2019年03月31日

『ONE Championship 92: A New Era』速報

ONE Championship OFFICIAL BOOK A NEW ERA


ONE : A NEW ERA -新時代-(バウトレビュー)

ONE Championship『ONE:A NEW ERA IN TOKYO』(イーファイト)

 上記を参照。以下、速報です

第1試合 ライト級(77.1kg)5分3R
ユン・チャンミン(韓国)
バラ・シェッティ(インド)


 1ラウンド。ユン左ロー、関節蹴り。左ローもシェッティの急所にヒット。休憩後再開。ユンワンツー。シェッティ左ロー。ユンワンツー。ジャブ。右フック。前蹴り。ワンツー。テイクダウン、サイドを取る。アームロックは外れるもパスしてマウント。ユンパウンド、鉄槌、肘打ち。シェッティたまらず反転、ユンバックからチョーク! シェッティ止めた!

 1ラウンド4分16秒、リアネイキッドチョークでユン・チャンミン勝利。


第2試合 ムエタイ(肘有り・4オンスグローブ着用)バンタム級(65.8kg)3分3R
パニコス・ユーサフ(キプロス)
モハメド・ビン・マフムード(マレーシア)


 3ラウンド終了、判定3-0でパニコス・ユーサフ勝利。


第3試合 フェザー級(70.3kg)5分3R
アンソニー・アンゲレン(オランダ)
ゲイリー・トノン(米国)


 1ラウンド。アンゲレン右ローもトノンカウンターのテイクダウン、ハーフガード。トノンパウンド。パスしてマウント。トノンパウンド。アンゲレン反転し亀に。トノンなおもパウンド、膝蹴り、肘打ち。アンゲレン立つもトノンすかさず再度テイクダウン、ハーフからパウンド連打。アンゲレン反転、トノンバックからパウンド、鉄槌、パウンド! レフェリー止めた!

 1ラウンド4分12秒、ゲイリー・トノンTKO勝ち。


第4試合 アトム級(52.2kg)5分3R
V.V Mei[山口芽生](RIKI GYM/和術慧舟會GODS/HybridFighter/Team Teppen/元王者)
クセニヤ・ラチコワ(ロシア)


 1ラウンド。ラチコワ左ハイ。ジャブ。Mei右ロー。ラチコワジャブ。Meiクリンチ、離れる。パンチが交錯。ラチコワジャブ。左ハイ。左ロー。ジャブ。左ロー。ワンツー。Mei片足タックル、金網に押し込む。クリンチアッパー。膝蹴り。ラチコワ入れ替えて肘打ち。Meiさらに入れ替えるもラチコワテイクダウン、深追いせず離れる。Mei右ロー。右フックからタックルもラチコワが金網に押し込む。Mei膝蹴り。離れる。Mei右フック。ラチコワカウンターのテイクダウン。ラウンド終了。

 2ラウンド。Mei右フック。ラチコワ左ミドル、左ロー。ワンツー。左ロー。Meiワンツーからタックル、金網に押し込む。テイクダウン、クローズドガード。ラチコワ下からアームバーもMei外してパウンド、鉄槌。ラウンド終了。

 3ラウンド。Mei前に出る、打ち合い。ラチコワワンツー。Mei右ストレート。ラチコワジャブ。Mei右ストレート。ラチコワ右フック。Mei右フック連打。テイクダウン、クローズドガード。Mei鉄槌。ラチコワ三角狙いもMei外してパス、ハーフからパウンド。さらにパスしてマウントからアームバー! ラチコワタップ!

