2021年09月25日

デイナ・ホワイト「もうジョン・ジョーンズの逮捕には驚いていない」「彼には悪魔が取り憑いている」

ジョン・ジョーンズ、UFCホール・オブ・フェーム出席から数時間後にDV容疑で逮捕される(2021年09月25日)

 こちらの続報。




 ジョン・ジョーンズがUFCホール・オブ・フェーム2020授賞式から数時間後にDV容疑および車両の損傷と改ざんの容疑で逮捕された件についてデイナ・ホワイトが以下のコメント。

「明らかに我々はこの件が彼にとって法的にどのように展開するか、どのように終わるかを見ることになるだろう。どんな理由であれ、彼のような男をラスベガスに連れて来るのは難しい。この街はジョン・ジョーンズにとって良くないし、我々はここにいる」

「なんというか…もう驚いてもいないね。我々が彼をここに連れてくる時点でだいたい予想されていたことだ。ホール・オブ・フェーム入りのためにラスベガスに着いてから12時間もいられなかったわけだからな。問題だよ。彼には悪魔が取り憑いている。たくさんの悪魔が」

「もう本当に驚いていない。『ああ、彼はラスベガスに来てるんだ。今度は何をやらかすんだ?』といった感じだ。彼が更生してくれることを願っているが、そうはならない。彼がこの街に来るたびに対応できてないことを証明している」

 ジョン・ジョーンズのこれまでの逮捕歴を振り返ります。

・2012年5月、ニューヨーク州北部でベントレーを飲酒運転した上に電柱に激突し逮捕。

・2015年4月、ニューメキシコ州アルバカーキで妊娠中の女性が運転する自動車に当て逃げし逮捕。女性は腕を骨折、ジョーンズはライトヘビー級王座剥奪。

・2016年3月、アルバカーキでドラッグレースをしていたことを告発され、警察官と口論になり逮捕。

・2019年9月、アルバカーキのストリップクラブでウエイトレスに暴行を加えた容疑で逮捕。

・2020年3月、アルバカーキで飲酒運転、銃器の過失使用、空き容器の所持、保険証の不所持の容疑で逮捕。

 他にも逮捕ではありませんが、2016年4月の『UFC 197: Jones vs. Saint Preux』で行われたライトヘビー級暫定王座決定戦でオヴァンス・サンプレーに判定勝ちしたものの、禁止薬物の陽性反応が出たことから王座剥奪、2017年7月の『UFC 214: Cormier vs. Jones 2』で当時チャンピオンだったダニエル・コーミエに3R KO勝ちし王座奪回したものの禁止薬物の陽性反応が出たことから王座剥奪されたことがあります。




posted by ジーニアス at 23:42
"デイナ・ホワイト「もうジョン・ジョーンズの逮捕には驚いていない」「彼には悪魔が取り憑いている」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索