2007年10月30日

大仁田厚率いる“ファイヤーブラザーズ”、M-1グランプリ1回戦敗退

MANZAI-1M-1グランプリ2004写真集

 最近『M-1グローバル』のネタが多い当ブログですが、こっちの方の『M-1』も・・・。プロレスではバカバカしいアイディアを実現させる天才・大仁田厚もこっちの方はダメだったようで・・・。

大仁田「Mー1」出場も1回戦で敗退(デイリー)
 自称・政治評論家の大仁田厚(49)、極道プロレスラーの二瓶組長(42)、貧乏タレント・アントニオ渡辺(35)によるお笑いトリオ「ファイヤーブラザーズ」が28日、都内で行われた「Mー1グランプリ2007」1回戦に出場した。

 渡辺は、ガリガリだった記者発表から一変、推定体重100キロ以上の巨漢に変身。替え玉疑惑が浮上したが、二瓶は「キャバクラで打ち合わせをしたから40キロ以上も太った」と言い張った。

 二瓶のヤクザキャラを大仁田がいじくり、その後ろで渡辺が黙々とスクワットを繰り返すシュールな漫才を展開。大仁田は「お笑い業界に自信を持ったね」と得意げだったが、あえなく1回戦で敗退。「(敗退は)お笑い界の黒い疑惑だ!来年リベンジする」と怒りをファイヤーさせていた。

 猪木のラバーマスクを被っているアントニオ渡辺さん、中身が入れ替わったようです(苦笑)。

大仁田厚、『M-1』初戦敗退「納得いかない」(オリコンスタイル)
終了後は「俺的にはいいんじゃないかと思った。98%は(1回戦を)突破する予感がする」と手ごたえを感じている様子だったが、結果発表では名前が呼ばれることなく落戦。

 残念ながら残りの2%に当たってしまいました。

大仁田厚が『M-1』で“ファイヤー”の叫びを!「お笑い」にチャレンジ(TV LIFE)
 大仁田はネタ見せ後、「オレ的にはいいんじゃないかなと思ってる。手応えは十分」と語り、また二瓶も「とても5分前に出来上がったネタだとは思えないですね。自分たちとしてはよくできたのでは、と思います」と語ったが、残念ながら2回戦進出はならなかった。

「納得いかないな。なぜ落ちたのか聞きたい。(覆面の『アントニオ~』に目をやり)こいつのせいかな? プロレスの負けよりも、むちゃくちゃ悔しい。来年またリベンジします!」と決意を胸に、お決まりのファイヤーポーズで締めくくり会場を後にした。

 おいおい、「5分前に出来上がった」ってどういうことだよ! そんな付け焼き刃じゃダメでしょ・・・。

 FMW時代の下らない小芝居や『ワールドプロレスリング』の真鍋由アナとの絡みは大いに笑わせてもらったのに残念。やっぱりこの人、「笑わせる」よりも「笑われる」方が向いてるのかね?

▼人気blogランキング
 
posted by ジーニアス at 00:07
"大仁田厚率いる“ファイヤーブラザーズ”、M-1グランプリ1回戦敗退"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索