2019年06月20日

ヘンリー・セフード「ヘビー級と同等のファイトマネーが欲しい」

Henry Cejudo: ‘I feel like I’m the face of the UFC now and I want to get paid’ (MMAFighting)

 『UFC 238: Cejudo vs. Moraes』でマルロン・モラエスに3ラウンドTKO勝ちしフライ級&バンタム級の2階級チャンピオンになったヘンリー・セフードが以下のコメント。

「デイナ・ホワイトと会う必要があるな。ヘビー級と同等のファイトマネーを手にするためにも会って話し合いたい。今は俺がUFCの顔だと思うし、それに相応しい金額が欲しい」

「デイナは最高だし、俺にも本当に良くしてくれる。悪くいうところは何もない。だが俺はヘビー級マネーが欲しいし、この業界を変えたい」

「ドミニク・クルーズやユライア・フェイバーとの対戦アピールしたのは彼らがレジェンドだからだ。俺はビッグファイトがしたい。レジェンドと暴れたい。レジェンドキラーになりたい。ドミニク・クルーズ戦なんてエキサイティングじゃないか?」




 また、ヘンリー・セフードはマルロン・モラエス戦の5日前に右足首を捻挫した状態で試合をしていたそうです。



posted by ジーニアス at 20:27
"ヘンリー・セフード「ヘビー級と同等のファイトマネーが欲しい」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索