2007年10月20日

続報・西村修全日本プロレス移籍。藤波辰爾がコメント

いかレスラー
いかレスラー


西村修、征矢学 全日本プロレス正式入団決定のお知らせ(全日本プロレス)

 全日本の事務所のようですが会見場がショボイ

西村、無我離脱! 全日本プロレスに電撃入団 無我の2文字は譲れないと西村 武藤は「自然の成り行き」(スポーツナビ)
 西村は無我ワールド退団かとの問いに「そうです」と答え、「(藤波辰爾には)これから伝えます。まぁ本当に事件というか・・・・・・多分いろいろなうわさで藤波社長の耳には伝わっているとは思いますけど・・・・・・征矢を連れたことも極秘で動きました。すべての責任は私にあります」と、無我の代表取締役である藤波には未だ報告していないことを明かした。今後さまざまな問題を巻き起こす可能性もあるが、「問題となるのは覚悟の上です。伝統と格式高いプロレスをやりたかった」と西村の決意は固い。

 無我ワールド退団に至った理由について「絶対的な試合数の少なさと、限界が私自身の中で見えた」と、今年8月には1回しか大会を開催できなかった同団体の活動部分で退団に思い至ったようだ。そして「最終的な決断は昨日」と、無我ワールド後楽園大会と全日本代々木大会が開催された18日に退団と入団を決意した。

 東スポモバイルから引用。

突然、全日プロに移籍した西村に、藤波社長は開口一番「100%信頼していたので、人間として残念」と話した。ただ西村は無我旗揚げ時から団体所属ではなく、フリー選手として契約を結んでいたという。西村移籍は契約上、全く問題ないため「彼の決断だから」と容認した。
しかし「他団体のリングに上がる時は暗黙の了解で事前に報告するもの。それがひと言もなかった。こちらからは連絡しない。もう無我に上がることもないでしょう。無我のファン、選手を置いてけぼりを食った気がする。武藤社長には何も言うことはありません」とバッサリ。愛弟子に絶縁を宣言した。

 契約上全く問題はない。しかしドラゴンは内心面白くないでしょう。

西村修・征矢学両選手の移籍報道に関して(無我ワールド・プロレスリング・オフィシャルサイト)
 西村修の移籍に関しましては、特にこちらから申し上げることはございません。
 むしろ旗揚げ以来、本当の意味で中心となって無我を支えてきてくれたのは選手会長ヒロ斉藤、同副会長吉江豊であり、彼らの努力や気持ちを考えると無我=(イコール)西村といった誤った認識を払拭できなかったことを所属の全選手に対して大変申し訳なく思います。ファン・マスコミ関係者の方の認識と異なるとは思いますが、旗揚げから現在まで、ヒロ斉藤・吉江豊が中心となり団体として運営していたことは事実であり、今後の体制にはまったく問題ございません。

 征矢学に関しましては移籍という結果になったようで非常に残念ではありますが、自分で選択した道ですのでプロの選手として一人の社会人として立派な人間になってもらいたいと願っております。そしてプロレスラーとしての今後の活躍に期待しております。

株式会社無我ワールド・プロレスリング

 出ていったから後付けで言ってるような。選手会長のヒロ斉藤さんがエースってわけじゃないし。

無我ワールドが年末に最強決定戦開催(日刊スポーツ)
 無我ワールドは18日、年末恒例の最強決定トーナメントの概要を発表。8人参加で、うち3人が他団体枠。12月3日に1回戦、同13日の後楽園大会で準決勝、決勝を行う。

 無我はここが正念場でしょう。

全日本プロレス(西村修のフリーバード)
紆余曲折。

人生は色々あってあたりまえだし、

色々あってこそ楽しく、

それが人生だ !

いまから渡米します。

全日本プロレス 西村修

 西村は無我に未来を感じなかったんでしょうね。あと、武藤が全日本に移籍した時も西村は付いていくと言われてたぐらいなので相思相愛だったのでしょう。


【その他気になったニュース】
みのる&ブッチャー合体!最強タッグ参戦へ(デイリー)
 こりゃまた異色タッグですね。

野良犬まさかのドタキャン!? 日高、王座奪回ピンチ! キックの精度低く“野良犬殺法”完成は遠い?=ZERO1-MAX(スポーツナビ)
 小林聡は今度『どハッスル!』にも出るみたいだし今後もプロレスと絡んでいきそう。

▼人気blogランキング
 
posted by ジーニアス at 00:49
"続報・西村修全日本プロレス移籍。藤波辰爾がコメント"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索