2007年07月28日

ヒョードルのマネージャーワジム氏、UFCとの交渉について語る



 Sherdogにレッドデビル会長でエメリヤーエンコ・ヒョードルのマネージメントをしているワジム・フィンケルステイン氏がインタビューに答えています。

Finkelstein Discusses UFC, Fedor Emelianenko(Sherdog)
(変訳)フィンケルステインがUFC、エメリヤーエンコ・ヒョードルを語る

 以下、本文の一部を変訳

Sherdog.com: How do you see the development of MMA in Russia, and how has your organization (M-1) contributed to this over the last ten years and where do you see the promotion going in the future?
Vadim Finkelstein: That's a few questions; I'll try to address them one at a time. I started M-1 Mixfight here, it St. Petersburg 10 years ago. Since that time we have developed a lot, to the point of having regular television coverage on a state channel with large ratings and staging events frequently.

Sherdog.com: Please discuss the last event that you organization.
VF: That was the BodogFight event in St. Petersburg on April 14. I thought Bodog behaved very badly in regard to that event. They acted as though the whole organization of the event and everything surrounding it, the VIPs such as Jean Claude Van Damme and Vladimir Putin: was because of them. In reality I and my brother [Evgeny Finkelstein] organized 90% of it.

The logo for the event was also very unfortunate, Bodog Fight was very prominent and they almost hid a small M-1 logo in the corner in all marketing materials, so that it was almost impossible to see. So I am not particularly pleasantly disposed towards BodogFight at the moment.

(変訳)
Sherdog:あなたはどのようにロシアのMMAを発展させていきましたか? また、あなたの団体(M-1)はこの10年に渡ってどう貢献してきましたか? また、プロモーションの今後の展開について教えて下さい。

ワジム:一度にいくつも尋ねますね。一つずつ答えさせて下さい。私は10年前M-1 Mixfightをここサンクトペテルブルグで始めました。それから州のチャンネルでテレビのレギュラー放送をして高視聴率を獲得し、しばしばイベントを行う一歩手前まで、我々は成長しました。

Sherdog:あなたの団体の最後のイベントについてお聞かせ下さい。

ワジム:4月14日のサンクトペテルブルグでのBodogFightイベントでした。私は、Bodogがこのイベントに関して非常に酷い振る舞いをされたと思ってます。ジャン=クロード・ヴァンダムやウラジミール・プーチンのようなVIPや彼らの取り巻きに、自分たちが大会の全てを仕切っているかのような行動をとっていたのです。まるで彼らのための大会のように。実際は、私と私の兄弟(エヴゲニー・フィンケルシュタイン)が興行の90%を担当しました。

 大会のロゴも非常に理不尽でした。「Bodog Fight」は非常に目立つように配置されていたのに「M-1」のロゴはほとんど見えないように角の方に隠されてるんですから。よって私は現在BodogFightに全く好感を持っていません。


 Bodogは理不尽団体だった!?

Sherdog.com: Russian president Vladimir Putin has been recently been described as a big fan of MMA and of Russian fighters. Could you please discuss his involvement with the sport?
VF: Initially I believe Putin saw our fighters on the weekly program which has been run on NTV, one of the national channels. He is a big fan of Fedor Emelianenko (Pictures), and was present at the BodogFight event on April 14 as a personal guest of Fedor's.

(変訳)
Sherdog:ロシア大統領ウラジミール・プーチンは、最近MMAおよびロシアンファイターの大ファンだと言っています。彼とスポーツの関係について語っていただけますか?

ワジム:きっかけは、私はプーチンがNTV(全国放送の1つ)で毎週放送している番組で我々のファイターを見たのだろうと思っています。彼はエメリヤーエンコ・ヒョードルの大ファンで、ヒョードル見たさに4月14日のBodogFightイベントに出席しました。


 NTVと言っても日本テレビではないんですな。

Sherdog.com: What's the next move for M-1 Mixfight?
VF: We are planning on holding an event later on in the year in Moscow, that Fedor may fight in if we have no success in signing with one of the organizations with whom we are currently in negotiations with.

Sherdog.com: Please discuss how you feel about Russian fighters going overseas to fight, when the sport is developing here so fast and is soon going to be able to match the kind of money they could be getting in the US or in Japan.
VF: I have no problem with this, if it's good for my fighters, it's good for M-1 and it's good for me. I would be very happy if tomorrow Aleksander was to go fight in PRIDE or K-1. I do not see us as competing with those organizations. UFC, PRIDE and K-1 are not our competitors; rather I would be very happy to work together with any of them in developing the sport further in this country.

I am talking about collaborations similar to the one with BodogFight, except that BodogFight is not an organization that has integrity and I will not work with them again. They used us to get a foot in the door in Russia and have now started developing their own business here on their own. Last week I found out that they have landed a weekly spot on Channel One here. In fact this makes me happy when you get down to it, as it's all contributing to the development of the sport here, and I think that's the most important thing.

(変訳)
Sherdog:M-1 Mixfightの次の予定はありますか?

