2019年12月15日

ベン・ロズウェル「正直言って俺は危うい立場だった」「ステファン・シュトルーフにはできるかぎり謝りたい」

Ben Rothwell apologetic, but happy, after controversial win at UFC DC: 'I was on the chopping block'(MMAJunkie)

 『UFC on ESPN 7: Overeem vs. Rozenstruik』でステファン・シュトルーフに2R TKO勝ちしたベン・ロズウェルが以下のコメント。急所蹴りを2回して1ポイント減点された後の勝利だったので物議を醸しましたが…

「冷静なスピーチをしたし、その準備はできていた。大いに物議を醸すことは分かっていた。それだけにベストを尽くして敬意を払って観客に語りかけた。観客に反感を買われたら嬉しい気分にはならない」

「減点もされたし、セコンドがここで止めといた方がいいと繰り返し言ってるのが聞こえたので落ち込んでいた。だが彼の様子を見て試合を続けてくれると確信していた」

「正直言って俺は危うい立場だった。3試合連続で判定負けしていたし、フィニッシュこそされてないものの、4連敗するわけにはいかなかった。それだけに重要な試合だった」

「ステファン・シュトルーフにはできるかぎり謝りたい。次に進まないといけない。次はもっと良い試合をしたい」




posted by ジーニアス at 07:47
"ベン・ロズウェル「正直言って俺は危うい立場だった」「ステファン・シュトルーフにはできるかぎり謝りたい」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索