2020年09月15日

榊原信行CEO「『RIZIN.24』で朝倉未来 vs. 斎藤裕のフェザー級タイトルマッチを計画してましたが今回は見送りました」

朝倉未来が9.27『RIZIN.24』出場見送りを示唆「ファイトマネーとかではなく試合が決まるのが遅いことが原因」(2020年09月06日)

9.27『RIZIN.24』で朝倉海 vs. 昇侍、RENA vs. 富松恵美を追加発表(2020年09月15日)

 こちらの続報。

【RIZIN】朝倉未来vs斎藤裕の対決は「実現に向けて動く」(榊原CEO)(イーファイト)
 ビッグネームの一角・朝倉未来について、RIZINの榊原CEOは「コロナ禍で)外国人勢が入ってこれない中、現実的には斎藤(裕)選手と未来、フェザー級のタイトルマッチとしてやったらどうだ」と8月の下旬くらいから話をしていたと言う。

 そして「誤解がないよう言っておきたいのですが、未来が逃げたとか斎藤選手が逃げたとかは一切ない」と強調する。

 続けて「両選手とも『やる』と了承は得ました。66(kg)という数字も作って、最高のコンディションでフェザーのタイトルをやらせたいなと。お互いの中のでのタイミングや条件が揃わなくて、9月27日は見送ろうと」と朝倉、斎藤両選手の合意がありながら、今回の期間では難しかったのだと話す。

 さらに「戦う本人からすれば、戦う準備の時間とか、条件とか、相手とか色々こだわる部分がありますから。このカードは近々、両選手と最終調整して発表できたら。いつどこで実現させるか、実現に向けて動きたい。この”斎藤vs朝倉未来”をいつどういう形で実現させていくかは、近々具体的に発表させていただければ」と、2人の戦いについてはいずれ発表してゆくと語った。

 やるなら大晦日でしょうね。楽しみに待ちましょう。



posted by ジーニアス at 19:16
"榊原信行CEO「『RIZIN.24』で朝倉未来 vs. 斎藤裕のフェザー級タイトルマッチを計画してましたが今回は見送りました」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索