2019年07月09日

『UFC 239: Jones vs. Santos』メディカルサスペンション/ジョン・ジョーンズ、チアゴ・サントスら最大半年間出場停止が続出

UFC 239 medical suspensions: Jon Jones, Thiago Santos face long terms(MMAJunkie)

 ネバダ州アスレチックコミッションが『UFC 239: Jones vs. Santos』のメディカルサスペンションを公表。

・ジョン・ジョーンズが左足の負傷によりレントゲン検査をクリアするまで最大2020年1月3日まで出場停止。

・チアゴ・サントスが左手と左膝の負傷によりレントゲン検査とMRI検査をクリアするまで最大2020年1月3日まで出場停止。

・ルーク・ロックホールドが口内と左顎の負傷により医師の診察をクリアするまで最大2020年1月3日まで出場停止。

・マイケル・キエサが左手の負傷によりレントゲン検査をクリアするまで最大2020年1月3日まで出場停止。

・クラウディア・ガデーリャが右手の負傷によりレントゲン検査をクリアするまで最大2020年1月3日まで出場停止。

・ランダ・マルコスが左手の負傷によりレントゲン検査をクリアするまで最大2020年1月3日まで出場停止。

・ソン・ヤードンが右足と左膝の負傷によりレントゲン検査とMRI検査をクリアするまで最大2020年1月3日まで出場停止。

 その他の選手は2ヶ月間以内です。ベン・アスクレンは9月5日まで出場停止でした。



posted by ジーニアス at 17:35
"『UFC 239: Jones vs. Santos』メディカルサスペンション/ジョン・ジョーンズ、チアゴ・サントスら最大半年間出場停止が続出"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索