネットワーク・テレビジョン)と3年間の放送契約を結んだとのこと。2019年から24大会を生中継するだけではなく、プレ・ファイトショー、ポスト・ファイトショーも放送し、TUFのようなリアリティショーも検討されているそうです。初回放送は1月19日のジャカルタ大会になるとのこと。

 また、セイジ・ノースカットのデビュー戦は2月22日のシンガポール大会、デメトリアス・ジョンソンは3月31日の東京大会が予定されているとのこと。エディ・アルバレスのデビュー戦はシンガポール大会か東京大会のどちらかになることが検討されているそうです。

posted by ジーニアス at 03:53| Comment(2) | ONE Championship | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

2.2『UFC Fight Night 144』でジャスティン・レデットとジョニー・ウォーカーが対戦



 ジャスティン・レデットがインスタグラムで2月2日にブラジル・フォルタレザで開催する『UFC Fight Night 144: Assuncao vs. Moraes 2』でジョニー・ウォーカーと対戦することを発表。

 レデットは『UFC Fight Night 134: Shogun vs. Smith』でアレクサンダー・ラキッチに判定負けして以来、ウォーカーは『UFC Fight Night 140: Magny vs. Ponzinibbio』でカリル・ラウントリーに1R KO勝ちして以来の試合。

posted by ジーニアス at 20:43| Comment(1) | UFC | 更新情報をチェックする

マックス・ホロウェイ、ブライアン・オルテガ戦で効果的な打撃数のレコードを樹立

At the end of the day, Max Holloway is what he is: A marvel of combat(MMAFighting)

Max Holloway vs. Brian Ortega(FightMetric)

 『UFC 231: Holloway vs. Ortega』でマックス・ホロウェイがブライアン・オルテガに4R TKO勝ちしフェザー級王座を防衛しましたが、ホロウェイは試合全体で507発の打撃を出して290発の効果的な打撃をヒットさせていたとのこと。オルテガも292発出して効果的な打撃を110発ヒットさせています。ホロウェイの290発はUFCレコードだそうです。

 ちなみにこの日のメインカードの勝者4人(ヴァレンティーナ・シェフチェンコ、グンナー・ネルソン、ハキーム・ドワード、チアゴ・サントス)の効果的な打撃数を合計しても306発だそうです。

 また、ホロウェイ vs. オルテガの第4ラウンドでホロウェイは134発も効果的な打撃をヒットさせており、これも1つのラウンドでのUFCレコードになるとのこと。

 ホロウェイはこれまでのUFCキャリアで合計1627発の効果的な打撃をヒットさせたことになり、これもマイケル・ビスピン、フランク・エドガーを抜いて1位になったそうです。



posted by ジーニアス at 20:22| Comment(6) | UFC | 更新情報をチェックする

コナー・マクレガーが『UFC 231』マックス・ホロウェイのフェザー級王座防衛についてコメント



 『UFC 231: Holloway vs. Ortega』でマックス・ホロウェイがブライアン・オルテガに4R TKO勝ちしフェザー級王座を防衛した件についてチェール・ソネンが「こうなるとコナー・マクレガーがどれだけ凄いんだと思わないか…?」とコメント。



 これに対しマクレガーは「ありがとうチェール。マックスが元気でシャープに復活したのが見られてとても嬉しかったよ。素晴らしい勝利だ」とコメントしています。

posted by ジーニアス at 19:06| Comment(12) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC 231: Holloway vs. Ortega』メディカルサスペンション

UFC 231 medical suspensions: Brian Ortega potentially out six months after grisly loss(MMAFighting)

 オンタリオ州が『UFC 231: Holloway vs. Ortega』のメディカルサスペンションを公表。

・ブライアン・オルテガが医師の診察をクリアするまで最大180日間の出場停止。

・チャド・ラプリーズが医師の診察をクリアするまで最大180日間の出場停止。

 ネバダ州などと違い詳細は不明です。その他の選手は60日間以内。ジミ・マヌワも60日間でした。



posted by ジーニアス at 18:45| Comment(2) | UFC | 更新情報をチェックする

2.17『UFC on ESPN 1』でジェシカ・ペネとジョディ・エスキベルが対戦



 UFCが2月17日にアリゾナ州フェニックスで開催する『UFC on ESPN 1』でジェシカ・ペネ vs. ジョディ・エスキベルの女子ストロー級マッチを行うことを発表。

 ペネは『UFC Fight Night 108: Swanson vs. Lobov』でダニエル・テイラーに判定負けして以来1年10ヶ月ぶりの試合で現在3連敗中。USADAの薬物検査でDHEAの陽性反応が出たことから6ヶ月間の出場停止処分を受けており復帰が遅れていました。エスキベルは『UFC Fight Night 131: dos Santos vs. Ivanov』でジェシカ・アギラーに判定負けして以来の試合で現在2連敗中。



posted by ジーニアス at 17:00| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

榊原信行実行委員長が貴ノ岩のRIZIN参戦を否定「ウチはスキャンダルの受け皿ではない」

貴ノ岩のRIZIN参戦否定 榊原実行委員長が相撲界バッサリ「大砂嵐の時も…ヘドが出る」(スポニチ)
 総合格闘技RIZINの榊原信行実行委員長(55)が10日、都内で行われた「RIZIN 平成最後のやれんのか!」の記者会見後に囲み取材に応じ、またも暴力問題が発覚した相撲界を切り捨てた。

