2007年07月12日

小橋建太インタビュー「みなさんの希望の星になりたい」

モグラハウス HAOソフビ プロレスリングNOAH 小橋建太 ブラックコスチューム


 ウチがノアネタやるのは久しぶり(苦笑)。小橋が中日スポーツでインタビューに答えています

ノア・小橋、奇跡の“復活” 「年内に試合出る」(中日スポーツ)
 元気なころと比べると10キロ近く体重が減った。手術前は「趣味は特訓」と言い切るほどのトレーニングで筋肉質な体をつくり上げ、体調管理に気を配る男。今もだぶついた印象は全くない。本格練習を開始したのは6月中旬からといい、毎日のように午前中に道場に通っている。プロ意識から、シャツを脱いで上半身裸の姿を他人に見られることは拒んでいるが、外見だけならすぐにでもリングで試合ができそうだ。

 もっとも、右の腎臓を摘出しただけに、実際に試合をするには、医師の判断を待たなければならない。臓器摘出後に現場復帰したプロレスラーは、世界的にも報告例がない。特にノアは激しい技の攻防が売り物なだけに、スタミナ面で不安が残る。

 それでも小橋は「皆さんの希望の星になれるよう、年内に復帰」と明言した。実現すれば、プロレスファンだけでなく、がんをはじめ重い病気に苦しむ患者や家族にも心の支えになるのは間違いない。

 前例の無いことにチャレンジするというわけですね。

2005. 2. 13(日)東京スポーツ&カイロプラクティック学院のセミナー(格闘メディカル協会)

 ま、前田日明も人工靱帯を入れて試合するという前例の無いことをやったので、小橋も頑張って下さい。

 中日スポーツに戻る。

 -がんを告知されたときは

 「『えっ、オレががん? こんなに元気なのに…』というのが最初。それもがん細胞だけじゃなくて、腫瘍(しゅよう)のある右の腎臓をすべて取る、と。オレからプロレスを取ったら、何も残らないじゃないですか。生きがいじゃないですか。『小橋さん、まず生きることでしょう。生きることが一番です。復帰ということは頭から消してください』と先生から言われました」

 -麻酔から覚めて腎臓が一つなくなったという現実をどうとらえましたか

 「現実とか、そんなもんじゃない。傷口が痛くて張り裂けそうだった。右の腎臓を切るため、手術中は左半身をしたにして寝ていたんですが、全体重が左肩にかかって、しびれて動かなくなってしまったんです。」

 -その痛みはリング上で経験したことのない痛みでしょ

 「全然違う。下腹部の傷口が引きつって痛くてね。10センチくらいのと5センチくらいの傷口にチューブが入っていて、ちょっと動くと破れるような、グーッとくる痛みですよ。いつもけいれん起こしてました。ですから、痛み止めを飲むか、打つか。一番効くのは座薬。自分で入れるわけじゃないから嫌なんですよね。でも、やってくださいと言いましたよ」

 -小橋選手は母子家庭で育ち、お母さん思い。母親の都さん(68)には心配させまいと苦しんだのでは

 「がんだって言えば、驚くじゃないですか。どうすれば驚かないように言えるかなって考えるじゃないですか。電話でね。ちょっと話があるからって、心配しなくていいからって…。がんなんだ、早期発見で手術すれば命は助かるという話をしました」

 -退院する際、注意をされたことは

 「日常の生活に戻っていいですよ、ただ練習だけは絶対にやらないでください、と言われました水中歩行を始めたのは8月です。筋トレを始めたのは8月19日でした。6月から受け身の練習を始めました。衝撃のない軽い感じでやってます」

 -明るい見通しが立ったところで、復帰宣言を約束できますか

 「昨年12月、自分の戻るべき場所はやっぱりここなんだと実感しました。自分の気持ちとして1年間やってきたことのけじめをつけたい。これからのリハビリの経過、検査の結果によりますが、年内に1度、いい形でリングに上がりたい。たくさんのファンの方の後押しがあったわけですから。それが、支えてくれた皆さんへの恩返し。皆さんの希望の星になりたいです」

 復帰しても「休憩前のユルイ試合」担当になるのは本人のプライドが許さないでしょうしねぇ。年内にこだわらずじっくりとアレして下さい。

人気blogランキングはコチラ

【その他気になったニュース】
安心して見られるプロレスを 地域密着型「横浜プロレス」が7月13日に旗揚げ(タウンニュース)
 大日本プロレスは蛍光灯などを使った過激な試合が特徴だが、横浜プロレスでは凶器の使用や流血は一切なく、子どもや女性でも安心して楽しめるように配慮されている。

 登場する選手もヒーロー役と悪役に分けられ、初心者でも理解しやすいストーリーになっている。「ヒーローショーとして演劇のような感覚で見てもらえれば」と関係者は話し、「興行」ではなく「公演」と位置付けている。

 会場のにぎわい座は、落語や演芸に使われることがほとんどだが、横浜プロレスが格闘技ではなく、「演劇」であることから使用が認められた。

 ああ、「演劇」だから借りれたのか。

SEAMOがプロレス“デビュー”(デイリー)
SEAMOのミュージック・プロモーションビデオに新日ジュニア戦士が参戦!!(新日本プロレス)
 「ラッパーとしての仕事がなくなったら、練習生として雇ってください」とのこと。割に合わないから(笑)。

暴走王・小川目覚めた 試合後、猪木が気合注入猛烈ビンタ(朝日新聞)
 朝日新聞がIGFの記事を。

インリン様が“ご懐卵”!パパは・・・(デイリー)
ハッスル・ハウス vol.26~ハッスル・キング・フォーエバー~(スポーツナビ)
「ハッスル・ハウス vol.26」全試合リアルタイム速報!(ハッスル)
キンターマン&クロダーマン モンスター軍入り査定マッチ結果発表!(ハッスル)
 今回は観戦せず。天龍が遂にHGに! インリン様がムタの子を“ご懐卵”。早くも11.25横浜のマニアに向けて仕込んできた。ACHICHIとTAJIRIは仲間割れ。

飯塚なんか『鬼ころし』でイチコロだ!~矢野選手が清酒『鬼ころし』蔵元を訪問~(新日本プロレス)
 昔、ライガーの技で「鬼殺し」ってあったな。

AWA(ZERO1-MAX)
 会長が替わるそうで。

サンズ野田社長秘蔵っ子アイドルが女子プロレスに入団!
(livedoorスポーツ)

 「SUN繋がり」というわけではないだろうがプロレスリングSUNに入団。

大仁田議員離党表明で「ファイヤー!」(日刊スポーツ)
 参院選出馬辞退と政界引退を表明した大仁田厚参院議員(49)が10日、所属する自民党を議員在任中に離党する意向を表明した。公示の12日に合わせ、離党届を提出する。議員としての任期は28日まであるため、離党後は無所属議員として「超党派議員宣言」し、選挙期間中、さまざまな政党の候補者の応援にゲリラ的に駆け付け「ファイヤー!」と叫ぶとみられる。大仁田氏は「離党後は『夏休みでも選挙に行こう!』というキャンペーンを展開するつもり。政党にこだわらず、いい候補者は応援していきたい」と話した。プロレスラーの大仁田氏は01年の参院選比例代表に出馬し初当選した。

 なんじゃそりゃ(苦笑)。大仁田に応援演説頼む候補者なんているのかね?

その他プロ格関連のニュースはコチラ
 
posted by ジーニアス at 00:28
"小橋建太インタビュー「みなさんの希望の星になりたい」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索