2007年07月25日

[追記]泣ける話(?)・・・容疑者に格闘技DVDを見せた巡査部長が戒告処分

格闘技好き容疑者に温情?=取り調べでDVD見せ戒告−広島県警(時事通信)
広島県警の巡査部長(49)が取り調べ中の容疑者に、テレビの格闘技番組を録画したDVDを見せていたことが分かり、県警は25日、巡査部長を戒告の懲戒処分とした。
 監察官室によると、巡査部長は本部の捜査部門に在籍。昨年1月、広島中央署で容疑者の男=公判中=の取り調べの際、室内にあったパソコンで、格闘技番組を録画したDVDを視聴させた。雑談で容疑者が格闘技好きと知り、息子が録画したDVDを自宅から持ち出していた。
 巡査部長は「容疑者が長く刑務所に行くだろうという思いから見せた。利益誘導の意思は全くなかったが、軽率だった」と話しているという。


 ちょっとこの巡査部長がかわいそうな気がしないでもないが、こういうことをしてはいけないんですね。よく刑事ドラマなどで取調室にカツ丼が出されるシーンがありますが、警察に有利な証言を引き出させる意図があるとみなされ本当はやってはいけないそうで。

 昨年1月だから見たのは男祭り? Dynamite!!? それにしても容疑者がパソコンで格闘技DVD観賞とは・・・シュールだ。

[追記]
容疑者に温情、格闘技DVD見せる 巡査部長を戒告処分(朝日新聞)
 30分間PRIDEを見せたのだそうです。推測ですが、「どうしても小川vs吉田が見たいんです!」と頼まれて見せてあげたのかなぁ・・・。だとしたらやっぱり泣けるわ・・・。

その他ニュースブログはコチラ
posted by ジーニアス at 23:40
"[追記]泣ける話(?)・・・容疑者に格闘技DVDを見せた巡査部長が戒告処分"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索