2020年08月18日

ジョン・ジョーンズ「UFCライトヘビー級王座を返上した」「UFCとヘビー級転向について前向きな話ができた」



 ジョン・ジョーンズがツイッターで以下のコメント。

「UFCとの電話を終えたばかりだが、本日ライトヘビー級王座を返上することを確認した。正式に争奪戦になるだろう。素晴らしい道のりだった。全ての対戦相手、UFC、そして何よりもファンのみんなに心から感謝する」

「UFCとは本当に前向きな話ができた。次のヘビー級転向初戦についての交渉が始まる。全ては朗報だし、体重増量のプロセスが始まる」

 ジョン・ジョーンズは最近UFCとの交渉がまとまらず引退を示唆していました。

Dana White: If Jon Jones stays at light heavyweight, he's got to fight Dominick Reyes again(MMAJunkie)

Dana White: Francis Ngannou – not Jon Jones – 'definitely next' for Stipe Miocic after UFC 252(MMAJunkie)

 なお、デイナ・ホワイトは最近のインタビューで「ジョン・ジョーンズがライトヘビー級に残留するのなら次はドミニク・レイエスとの再戦だ」「次期ヘビー級王座挑戦者は間違いなくフランシス・ガヌーだ。誰もフランシスを飛び越えて挑戦できない」「ジョン・ジョーンズがヘビー級に転向するのなら興味深い」とコメントしていました。



posted by ジーニアス at 16:40
"ジョン・ジョーンズ「UFCライトヘビー級王座を返上した」「UFCとヘビー級転向について前向きな話ができた」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索