2020年05月20日

ハビブ・ヌルマゴメドフ「父は新型コロナウイルスに感染していた」/一時昏睡状態から脱するも再び昏睡状態に

ハビブ・ヌルマゴメドフの父親が昏睡状態/コナー・マクレガー「彼の回復を祈ってる」(2020年05月16日)

 こちらの続報。ハビブ・ヌルマゴメドフの父親でありトレーナーでもあるアブドゥルマナプ・ヌルマゴメドフがモスクワで心臓手術後に昏睡状態になりましたが、


Khabib Nurmagomedov says COVID-19 behind father's health crisis, urges people to stay home(MMAJunkie)

この投稿をInstagramで見る

Khabib Nurmagomedov(@khabib_nurmagomedov)がシェアした投稿 -



 アブドゥルマナプ・ヌルマゴメドフ新型コロナウイルスによる肺炎で心臓手術を受けたものの、昏睡状態からは脱したとのこと。ハビブはインスタグラムで以下のコメント。

「近親者の20人以上が新型コロナウイルスに苦しんで集中治療を受けなければいけなかった。その中の何人かはもう我々と一緒ではない。父についてはとても応援してもらってるし、多くの人たちから病状を聞かれた」

「父はまだ入院している。新型コロナウイルスによる心臓の合併症を患っていた。昨年心臓の手術を受けて、今回2度目の手術を受けた。今も状態は悪い。それが今言えることの全てだ」

「みんなの応援、願い、祈りに感謝したい。全てが上手くいくことを願っている。安全と健康に注意して欲しい。どうもありがとう」



 しかしその後ロシアの国営メディアによるとアブドゥルマナプ・ヌルマゴメドフは再び昏睡状態に陥ったとのこと。



posted by ジーニアス at 07:09
"ハビブ・ヌルマゴメドフ「父は新型コロナウイルスに感染していた」/一時昏睡状態から脱するも再び昏睡状態に"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索