2020年06月10日

『UFC 250』でマキ・ピトロに敗れたチャールズ・バードが引退を発表


 『UFC 250: Nunes vs. Spencer』でマキ・ピトロに2R TKO負けしたチャールズ・バードがフェイスブックで引退を発表し以下のコメント。

「俺は失敗したりトライすることを恐れたことはない。この時点でこんなことを言うとは思ってもいなかったが、人生で物事が思い通りに進まないことがあるのは承知している。精神的にも肉体的にも試合の準備はできていたが、結果は上手く行かなかった。

 神が俺にどういう次のステージを用意しているのか探る準備はできている。戦いのキャリアというこの旅を通して、全ての友人や家族からの愛情とサポートに感謝している。多くの素晴らしいことを達成できて、多くの思い出が出来た。 だが、時は人を待ってくれない。

 つまり、これで正式にファイターとしては終了だ」


Charles Byrd(Sherdog)

 チャールズ・バードは現在36歳でMMA戦績10勝7敗(UFC戦績1勝3敗)。Dana White's Contender Seriesで2連勝しUFCとの契約を勝ち取り、デビュー戦でもジョン・フィリップスにリアネイキッドチョークで勝利しましたが、その後は3連敗していました。



posted by ジーニアス at 17:35
"『UFC 250』でマキ・ピトロに敗れたチャールズ・バードが引退を発表"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索