2007年11月29日

格闘技界大連立誕生で前田日明がピンチに!?



【やれんのか!】12・31K-1谷川EPと元PRIDE高田統括本部長が握手! 格闘技界の大連立へ(GBR)

【やれんのか!】12・31大連立で2008年に新しい総合格闘技コンテンツ誕生へ向かう(GBR)

【やれんのか!】12・31マッハ「ファイナルファンタジーのような試合をする」(GBR)

【やれんのか!】12・31青木真也、HERO’Sカルバンに「衝撃的サブミッション極める」(GBR)

【やれんのか!】12・31大阪「Dynamite!!」との二元中継実現へ谷川EPが動く(GBR)

【やれんのか!】12・31さらなるK-1&HERO’S選手投入とDynamite!!への参戦もアリか(GBR)

【やれんのか!】12・31M-1GLOBALのコックスCEO「UFCとは違う。大連立に協力する」(GBR)

やれんのか! FEGとDEEPが新たに主催に名乗り!! 高田「こんな時が来るんじゃないかと思っていた」(やれんのか!)

FEGが大連立を決断『やれんのか!』に協力(FEG)

 それでは情報をまとめます。結局先週のkamiproHandで堀江ガンツ氏が予告していたのはこのことだったということですね。FEGのサイトで高田統括本部長の姿が拝めるなんて嬉しいではありませんか。このことからもK-1サイドの本気度の高さがうかがえる。

 K-1には「週刊現代と結託してPRIDEを潰したくせに」なんて声もあるかもしれませんが、「昨日の敵は今日の友」。第1回Dynamite!!や2002年までの猪木ボンバイエのころに戻ったということで水に流しましょう。

 谷川氏のあいさつ。

「ご存知のように総合格闘技は日本で生まれ、PRIDEの躍進によって世界に大きく羽ばたきました。その中で我々K-1と対立する状況も生まれましたが、PRIDEが消滅し、総合格闘技界が混沌としています。私はファン時代も含めて30年以上も格闘技を見ていますが、極真やキックボクシング、UWF、プロレスなど栄華を誇った素晴らしいコンテンツが分裂し、小さくなっている状況を繰り返しています。総合格闘技もそういう状況になりかねません。

 私は関係者として、一番の被害者はファン、選手だと思っています。ファン、選手が置き去りにされ、団体が分裂して小さくなることが繰り返されないためにも、FEGを代表して『やれんのか!』に参加させていただくことになりました。

 私どもも12月31日には大阪で『Dynamite!!』というイベントをやりますが、この大会に関しても“主催者”として名を連ね、協力というよりも積極的に参加します。選手を送り出すのではなく、出すというつもりです。中途半端な形ではなく、総合格闘技は“大連立”する必要がある。HERO’Sに参加している慧舟会、ZST、K-1も含め、協力いただいている道場も同じ気持ちで大連立に向かっていこうと思います。

 格闘技を守って、盛り上げるために過去いろんなことがありましたが、団結してやって盛り上げないといけない。これが最後の店じまい興行というイベントですが、大連立で2008年の新しい総合格闘技のコンテンツを生み出せたらいいな、と考えてやっています。

 いろんな団体が集まって新しいコンテンツ、総合格闘技を作っていく。それには世界とも協力してやっていかないといけないと思っています。新しいうねりを作り、ファンの期待に応えたいと思います」と、国内における総合格闘技団体の“大同団結”をぶち上げた。司会の笹原圭一実行委員からは、谷川EPから名前の挙がった和術慧舟会、ZST、DEEP、M-1GLOBALに加え、修斗からも「協力をいただけると伺っています」と付け加えている。

 ここにワールドビクトリーロードが入ってないのが残念です(笑)。なんだかワールドビクトリーロードがやりたかったことを各団体が自分たちでやってしまった印象。

 記者との質疑応答で、大晦日に『Dynamite!!』を中継するTBSが『やれんのか!』に協力することはあるのかと問われた谷川EPは、「TBSさんの協力は現在のところありません」と断言。しかし、「あくまでも個人的な希望」として大阪とさいたまの二元中継を実現させたい、とTBSに働きかけることを明言した。

「格闘技がこういう状況なので、私も大晦日当日は大阪にいますが、今回の大連立が決してマイナスになることはないようないいカードに『Dynamite!!』もしていきたい。輝ける実力者、選手はたくさんいますので、トラブルも出てくるかもしれませんが、やっていきたい」と、改めて大阪開催の『Dynamite!!』に全力を尽くすことを誓う谷川EP。

