2019年09月15日

ライアン・ベイダー「シーク・コンゴにアイポークはしていない、鼻を突いたと思ってる」

Ryan Bader believes eye poke of Cheick Kongo actually landed on his nose(MMAJunkie)

 『Bellator 226: Bader vs. Kongo』で行われたヘビー級王座防衛戦でシーク・コンゴへのアイポークによりノーコンテストになったライアン・ベイダーが以下のコメント。

「スローモーションでリプレイする必要がある。本当にアイポークだったら最低だが、わざとじゃない。俺は鼻を突いてしまったと思っているが、彼が目を突かれたと主張した」

「あと2分もあればフィニッシュできたし、彼もそれを感じていた。だんだん力が落ちていた。ビデオを見れば分かることだが、俺が突いたのは鼻だし、彼は目を突かれたふりをした。不運なことが起きてしまった」

「ライトヘビー級のベルトも防衛する義務があると思ってる。ヘビー級は楽しかったが、両方のベルトを防衛していかないといけない。ベラトールの要求には全て応じてきたし、選り好みはしてこなかった」




posted by ジーニアス at 00:17
"ライアン・ベイダー「シーク・コンゴにアイポークはしていない、鼻を突いたと思ってる」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索