2019年09月15日

『Bellator 226』ライアン・ベイダーがランペイジの乱闘騒ぎについてコメント

『Bellator 226: Bader vs. Kongo』メインイベント終了後にランペイジが乱闘騒ぎを起こす(動画)(2019年09月09日)

 こちらの続報。


Ryan Bader gives his side of Bellator 226 near-brawl with 'Rampage' Jackson(MMAJunkie)

 シーク・コンゴとのヘビー級王座防衛戦がノーコンテストに終わった後にクイントン“ランペイジ”ジャクソンが乱闘騒ぎを起こした件についてライアン・ベイダーが以下のコメント。

「俺は彼に対し『またやりたいのか?』と言った。間違いなくスーパーヘビー級の試合になるだろうな。もちろんやってやるよ。だろ? シーク・コンゴよりも楽な試合だよ」

「試合が終わったらデブ野郎がゲートを開けてやって来た。そして『わざと(アイポークを)やっただろう』みたいなことを言ってきた。彼は俺とやる気だったようだが、俺は何が起きてるのかよく分からなかった」

「彼は俺に近づいて『クソッタレ』とか色々言ってきた。俺はケージの真ん中で『やろうぜ』と言ったが、彼は俺の親父やみんなに押さえつけられた。そんなところだ」

「俺がわざとやっただと? 俺は勝ってたし、彼がそう思ってるのならノーだよ」




posted by ジーニアス at 00:54
"『Bellator 226』ライアン・ベイダーがランペイジの乱闘騒ぎについてコメント"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索