2020年03月31日

ハビブ・ヌルマゴメドフ「ロシアから出国できない」「『UFC 249』は俺抜きでやるかも」

デイナ・ホワイト『UFC 249: Khabib vs. Ferguson』の開催地はまだ言えないが無観客試合になるだろう(2020年03月26日)

 こちらの続報。

Frozen out: Khabib Nurmagomedov says he's stuck in Russia and UFC 249 could move on WITHOUT HIM(RT Sport)



 4月18日の『UFC 249: Khabib vs. Ferguson』(開催地未定)でトニー・ファーガソンを相手にライト級王座防衛戦を行う予定だったハビブ・ヌルマゴメドフがインスタグラムで以下のコメント。
「俺たちはAKA(アメリカン・キックボクシング・アカデミー)で試合に関する情報もないままトレーニングをしていた。どこでどうやるのかも分からなかった。それからUFCはアメリカでやることは100%ないと言ってきた。そして、99%UAE(アラブ首長国連邦)のアブダビでやるとのことだった」

「UFCと話をした後、試合の1ヶ月前にUAEに飛ぶことを決めた。生活な日付は覚えてないが、3月19日か20日だった。だが俺たちがUAEに着陸した時に国は国境を封鎖し居住者を以外誰も出入りできなくなることを知った」

「俺たちはロシアに飛ぶしかなかった。今はダゲスタンにいて毎日トレーニングと準備をしているが、もう何を準備しているのかも分からない。ロシアも国境を封鎖することが分かったからだ。アメリカも、ヨーロッパも、UAEも、どこであろうと、今は全世界が隔離されている」

「よって現在UFCは俺の出場の有無に関わらず大会をまとめようとしていると聞いている。OK、前進しよう。法律には従うべきだし、それに歯向かうつもりもない。ファイターは金を受け取り家族を養う必要がある。それがどれだけハードかは知ってるし、試合をしないと金は貰えない」

「UFCはトニー・ファーガソンの対戦相手を探しているとも聞いている。彼はアメリカにいるし俺はロシアにいるからな。だがこれは俺の意志じゃない。UFCは100%アメリカではやらないと言ってるし、UAEでなかったとしても大西洋のこっち側でやるだろう。俺たちはUFCといろいろ話し合ったし、その時点でAKAで5週間のハードトレーニングをしていた」

「今は何が起きているのかも分からない。全世界が封鎖されて何のための準備をしているのかも分からないまま、練習と減量をするのは本当にハードだ。だが、俺のキャリアで壁にブチ当たるのはこれが初めてじゃない」

 デイナ・ホワイトは何が何でもやると宣言していましたが、5度目の中止でしょうか。




posted by ジーニアス at 19:07
"ハビブ・ヌルマゴメドフ「ロシアから出国できない」「『UFC 249』は俺抜きでやるかも」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索