 3ラウンド3分18秒、アームバーでV.V Mei勝利。


第5試合 キックボクシング(4オンスグローブ着用)フライ級(61.2kg)3分3R
秋元皓貴(イヴォルブMMA/元WBCムエタイ日本フェザー級王者)
ヨセフ・ラシリ(イタリア)


 3ラウンド終了、判定2-0でヨセフ・ラシリ勝利。


第6試合 ムエタイ(肘有り・4オンスグローブ着用)フライ級(61.2kg)3分3R
ロッタン・ジットムアンノン(タイ/元ルンピニー認定スーパーフェザー級1位、元ラジャダムナン同級1位)
ハキム・ハメッシュ(アルジェリア)


 3ラウンド終了、判定2-1でロッタン・ジットムアンノン勝利。


第7試合 ONEフライ級(61.2kg)GP一回戦(Bブロック)5分3R
カイラット・アクメトフ(カザフスタン/元ONE王者)
リース・マクラーレン(オーストラリア)


 1ラウンド。アクメトフはサウスポー。マクラーレンはスイッチスタンス。アクメトフプレッシャー掛ける。クリンチから膝蹴り、離れる。アクメトフ左ロー。マクラーレン右ハイ。片足タックルに行くもアクメトフ離れる。アクメトフワンツー。マクラーレン右ミドル、アクメトフキャッチし膝蹴り、離れる。アクメトフ左フック。マクラーレン右ロー。右ロー連打。アクメトフ左フック。マクラーレンサイドキック。アクメトフクリンチ、離れる。マクラーレン右フック。ソバットもアクメトフカウンターの左フック! マクラーレンダウン! すぐ立つ。アクメトフワンツー。マクラーレン跳び膝もアクメトフキャッチしテイクダウン、クローズドガード。マクラーレン下から肘打ち。ラウンド終了。

 2ラウンド。マクラーレンジャブ、左右ロー。タックル、金網に押し込む。離れる。ジャブの応酬。マクラーレン左ロー、ジャブ、右ミドル。アクメトフワンツー。クリンチ、離れ際にマクラーレンがアクメトフにアイポーク。再開。アクメトフ左フック。ワンツー。マクラーレンタックルも切られる。マクラーレン左ロー。アクメトフワンツー、ワンツー。マクラーレン前蹴り。左ロー。ジャブ。タックルも切られる。アクメトフ右フック。マクラーレンジャブ、ワンツー、左ロー。ジャブ。アクメトフ左フック。左フック。マクラーレン左フック。アクメトフ左フック。マクラーレンジャブ、左ロー。ジャブ、左ローもアクメトフキャッチしテイクダウン、マクラーレンすぐ立つ、アクメトフなおも金網に押し込む。ラウンド終了。

 3ラウンド。マクラーレン右ロー。クリンチ、離れる。アクメトフ右ミドル、ワンツースリー。右ミドル、ワンツー。右ミドル、右フック。マクラーレン左ローもアクメトフカウンターのタックル、金網に押し込む。互いに膝蹴り、離れる。マクラーレン左ロー。アクメトフ右ロー。ワンツー。マクラーレン左ロー、アクメトフ左フック。右フック。マクラーレンジャブ連打。左ロー。アクメトフワンツー、膝蹴り。マクラーレン左ロー、アクメトフワンツー、右ロー、左フック。マクラーレン左フック。アクメトフ左フック。ワンツー。マクラーレン片足タックルもアクメトフがぶる、離れる。アクメトフ左フック。マクラーレンタックル、金網に押し込む。膝蹴り、ワンツー。アクメトフ膝蹴り。激しい打ち合い。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0でカイラット・アクメトフ勝利。


第8試合 ONEフライ級(61.2kg)GP一回戦(Bブロック)5分3R
仙三(パラエストラ松戸/パンクラス・フライ級王者)
ダニー・キンガド(フィリピン)


 1ラウンド。キンガド左右ロー。仙三のジャブとキンガドのローが交錯。キンガド右ロー、仙三ダウンもすぐ立つ。仙三右フック、キンガドテイクダウン、バックを取る。キンガドチョーク狙いも仙三ディフェンス。仙三反転しトップを取る、パウンド。しかしキンガド下から組み付く、金網に押し込む。仙三側頭部に肘打ち。キンガドテイクダウン、サイドを取る。仙三立つ、金網に押し込む。仙三肘打ち、激しい打ち合い、キンガドテイクダウン、仙三脱出、スタンドに戻る。キンガド右ロー。ラウンド終了。

