2008年01月08日

ザ・グレート・サスケが素顔に戻って政界復帰か&和泉家崩壊の原因はハッスル参戦のせいだった!?etc.

岩手発、未来へ - 覆面議員サスケ参上

 スポーツ報知独占情報!? こんな記事が載っていました

サスケ氏素顔で政界復帰プラン・・・ドス・カラスとマスクはぎマッチも(スポーツ報知)
 覆面議員として話題を呼んだ前岩手県議のプロレスラー、ザ・グレート・サスケ氏(38)が6日、素顔で政界復帰する計画を明かした。サスケ氏はこの日、東京・新木場1stリングで行われた「覆面マニア7」に出場。「どこからも打診はないし総選挙がいつなのかも知らないが、はっきり言えることは、政界に復帰するときは素顔だということです」と宣言した。

 「今年前半に私が負けて潔くマスクを脱げる相手とマスクはぎマッチをやる」とし、名前も旧リングネームの「MASAみちのく」に戻すという。

 昨年4月、所属会派の民主党の反対を振り切って県議を辞職、同県知事選に出馬するも落選。その後、リングに復帰し、大みそかの「ハッスル祭り」では元体操五輪メダリスト池谷幸雄のデビュー戦パートナーを務めるなど本業は順調だが、国会のUFO論争に刺激を受けたようだ。「UFOやアジア情勢など、独自の情報網で提案したいことはいっぱいあるが、言える立場にない」国政に出るなら無所属で東北の選挙区という。

 ◆ドス・カラス希望 「マスクはぎマッチ」の相手はミル・マスカラスの弟、ドス・カラス限定で交渉中。「負けても本望」とサスケ。日本でのマスクはぎマッチは、76年にザ・デストロイヤーが、スーパー・デストロイヤーを下したのをはじめ、78年にミル・マスカラス、81年に初代タイガーマスクがこなしたが、脱ぐ前提で挑むのは前代未聞。両国国技館クラスの大会場を選定中という。

 ドス・カラスといえばサスケと第1回ふく面ワールドリーグ戦決勝を戦った間柄(ドス・カラスが優勝)。“介錯人”に適任ということでしょう。やっぱりUFO問題は国政で議論しないと意味がないという判断!? 12月30日の「たけしの超常現象スペシャル」で韮澤潤一郎さんが「日本は宇宙戦争に国家予算を出している」なんて言ってましたが(苦笑)、サスケは信じてるのかなぁ。てか、当選しますかね? 民主党からの公認は得られそうにないし・・・。

衝撃の総選挙シュミレーション“自民204・民主224”(ゲンダイネット)
 今年は総選挙イヤー。「引き延ばされるとカネが続かない」と、候補者たちはブレーキが利かない状態だけに、いつ解散があってもおかしくないが、4日発売の雑誌「SAPIO」(23日号)が300小選挙区の当落をズバリ予想している。

(中略)

 大惨敗予想の自民党では、当選ライン以下の大物、有名人も多く、武部元幹事長、山拓元副総裁、笹川尭議運委員長、さらに片山さつき議員、馳浩議員なども黄信号点滅中だ。

 ちなみに馳浩はヤバイらしい。選挙区で負けても比例で復活当選はしそうだけど。


【その他気になったニュース】
【芸能ニュース舞台裏】晶紀&元彌、修復は無理?(ZAKZAK)
 狂言師の和泉元彌(33)と、女優復帰した羽野晶紀(39)のギクシャクした夫婦関係は、どうなるのか。羽野は3日の新春番組で、姑の和泉節子さんとの不仲説を否定。ねずみのかぶり物で「夫もテレビで見てます。チュー」とおどけてみせた。

 実際のところはどうか。女性誌デスクは次の見方をする。「羽野は節子さんの考え方が子供に受け継がれるのを恐れている。和泉家についても、ハッスルに参戦した際に『これはちょっと違う』と夫婦げんかし、あきれ果てたみたいです。元彌が煮え切らないと、修復は無理でしょうね」

 ΣΣ(゚д゚lll)ガガーン!! 夫婦ゲンカの原因がハッスル参戦だったなんて! そういえばセッチー鬼瓦軍団に羽野晶紀はいなかったなぁ・・・。でも自分がねずみのかぶり物しておいてダンナのハッスル参戦を非難するというのはどうなんだ!? 元彌だって家族を守るために空中元彌チョップをしたってのにそりゃないよ!

高田総統が1月シリーズのメインを発表!! ケロロ軍曹の名古屋上陸も決定であります!(ハッスル)
 2日ともボブ・サップとモンスター・ボノのタッグ。この2人、ガチで仲が悪いと言われているし、仲間割れしてサップがハッスル軍入りする可能性もあるかも。

WWEが2月の有明大会で王座戦開催(日刊スポーツ)
 さすがにタイトルは移動しないと思うが。ところでなぜ有明の次の日が武道館なんだろう。

寒さ吹き飛ばせ!津の海岸で「新春寒稽古」(読売新聞)
 東海地方を中心に活動する空手の3流派(成道会、竜成会、克己会)でつくるNPO法人「世界寛水流空手道」(森山幸則会長)の「新春寒稽古(げいこ)」が6日、津市の御殿場海岸で行われ、上半身裸の4~68歳の門下生約700人が、冬の海で「突き」や「蹴(け)り」を繰り返し、海風をこぶしで突いた。

 「世界寛水流空手道」は、「世界松林流空手道東海本部」(松阪市)の水谷征夫・初代会長と、プロレスラーのアントニオ猪木さんが1976年に設立。「寛水流」は猪木さんの本名「寛至」と「水谷」から一文字ずつを取って名づけた。

 寛水流ですよ! 後藤達俊さんや松永光弘さんは寒稽古に参加してないようで。

稲垣吾郎と小雪が本物のリング上で会見(日刊スポーツ)
 プロレスラーが毎回ゲスト出演するドラマです。

山崎パン、ドラマとコラボの「佐々木夫妻の仁義'sパン」発売へ(アキバ経済新聞)
 コラボパンも発売。

▼人気blogランキング
posted by ジーニアス at 00:57
"ザ・グレート・サスケが素顔に戻って政界復帰か&和泉家崩壊の原因はハッスル参戦のせいだった!?etc."へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索