2020年09月10日

ロッキー・マルティネスがUFCと契約、9.12『UFC Fight Night 177』でアレクサンダー・ロマノフと対戦

マルコス・ホジェリオ・デ・リマも新型コロナウイルスの陽性反応、『UFC Fight Night 176』アレクサンダー・ロマノフ戦が直前に中止され全7試合に(2020年09月06日)

 こちらの続報。


Roque Martinez(Sherdog)

Alexander Romanov(Sherdog)

 UFCが9月12日にラスベガスのUFC APEXで開催する『UFC Fight Night 177: Waterson vs. Hill』でロッキー・マルティネス vs. アレクサンダー・ロマノフのヘビー級マッチが行われることをMMAJunkieが確認したとのこと。

 マルティネスは2月21日に浜松アリーナで開催された『RIZIN.21』で関根“シュレック”秀樹に1R TKO勝ちして以来の試合で今回がUFCデビュー戦。ロマノフは現在29歳のモルドバ人で戦績11勝0敗。今回がUFCデビュー戦ですが、2019年にUFCと契約してから3度も試合が中止されており、『UFC Fight Night 176: Overeem vs. Sakai』でもマルコス・ホジェリオ・デ・リマと対戦予定でしたが、デ・リマに新型コロナウイルスの陽性反応が出たことから中止となっています。



posted by ジーニアス at 13:20
"ロッキー・マルティネスがUFCと契約、9.12『UFC Fight Night 177』でアレクサンダー・ロマノフと対戦"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索