2019年06月04日

フジテレビ『RIZIN.16』の平均視聴率は6.9%、『ポツンと一軒家』19.2%、『イッテQ!』16.7%/フジテレビが那須川 vs. ブランコの不手際を謝罪

「RIZIN.16」視聴率は6・9%…那須川試合中のCMでダウン場面映らず批判も(スポーツ報知)
 フジテレビが2日に生中継した格闘技イベント「RIZIN.16」(後7時)の平均視聴率が6・9%だったことが3日分かった。

 RIZINが関西に初上陸。オープニングマッチからKOが連続し、全14試合中7試合のKO決着が生まれた。キックボクシング界の“神童”那須川天心(20)=TARGET=がISKA世界フェザー級の新王者に輝き、浜崎朱加(37)=AACC=もRIZINのベルトの防衛に成功。山本KID徳郁さん(享年41)の姉・山本美憂(44)とその息子・山本アーセン(22)=KRAZY BEE=が同じ大会で初めて親子そろっての勝利を挙げるなど会場に訪れた8107人のファンを魅了した。

 一方、中継では那須川とISKA世界バンタム級王者のマーティン・ブランコ(30)=アルゼンチン=との試合中にCMを入れたため、那須川が1度目のダウンを奪ったシーンが放送されないアクシデントがあった。

 決定的な場面が放送されなかったことでネット上では批判が相次ぎ、RIZINの榊原信行CEO(55)は試合後、自身のツイッターで「地上波放送の肝心なシーンでCMに入ってしまい申し訳ありませんでした。今回の大会で得た貴重な経験とファンの皆さんからの叱咤激励に対して真摯に向き合い、より良い大会運営を目指します」などと謝罪した。

 19時放送開始と1時間早めた効果かアップしています。

「イッテQ」高視聴率16・7%マーク、みやぞん番組ロケ骨折発表後、初の放送(スポニチ)
 2日放送の日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)の平均視聴率が16・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが3日、分かった。

 お笑いタレントみやぞん(34)が番組ののインドロケで足首を骨折し全治約2カ月の重傷を負ったと同局が5月28日に発表してから初めての放送。この日は「デヴィ夫人&出川哲朗&河北麻友子のノーチャラ生活inフィリピン」などが放送された。

 同時間帯に放送された番組は、NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(日曜後8・00)は8・5%、テレビ朝日「ポツンと一軒家」(日曜後7・58)は19・2%、TBS「坂上&指原のつぶれない店SP」(日曜後6・30)は6・9%、テレビ東京「閉店セールの売れ残り全部売ります!」(日曜後7・54)は5・1%、フジテレビ「RIZIN・16」(日曜後7・00)は6・9%だった。

 今年は大河ドラマが弱いですが、代わりに台頭してきたのが「ポツンと一軒家」。「イッテQ!」は全盛期より落ち着いたとはいえ相変わらず強いです。



 フジテレビが那須川天心 vs. マーティン・ブランコで起きた不手際を謝罪しています。



posted by ジーニアス at 11:40
"フジテレビ『RIZIN.16』の平均視聴率は6.9%、『ポツンと一軒家』19.2%、『イッテQ!』16.7%/フジテレビが那須川 vs. ブランコの不手際を謝罪"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索