ワジム:我々は年内にモスクワで大会を開催することを計画しています。我々が現在交渉中のある団体との契約が成立しなかった場合、ヒョードルは試合をすることになるかもしれません。

Sherdog:このスポーツが急成長を遂げており、ロシアの選手が大金を得るためにアメリカや日本といった海外へ渡って試合をする現状についてはどう思われますか。

VF:特に心配はしていません。それが私のファイターに良いならばM-1にとっても良いことです。そして、それは私にとっても良いことです。もしアレキサンダーが明日PRIDEかK-1に戦いに行くことになれば、私は大変ハッピーでしょう。私はそれらの団体と争うつもりはありません。UFC、PRIDE、K-1は競争相手ではありません。むしろ、私はこの国でこのスポーツをさらに発展させるためならば彼らのどこと組んでも良いです。

 私はBodogFightと協力関係を築こうと話し合っていましたが、BodogFightは誠実な団体ではありません。よって私は二度と彼らと組むことはありません。彼らはロシアで足掛かりを得て、自分達だけでビジネスの拡張をするために我々を利用しました。先週、私は彼らがここのチャンネルOneで毎週スポットCMを開始したことが分かりました。実際それがこのスポーツの発展に貢献し、降り掛かれば、私は幸せです。そして、私はそれが最も重要なことであると思います。


 ウチの選手が外貨を稼いできてくれればハッピー。でもBodogFightだけは許せんと。

Sherdog.com: As Fedor's manager, can you please fill us in on the current state of his contract negotiations.
VF: At the moment we are in negotiations with a number of organizations who have put offers on the table. I'll be blunt in saying that the UFC offer is the most financially attractive one. However they are very harsh in their terms and are not very flexible in actually negotiating them.

Fedor has now been the PRIDE heavyweight champion for four years and I think we have earned the right to negotiate a contract that suits both parties. Instead we are faced with a blunt "you are either in or you're out." This does not really suit us. If the negotiations continue in a similar manner, we'll prefer to fight for less money but with an organization which is more flexible.

The problem is that Fedor is the face of Combat Sambo in Russia. His popularity is at a level where he is acquainted with president Putin himself, in part because he is so successful and well known for Combat Sambo here.

Combat Sambo is a Russian sport that's not at a level of difficulty of MMA, but is hugely popular with our public. Fedor must represent Russia in Combat Sambo and at world championships, specifically the ones coming up in September. All we want him to do is compete something like once a year in Combat Sambo. But the UFC is not happy with that.

Their proposal has all kinds of clauses, all kinds of fines etc. that do not suit us. The UFC is not really that eager to communicate and negotiate. The negotiations are still continuing, and we will try very hard to get our demands met, if not Fedor will simply not compete in the UFC, even though that will be unfortunate as they currently have one of the, if not the, strongest, heavyweight divisions in the world.

(変訳)
Sherdog:ヒョードルのマネージャーとしてお聞きします。彼の契約交渉の現在の状況について教えていただけますか。

ワジム:現在、我々はオファーをしてきたいくつかの団体との交渉中です。率直に言うとUFCからのオファーが最も金銭的に魅力的なものです。しかし、彼らの提示する条件は非常にきつくて、実際に彼らと交渉する際に、あまり柔軟でありません。

 ヒョードルは4年間PRIDEのヘビー級チャンピオンでした。私は我々が両者に合う契約を協議する権利を得たと思ってます。しかし、それどころか我々は無愛想な態度をとられました。「契約するかしないかどっちだ」と。これは我々にとって本当に気に入らないことです。交渉が同様の方法で続くのあれば、金額が低くてもより柔軟に対応してくれる団体で戦う方を選びます。

 問題はヒョードルがロシアのコマンドサンボの顔役であるということです。彼はコマンドサンボでとても成功していて有名で、彼の人気はプーチン大統領が知っているレベルにあります。

 コマンドサンボはMMAほど難解ではないロシアのスポーツで、我々の市民に非常に人気があります。ヒョードルはコマンドサンボの世界選手権でロシアを代表して戦わなければなりません。そして、その大会は9月に開催されます。我々が彼に望むことは、コマンドサンボで毎年素晴らしい試合をすることです。しかし、UFCはそれが不満なのです。

 彼らの提案にはありとあらゆる条項があります、ありとあらゆる罰金その他は我々にとってあまり好都合ではありません。UFCとは蜜に連絡を取り合って交渉していません。交渉はまだ続いています。そして、我々は一生懸命に要 求に応じてもらおうと努力しています。ヒョードルはヘビー級世界最強の選手ですからUFCにやすやすとは参加することはありません。


 最後の方の訳はイマイチかも。「not」と「,」が多すぎて何に掛かっているかが分かりづらい。

 インタビューはまだまだ続きますが、長いので以下は簡潔にまとめると、

・ロシアでUFCの大会を共催しないかと提案したが断られた。彼らは全て自前でやらないと気が済まないようだ。

・ロシアでのテレビ放送を提案したがこれも断られた。

・ヒョードルを金網やヒジ攻撃など他のフォーマットに慣れさせたい。

・K-1からオファーがあった。UFCより金額は低いものの良い条件だ。

・UFCはヒョードルの一本釣りしか頭になく、他のレッドデビルファイターのことは考慮してくれない。一方K-1は傘下選手を参戦させ、他の援助も準備すると言ってくれている。

・我々は全く焦っていない。ヒョードルの契約が成立しなかったら我々が彼の試合を開催する。


 こんなところでしょうか。UFCもレッドデビルもどっちもどっちのような気がしてきた。最終的にK-1が漁夫の利を得る可能性もあるということか・・・。

 M-1モスクワ大会、UFC、K-1。選択肢はこの3つに絞られた?

人気blogランキング
 
posted by ジーニアス at 07:56
"ヒョードルのマネージャーワジム氏、UFCとの交渉について語る"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索