2019年11月01日

『UFC Fight Night 162』の結果を受けて公式サイトがランキングを更新

Athlete Rankings(UFC.com)

 『UFC Fight Night 162: Maia vs. Askren』の結果を受けてUFC公式サイトがメディア投票ランキングを更新。

・フライ級はセルジオ・ペティスのベラトール移籍により5位以下の選手が1ランクずつアップ。ランク外にいたハウリアン・パイヴァが15位にランクインしています。

・バンタム級は8位にいたドミニク・クルーズが3年近く欠場していることからランク外にダウン。15位にいたトーマス・アルメイダも2年近く欠場していることからランク外にダウン。これによりマルロン・ヴェラが14位、ケイシー・ケニーが15位にランクインしています。

・ウェルター級はデミアン・マイアが4ランクアップし6位。マイアに敗れたベン・アスクレンが2ランクダウンし13位。

・ヘビー級はセルゲイ・パブロビッチが1ランクアップし13位。パブロビッチに敗れたモーリス・グリーンが1ランクダウンし14位。



posted by ジーニアス at 23:06
"『UFC Fight Night 162』の結果を受けて公式サイトがランキングを更新"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索