2019年10月09日

Bare Knuckle FCと契約したヴァンダレイ・シウバがビクトー・ベウフォート戦をアピール

ヴァンダレイ・シウバがBare Knuckle FCと契約(2019年10月09日)

 こちらの続報。


Wanderlei Silva calls out Vitor Belfort for bare-knuckle fight(BJPenn.com)

 Bare Knuckle FCと契約したヴァンダレイ・シウバがコメント。それによると10月19日にフロリダ州タンパで開催する『Bare Knuckle FC 8』に招待されているとのこと。また、Bare Knuckle FCを全てのスポーツの遺恨を解決する完璧なステージだと絶賛しており、ビクトー・ベウフォート戦をアピールしています。

 両者は1998年10月の『UFC 17.5』で対戦しており、この時はベウフォートが僅か44秒でTKO勝ちしています。その後2012年6月の『UFC 147』で再戦する予定でしたがベウフォートが負傷欠場、代わりにリッチ・フランクリンがシウバと対戦しフランクリンが判定勝ちしています。

 なお、ベウフォートは最近ONE Championshipと契約したことから、対戦は難しいと思われます。シウバも実はBellatorとの契約が残っているとのことですが、Bare Knuckle FCへの出場は許可されるという認識だそうです。



posted by ジーニアス at 04:51
"Bare Knuckle FCと契約したヴァンダレイ・シウバがビクトー・ベウフォート戦をアピール"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索