 2ラウンド。キンガド右フック。ソバット。右ロー。仙三右フック。ワンツー、キンガドワンツー。仙三ジャブ。右フック。キンガド左ロー。仙三右フック。キンガド右ロー連打。仙三右フック。左フック、右フック。キンガドソバット。仙三ワンツー。キンガドジャブ、右ロー、仙三ワンツー、右フック。ワンツー、キンガドたまらず下がる、仙三追いかけるもキンガドテイクダウン、スクランブルから仙三立つ。パンチが交錯。キンガド右ロー、左ミドル。仙三左フックもキンガドカウンターのテイクダウン、仙三立つ、離れる。仙三右フック。ラウンド終了。

 3ラウンド。キンガド左ロー。仙三ワンツー。キンガド右ロー。左ロー。左ロー。パンチが交錯、仙三バランス崩す、すぐ立つ。キンガドワンツー、なおもワンツー。テイクダウン、仙三すぐ立つ、キンガドなおも金網に押し込むも仙三バックに回り込む。仙三パウンド。キンガド振り落として脱出、スタンドに戻る。仙三ワンツー。飛び込んでワンツーもキンガド手首を取る、仙三外す。キンガド右ロー。関節蹴り。右フック。右ロー。仙三右フック。キンガドソバット、右ロー。仙三タックルからバックを取る、おんぶからチョークも試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0でダニー・キンガド勝利。


第9試合 キックボクシング(4オンスグローブ着用)72kg契約 3分3R
アンディ・サワー(オランダ)
ヨードセングライ・IWE・フェアテックス(タイ)


 2ラウンド0分51秒、ヨードセングライ・IWE・フェアテックスTKO勝ち。


第10試合 ONEライト級GP一回戦 5分3R
エディ・アルバレス(米国/元UFC王者)
ティモフィ・ナシューヒン(ロシア)


 1ラウンド。ナシューヒン左ハイ。ワンツー。右ロー。アルバレスワンツー。右ロー。ナシューヒン右ロー。ワンツー、右ハイ。左ロー。アルバレス右ローもナシューヒンキャッチしこかす、アルバレスすぐ立つ。ナシューヒンワンツー。アルバレスジャブ。ナシューヒンワンツー。ワンツー、なおもワンツー。右ハイ。アルバレスジャブ。ナシューヒン前蹴り。アルバレス右ボディ。ナシューヒン左ロー。ワンツー、アルバレスぐらつく! ナシューヒンなおも連打! アルバレスダウン! ナシューヒンパウンド! レフェリー止めた!

 1ラウンド4分05秒、ティモフィ・ナシューヒンTKO勝ち。


第11試合 ONEフライ級(61.2kg)GP一回戦(Aブロック)5分3R
若松佑弥(TRIBE TOKYO M.M.A/パンクラス1位)
デメトリアス・ジョンソン(米国/元UFC王者)


 1ラウンド。若松右アッパー。ジョンソン左ロー。タックルも若松が金網に押し込む。離れる。ジョンソン左ハイ。右フックからタックル、金網に押し込む。テイクダウン、若松すぐ立つ、ジョンソンなおも金網に押し込む。テイクダウンに行くも若松押し潰してトップを取る。ジョンソンすぐ立つ、若松なおも金網に押し込む。離れる。ジョンソンジャブからクリンチも若松が金網に押し込む。離れる。ジョンソン左ミドル。若松右ロー、ジョンソン左ロー。ジョンソン右ストレート。ジャブ。若松右ハイ。ジョンソンジャブからテイクダウン、若松金網を背にする。ジョンソンパスしてサイドを取る。膝蹴り。若松立つ、ジョンソンなおも金網に押し込む。互いに膝蹴り。

 2ラウンド。ジョンソン右ロー。若松左ボディ。若松右フック。ジョンソンタックルも切られる。ジョンソン再度タックル、今度はテイクダウン成功、ハーフガード。パスしてサイド。若松立つ、ジョンソンなおも金網に押し込む。バックを取る。ジョンソンチョークも若松反転し仰向けに。ジョンソンサイドを取る。肘打ち。若松立とうとするもジョンソンギロチンチョーク! 若松タップ!

