2019年04月18日

マックス・ホロウェイ「ダスティン・ポイエーはもっと前からベルトを巻くべき人だった」



 『UFC 236: Holloway vs. Poirier 2』でダスティン・ポイエーとのライト級暫定王座決定戦で判定負けしたマックス・ホロウェイがツイッターで以下のコメント。

「人生は滑り台とハシゴの連続だ(浮き沈みの連続だ)。次の大きなハシゴに上るために滑り降りなきゃいけないこともある。そういうことだ。我々は今後も遊び続け、闘い続ける。ダスティンとジョリー(ポイエーの妻)はおめでとう。もっと前からベルトを巻くべき人だった。ダイアモンド(ポイエーのニックネーム)は永遠に」

 これに対しダスティン・ポイエーは以下のコメント。

「ありがとう、マックス。君こそチャンピオンだ。あんなバトルを共有できて光栄だよ」


007/ダイヤモンドは永遠に [Blu-ray]
posted by ジーニアス at 02:18
"マックス・ホロウェイ「ダスティン・ポイエーはもっと前からベルトを巻くべき人だった」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索