2019年05月09日

『UFC 236: Holloway vs. Poirier 2』のPPV契約数はプラットフォーム変更の影響で大惨敗か

Report: UFC 236 may have come in under 100k buys as first ESPN+ PPV event(BloodyElbow)

 Wrestling Observerによると東部時間4月13日午後10時から生中継された『UFC 236: Holloway vs. Poirier 2』のPPV契約数は10万件以下と推定されているとのこと。過去15年間のワーストは『UFC 224: Nunes vs. Pennington』の推定8万5000件で、今回がワースト2位になると見られています。

 これまではCATVでの購入でしたが、今回からはESPN+経由でパソコンやアプリからしか購入できなかったことが影響していると見られています。しかもESPN+(月額4ドル99セント)の会員でないと購入できなかったこともハードルを上げてしまったようです。日本で例えると突然DAZN経由になり、しかもDAZN会員ではないと購入できなくなくなった感じでしょうか。これまで通りCATVで生中継していれば少なくとも20万件は購入されてただろうと見られています。



posted by ジーニアス at 19:24
"『UFC 236: Holloway vs. Poirier 2』のPPV契約数はプラットフォーム変更の影響で大惨敗か"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索