2019年05月21日

6.22『1000万円シリーズスペシャルマッチ 那須川天心VS亀田興毅』記者会見動画



 6月22日に生中継される『1000万円シリーズスペシャルマッチ 那須川天心VS亀田興毅』の記者会見動画。


亀田興毅、12歳下の“神童”那須川天心戦に気合「これがホンマに最後やから」父のセコンド希望(オリコン)
 これまで同局では、興毅と弟の大毅(ボクシング)、朝青龍(相撲)など“著名アスリートに勝ったら1000万円”という企画を放送し、大きな反響を呼んできた。その第4弾として“神童”の天心が登場(ルールは「AbemaTV」特別ボクシングルール)。今月18日に行われた特番で、挑戦者2名と戦って見事に勝利を収めた天心が、次なる相手として興毅を迎えることが決まった。

 会見には、同局制作局局長の藤井琢倫氏も出席。対戦が実現した経緯について「18日に行われた那須川選手企画の前の5月初旬に、亀田選手が『オレが対戦したら良かったかな(笑)』と発信をされていたので、すぐさま双方にオファーをして快諾いただきましたので、実現いたしました。ルール、安全面に配慮したAbemaルールで実施予定です」と明かした。

 この日の会見にサングラスをかけて登場した興毅だが、おもむろにサングラスを外すと「天心くんがメイウェザーとやったじゃないですか。すごいなと思って。階級も3つくらい上のチャンピオンに挑んで、ほんまにすごいなと。これから格闘技界を盛り上げていく選手やと思うから、純粋に自分も格闘技界の人間としてずっと前から見ていましたよ」と実績を絶賛。「自分も引退している選手やから、年齢も一回り違うし。ちょうど寅年で、干支も一回り違うから。時代も感じるなと。格闘技界の枠を超えた闘いに興味もあるやろうし、試合までにもっともっと盛り上げていけたら」と語った。

 昨年11月に2度目の現役引退を発表していたが「コンディションね。まぁーでもがんばりますよ。またちょっと禁酒せなあかんから。引退してからずっと飲んで、親父からも怒られているんですよ。禁酒生活始めて、ちょっとハイボールが恋しい」とにっこり。「プロである以上、それなりの体を作って上がらないとカッコ悪いので、仮にも世界チャンピオンになった人間やから、ボクサーとして、世界チャンピオンとして恥ずかしくない試合をしないといけない」と意気込んだ。

 天心選手への印象については「天心くんはキックボクサーでボクシングをやるということで、何をなめてんのかなと思っていたんですよ。試合とか見ていて、この前の企画を見ていたけど、意外と強いなと。なめとったらあかんな」と高く評価。「ボクシングのレベルも高いし、自分だってこのままやったらリスクがあるから、しっかり鍛えとかなあかんなと。自信がなかったら、ここに来ないですからね」と自信をにじませた。

 亀田興毅は勝てば1000万円を獲得できるそうです。



posted by ジーニアス at 18:50
"6.22『1000万円シリーズスペシャルマッチ 那須川天心VS亀田興毅』記者会見動画"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索