 噂になっていた二元中継も現実味を帯びてきた。18時から5時間半の中継で『やれんのか!』は20時開始。前半がDynamite!!で後半が『やれんのか!』になれば最高なのだが。PPVの購入者は減るだろうけど。

「形は決まっていませんが、ついこの前のような対立関係ではなく、一緒に大連立したイベントをやっていければというのが希望です。まだDEEPさん、M-1GLOBALさんとも話しはしていませんが、まずはこの大会を成功させてひとつのイベントを一緒にやっていければという気持ちでおります」と、2008年に団体・組織の垣根を越えたイベントを立ち上げたいとのビッグプランを希望する谷川EP。

 その言葉に対し、高田統括本部長は「総合格闘技において世界ナンバーワンの地位に業界が上り詰めるためには、ライバルはオリンピック。それくらいのポテンシャルがあると見ていました。夢半ばになりましたが、もう一度その場所に出て行けることになれば、また一歩を踏み出すことになります。そのためにはM-1GLOBALが大きな鍵を握っている。UFCと立ち上がった瞬間に勝負できるものでなければ、その気持ちにはならないが、こういう形になってジワジワとその気持ちが出てきています」と米UFCへの対抗意識を燃やすと共に、大連立に大きな魅力を感じていることを口にする。

 そして、その鍵を握ると言われたM-1GLOBALのモンテ・コックスCEOは「M-1GLOBALとしては、UFCとは違う団体でありたいと思っている。UFCとはやり方も変えて、もっと自分たちのファイターを日本の団体で試合をさせたり、一緒にイベントをやったりしたいと考えています。総合格闘技を世界的に発展させたいので、協力できるならM-1GLOBALはオープンに考えていきたい。特に日本で出来るならオープンでやりたいと思う。私は日本へ来て総合格闘技は非常に大きな可能性を持っていることが分かったので、2008年に何が出来るかをここに座っている方たちと相談していきたい」と、大連立に参加する方向性にあることを明言した。

 これで、『やれんのか!』は「さよならPRIDE」というセンチメンタルなイベントではなく、さらに夢のある“アフターY”があるということがハッキリした。

 そうなるとヤバイのが前田日明スーパーバイザーでしょう。最近もkamiproHandで「HERO'S韓国大会の記者会見に前田の姿がなかった」などと、その身を案じる(?)声が出ていますが、なんてったって「PRIDE、ざまみろ!」だもんなぁ(苦笑)。2回目は高須ジュニアにそそのかされて言ったけど。

 最近、細木数子に「向こう20年は安泰」と言われた日明兄さんですが、

細木数子 - Wikipedia

細木数子(超常現象の謎解き)

 占いが外れまくっているのは言わずもがな。青木真也の“試合やるやる詐欺”は最高の形で実を結んだけど、日明兄さんの“リングス復活するする詐欺”はどうなってるんでしょう? 毎度毎度キツイこと書いてますけど、やっぱり頑張ってほしいんですよね。


【その他気になったニュース】
「国技」をめぐる日本と世界の不思議な事情(R25.jp)
 これ勘違いしてた人多いでしょうね。

ネイルサロンにGO!郷ひろみ“クイーン”受賞ってどんだけ~(サンスポ)
 魔裟斗がメンズ部門に選ばれた。

世界級 日本に新星 K-1沢屋敷純一(朝日新聞)
 朝日新聞が澤屋敷を特集。

「Sports@nifty」がSNSを開始、スポーツ選手公式コミュニティ設置(Internet Watch)
 Sports@nifty SNSでは、開始当初9人のスポーツ選手公式コミュニティを開設する。サッカーではジーコ、宮本恒靖、柳沢敦。野球では井口資仁、岩村明憲、和田毅。ゴルフでは古閑美保、谷原秀人。格闘技では佐藤嘉洋。

 佐藤ファンの方は是非。

【ケージフォース】12・1全対戦カード決定、いよいよチャンピオンが誕生する(GBR)

パンクラス「2007 RISING TOUR」(スポーツナビ)

リング外の暴力は御法度! K-1とHERO'S参戦選手に危機管理セミナー 武蔵、船木誠勝、所英男ら有名選手が受講(スポーツナビ)
スカパー! 布施鋼治の格闘徒然草 2007年のK-1を語るキーワード。それはバダ・ハリ(スポーツナビ)
 バダ・ハリも受講すべきだったよ・・・。

▼人気blogランキング
posted by ジーニアス at 01:26
"格闘技界大連立誕生で前田日明がピンチに!?"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索