2020年09月27日

那須川天心「ボクシングで世界王者になってUFC王者とキックボクシングルールで対戦したい」


 9月27日(日)さいたまスーパーアリーナにて行われる格闘技イベント『RIZIN.24』の前日特番『FUJIYAMA FIGHT CLUB ~格闘技RIZIN直前SP~』が26日14時半からフジテレビ系関東ローカルにて放送された。

 この大会で那須川天心(22=TARGET/Cygames)と皇治(31=TEAM ONE)の対戦が注目されているが、番組でのインタビューでは「キックボクシングはあと10戦は絶対にやらない」と言い、次はボクシングに転向し世界王者。夢は最終的にMMAとボクシングの中間のキックボクシングルールをとり、UFC王者と戦うことであると語った。

 那須川はボクシングで帝拳ジムでも練習を積んでおり、元帝拳ジムチーフトレーナー葛西裕一氏は「ボクシングの世界チャンピオンの素材を持っている。世界チャンピオンになった帝拳ジムの選手たちともスパーリングをやってついて行っていた」と語った。

 9月22日深夜の『FUJIYAMA FIGHT CLUB SP』で先に言ってましたね。26日の放送はほぼ同じ内容でした。具体的には以下のコメントをしていました。

「(あと何試合やるのかと尋ねられ)キックですか? どうなんですかね、10(試合)は絶対やらないと思います」

「ああいうことをやりたいですね、メイウェザーとマクレガーみたいな。キックボクシング(ルール)で。僕ボクシングやる(転向する)じゃないですか。で、世界チャンピオンになるじゃないですか。そしたらUFCにもチャンピオンがいるわけですよ。総合(UFC)、ボクシング、その中立はなんだ? キックボクシング。海外で。それがキックボクシングに対しての最高の恩返しかなと。それがやれたら僕はもう、死ねるかなと」

 壮大な目標ですね。ボクシングで世界王者になるだけでも大変な上に数年後にUFCでも軽い階級にカリスマ的なファイターがいないと。



posted by ジーニアス at 03:19
"那須川天心「ボクシングで世界王者になってUFC王者とキックボクシングルールで対戦したい」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索