2019年11月27日

1.18 UFCラスベガス大会がコナー・マクレガー復帰戦の消滅によりナンバーシリーズからFight Nightシリーズに変更

コナー・マクレガー「1月18日のUFCラスベガス大会で復帰する」「来年は3試合したい」「モスクワでヌルマゴメドフと再戦したい」(2019年10月24日)

 こちらの続報。


Uh-oh, Conor McGregor’s big January comeback event doesn’t exist on UFC.com(MMAmania)

 UFCが1月18日にラスベガスで開催する大会が当初ナンバーシリーズを予定していたもののFight Nightシリーズに変更されるとのこと。『UFC Fight Night 166』になります。コナー・マクレガーは同大会で復帰すると宣言していましたが、結局消滅したようです。同大会でモーリス・グリーンと対戦するアレクセイ・オレイニクがツイッターに契約書をアップしていますが、そこには『UFC Fight Night』との記述があります。

 これにより2月8日にテキサス州ヒューストンで開催され、ジョン・ジョーンズ vs. ドミニク・レイエスのライトヘビー級タイトルマッチやヴァレンティーナ・シェフチェンコ vs. ケイトリン・チューケイジアンの女子フライ級タイトルマッチなどが予定されている大会は『UFC 247』になると見られていましたが、『UFC 246』になります。



posted by ジーニアス at 08:09
"1.18 UFCラスベガス大会がコナー・マクレガー復帰戦の消滅によりナンバーシリーズからFight Nightシリーズに変更"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索