2007年11月20日

M-1グローバル モンテ・コックス代表が大晦日にヒョードルvs.チェ・ホンマンが行われることを正式に認める

PRIDE男祭り2004 -SADAME-

ヒョードルvsホンマンの噂(GAME AND MMA)

 今朝、GAME AND MMAさんがアップされた記事。Sherdogのネットラジオ「SavageDogShow」で報じられていたらしい。突然降って沸いた話であり、信憑性は不明だったのですが、このことを裏付ける情報が出てきました。

ON AGAIN, OFF AGAIN, FEDOR NYE FIGHT CONFIRMED(MMAWEEKLY)
(変訳)やると言ったり、やらないと言ったり、ヤキモキさせてくれたけど、ヒョードルが大晦日に試合することが確認されました

 以下、本文を変訳

Less than a week after word leaked out on the Russian Mix-Fight Championship website that Fedor Emelianenko would be fighting on New Year’s Eve and then a subsequent denial by one M-1 Global official, the situation has come round full circle.

Monte Cox, M-1 Global’s president and CEO, confirmed on Monday that Emelianenko will indeed be fighting on New Year’s Eve after all.

“Fedor will fight Dec. 31,” he said. “We made a deal with a Japanese organization to loan him out.”

He also confirmed information first reported by Greg Savage of Sherdog.com, that Emelianenko’s opponent will be 7’2” Korean Hong Man Choi.

The rumors of a New Year’s Eve bout for the Russian fighter actually began when Emelianenko published a letter to Japanese fans on the Mix-Fight website saying, “Your wishes come true when you ask for them come New Year's Eve,” and later continued, "I contacted M-1 Global management and received their complete support in my desire to continue the tradition of fighting in Japan on New Year's Eve."

Cox, who at the time stated, “No, it’s not going to happen,” quashed that initial rumor. “There was an offer. We looked at it. We tried to see if it was possible. But in the end, there just wasn’t enough time to pull it off.”

Then came last week’s report on the Mix-Fight website that purported the new rumor and the subsequent denial by M-1 Global vice president Brian Patton, who said, “The team is in Japan right now, but it is in regards to a fight in the spring. To my knowledge, Fedor is not fighting in Japan in December. Unless things have changed since our last conference call…”

And that leads us back around to now, where things most definitely have changed with Cox confirming the fight.

Emelianenko will fight Choi, according to Cox, as part of a show being organized by the promoters of the Japanese professional wrestling organization Hustle. Several of Hustle’s employees were involved in operation of the now defunct Pride Fighting Championships.

Emelianenko was the final Pride heavyweight titleholder and is currently ranked as the No. 1 heavyweight fighter in the world by MMAWeekly.com.

(変訳)
 先週、ロシアのウェブサイトMix-Fight Championshipが、エメリヤーエンコ・ヒョードルが大晦日に試合をするという情報をリークしたものの、M-1グローバルが公式に否定したことから、非常に混乱した状況を招いてしまいました。

 M-1グローバル代表兼CEOのモンテ・コックス氏は、結論としてエメリヤーエンコが大晦日に試合をすることを月曜日にはっきりと確約しました。

「ヒョードルは、12月31日に戦います」と、彼は言いました。「我々は、彼を貸し出すために、日本の団体と協定を結びました」

 彼は、エメリヤーエンコの対戦相手が7フィート2インチの韓国人チェ・ホンマンであるというSherdog.comのグレッグ・サベージの第一報についても立証しました。

 ロシアンファイターが大晦日に試合をするという噂は、実際にエメリヤーエンコがMix-Fightのサイトで日本のファンに手紙を発表した時から広まりました。「皆さんが大晦日に来てほしいと願った時、その願望は実現します」と切り出して、後にこう続けました - 「私はM-1グローバルに連絡して、大晦日に日本で戦う習慣を続けたいという私の願いが、満場一致で支持されました」。

 コックス氏は、最初にその噂が広まった時点では「いいえ、そういったことは起こりません」と、否定しました。「オファーはありました。我々はそれが実現可能かどうかについて調査しました。しかし、結局は行うのに十分な時間がないと判断しました」。

 先週もM-1グローバル副代表のブライアン・パットン氏が「チームは現在日本に滞在していますが、それは春に予定している大会に関係するものです。私の知る限りでは最後に電話会談してから事情が変わっていないかぎり、ヒョードルが日本で戦うことはありません」と、Mix-Fightのサイト情報を改めて否定していました。

 そして今、大どんでん返しが起きました。コックス氏は試合をすることに方向を転換しました。

 コックス氏によると日本のプロレス団体ハッスルのプロモーターによって開催される大会の一部として、エメリヤーエンコはチェと対戦します。ハッスルのスタッフの何人かは、現在消滅したPRIDE FCの運営に関与していました。

 エメリヤーエンコはPRIDEヘビー級選手権の最後の保持者であり、MMAWeekly.com.による世界No.1のヘビー級ファイターと、現在評価されています。

 き、き、き、きたああああああああああ!!!!! 大変なことが起きますよ! 谷川さんがkamiproのインタビューで言っていた「日本の格闘技界の大同団結」とはこのことだったのでしょうか? 現実問題、K-1 GPの決勝大会でホンマンがケガするかもしれないので、対戦相手が正式発表されるのはその後でしょうが、ヒョードルが大晦日で試合をすることは近々発表されるのでは? まさに驚天動地ですね。

▼人気blogランキング
posted by ジーニアス at 18:45
"M-1グローバル モンテ・コックス代表が大晦日にヒョードルvs.チェ・ホンマンが行われることを正式に認める"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索