 元幕内貴ノ岩(28)の話題を振られると、「もう、いいんじゃないの。相撲界のスキャンダラスなことの受け皿じゃないし」と貴ノ岩の参戦をきっぱりと否定。さらに「あれが国技でいいのかって感じ。組織を一新するべきだと思う。どこかで甘えた体質があるから、ああいうことが起きる。もっと厳しい環境にして礼節を教えるべきですよ」と痛烈に批判した。

 今年9月の「RIZIN.13」で、道路交通法違反で略式起訴されて大相撲を引退した元幕内大砂嵐がデビューしたが、またも無免許運転が発覚し契約解除。「大砂嵐の時も良かれと思って手を差し伸べたけど、平気で僕らを裏切った。ヘドが出る」と言い放ち、「だから、すぐに貴ノ岩なんて触手が動かない」とRIZIN側からオファーする可能性を重ねて否定した。

 確かに大砂嵐の件があったばかりなのに貴ノ岩というわけにはいかないでしょう。とはいえマスコミは一応こういう質問をせざるを得ないんでしょうね。



posted by ジーニアス at 00:10| Comment(16) | RIZIN | 更新情報をチェックする

『Polaris 8』試合結果/石井慧、今成正和ともに敗れる

石井慧が12月9日ウェールズで開催する『POLARIS 8』でダン・ストラウスと対戦/12.13『World No-Gi柔術2018』にも出場(2018年11月01日)

 こちらの続報。

Polaris 8 results: Cornelius vs. Jones(MMAFighting)
Main card (UFC Fight Pass, 2 pm ET)

Craig Jones def. Keenan Cornelius via split decision
Vagner Rocha def. Ben Henderson via submission (rear-naked choke)
Mansher Khera def. Lachlan Giles via unanimous decision
Daniel Strauss def. Satoshi Ishii via split decision
Nicky Ryan def. Masakazu Imanari via submission (rear-naked choke)
Santeri Lilius def. Pedro Bessa via unanimous decision

Preliminary card (SportsJoe Facebook, UFC Fight Pass 12 pm ET)

Tom Halpin def. Brett Johns via submission (heel hook)
Bryn Jenkins def. Harry McKnight via submission (rear-naked choke)
Ed Ingamells def. Jamie Hughes via submission (heel hook)
Paul Redmond def. Craig Ewers via unanimous decision
Frederic Vosgrone def. Lew Long via unanimous decision
Matty Holmes def. Kieran Davern via split decision
Jay Butler def. Ben Robson via decision
Ash Amos def. Shane Price via submission (arm triangle)


【Polaris08】17歳のニッキー・ライアンが、今成からRNCでタップを奪いフェザー級チャンピオンに(MMAPLANET)

【Polaris08】石井慧は序盤にバックマウントを許し、15分時間切れもストラウスにスプリット判定で敗れる(MMAPLANET)

【Polaris08】ウェルター級王者となったケラがメイウェザーに「EBI、IBJJF、サブオンリー」で対戦表明(MMAPLANET)

【Polaris08】コンバット柔術世界ライト級王者ホシャが、ベンソン・ヘンダーソンにRNCで一本勝ち!!(MMAPLANET)

【Polaris08】アブダビの借りはポラリスで返す。クレイグ・ジョーンズがキーナン下し2階級制覇(MMAPLANET)

石井慧「へこたれずにガンバルンバ」惜敗も前向き(日刊スポーツ)

 12月9日にウェールズ・カーディフのヴィオラ・シアターで開催された『Polaris 8』の試合結果。メインイベントはクレイグ・ジョーンズがキーナン・コーネリアスにスプリットデシジョンで勝利。ヴァグネウ・ホシャはベンソン・ヘンダーソンにリアネイキッドチョークで勝利。ウェルター級王座決定戦はマンシャー・ケラがラクラン・ジャイルスに判定勝ち。石井慧はダニエル・ストラウスにスプリットデシジョンで敗れ、今成正和もニッキー・ライアンにリアネイキッドチョークで敗れています。





 共に敗戦報告をしています。



posted by ジーニアス at 23:11| Comment(4) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

12.31『RIZIN 平成最後のやれんのか!』で川尻達也 vs. 北岡悟、ムン・ジェフン vs. 朝倉海2等4カードが決定





 本日、都内で『RIZIN 平成最後のやれんのか!』の記者会見が開かれ、対戦カードが発表されました続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 17:43| Comment(22) | RIZIN | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

『UFC 231: Holloway vs. Ortega』パフォーマンスボーナス/観衆・ゲート収入



 UFCが『UFC 231: Holloway vs. Ortega』のパフォーマンスボーナスを発表。

▼ファイト・オブ・ザ・ナイト
・マックス・ホロウェイ vs. ブライアン・オルテガ

▼パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト
・マックス・ホロウェイ、チアゴ・サントス

 各5万ドルのボーナス。マックス・ホロウェイはダブル受賞で10万ドル獲得です。



 カナダ・オンタリオ州トロントのスコシアバンク・アリーナで開催された同大会の観衆・ゲート収入は主催者発表で1万9039人・248万1552ドルとのこと。チケットはソールドアウトしたそうです。



posted by ジーニアス at 17:51| Comment(3) | UFC | 更新情報をチェックする
記事検索