2019年12月05日

12.21『UFC Fight Night 165』ジョン・チャンソン戦を負傷欠場するブライアン・オルテガが声明を発表「前十字靭帯を部分断裂してしまった」

無念! ブライアン・オルテガが12.21『UFC Fight Night 165』ジョン・チャンソン戦を負傷欠場(2019年12月05日)

 こちらの続報。

この投稿をInstagramで見る

2020

Brian Ortega(@briantcity)がシェアした投稿 -



 12月21日に韓国・釜山で開催する『UFC Fight Night 165: Ortega vs. The Korean Zombie』のメインイベントで予定されていたジョン・チャンソン戦を負傷欠場するブライアン・オルテガがインスタグラムで以下のコメント。

「練習中に前十字靭帯を断裂して韓国で試合ができなくなった。不幸中の幸いだったのは部分断裂だったのですでにリハビリを始めているし、2~3ヶ月後には100%に回復しているだろう。ファン、コリアンゾンビ、UFCを失望させたくなかったので無理にでも試合をしようと考えたが、ドクターから試合中に完全断裂するリスクが高いし、そうなると1年間棒に振ることになると言われた。みんなには申し訳ないが、すぐにこの問題に対処しないといけない。だが2020年には挽回することを約束するよ」




posted by ジーニアス at 18:20
"12.21『UFC Fight Night 165』ジョン・チャンソン戦を負傷欠場するブライアン・オルテガが声明を発表「前十字靭帯を部分断裂してしまった」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索