 2ラウンド2分40秒、ギロチンチョークでデメトリアス・ジョンソン勝利。


第12試合 ONEバンタム級(65.8kg)チャンピオンシップ 5分5R
ケビン・ベリンゴン(フィリピン/王者)
ビビアーノ・フェルナンデス(ブラジル/挑戦者、元王者)


 1ラウンド。ベリンゴン右ロー。フェルナンデス片足タックル、金網に押し込むもベリンゴンバックを取りパウンド連打! 離れる。ベリンゴン右ロー連打。フェルナンデス早くも動きが鈍る。ベリンゴンソバット。ジャブ。右ロー、ワンツー。左ロー。フェルナンデス左ロー。フェルナンデス右フック! ベリンゴンぐらつく! フェルナンデスラッシュ! ベリンゴン下がる! フェルナンデスなおも連打からタックル、金網に押し込んでからテイクダウン、ハーフガード。フェルナンデス側頭部にこつこつパウンド。パスしてマウント、バックマウントからパウンドもここでラウンド終了。

 2ラウンド。ベリンゴンジャブ。左ロー。左ロー連打。右ロー。ジャブ。左ロー。フェルナンデス右ロー。ベリンゴンソバット。右フック。左ロー、ジャブ。フェルナンデス右フック。ベリンゴン左ロー、ソバット。ジャブ。フェルナンデス前蹴り。ベリンゴン関節蹴り。ソバット。フェルナンデス左ロー。左フック。片足タックルからテイクダウン、パスしてハーフ。フェルナンデス脇腹にパウンド。頭部に肘打ち、パウンド。ラウンド終了。

 3ラウンド。ベリンゴンジャブ。左ロー。フェルナンデス右ロー。片足タックルからテイクダウン、ハーフガード。ベリンゴン下から肘打ちもフェルナンデスの後頭部に2発もヒット。これは反則。フェルナンデスに回復の時間が与えられる。フェルナンデス立てない。レフェリーがベリンゴンにレッドカード。試合終了。

 3ラウンド、ビビアーノ・フェルナンデス反則勝ち。不完全燃焼ながらもバンタム級王座を奪回。


第13試合 ONEミドル級(93.0kg)チャンピオンシップ 5分5R
アウンラ・ンサン(ミャンマー/王者、ライトヘビー級王者)
長谷川賢(フリー/挑戦者)


 1ラウンド。長谷川はサウスポー。ンサン右ハイ。ジャブ。右ハイ連打。長谷川関節蹴り。左ロー。ンサン右ストレート。右ミドル。長谷川左ミドル。ンサンワンツー。右ロー。長谷川サークリング。左ハイ。ンサンワンツー、右ミドル。右ハイ。長谷川左ミドル、ンサン右ミドル、右ハイ。ワンツー、なおもワンツー、右ミドル、長谷川キャッチ、離れる。ンサン右ミドル。右フック、右ストレート。右ロー連打。右ストレート! 長谷川ダウン! すぐ立つ。ンサン右ミドル。右ハイ、ワンツー、長谷川クリンチ、金網に押し込む。離れる。長谷川左フック。ンサン右アッパー。長谷川ワンツー。ンサン右ミドル。ラウンド終了。

 2ラウンド。長谷川左ローからタックルも切られる。長谷川ジャブ。左ミドル。ンサンプレッシャー掛ける。長谷川右フック。ンサン右ミドル。ワンツー。右ハイ、ワンツー。右ハイ。ワンツー。長谷川右フック、ンサン右ミドル、右フック。長谷川ワンツー、ンサン右ミドル。右ミドル。長谷川左フック、左ミドル、ワンツー。ンサン右ミドル。ワンツー。長谷川右フック。ンサン右フック、右ミドル連打。右フック。長谷川片足タックル、金網に押し込む。スタンドの肩固めも外れる。ンサン右フック。右ミドル。右ストレート! 長谷川ダウン! ンサンパウンド! レフェリー止めた!

 2ラウンド4分41秒、アウンラ・ンサンTKO勝ち。ミドル級王座を防衛。

 ここでブランドン・ヴェラがケージに入り10月12日の両国大会でブランドン・ヴェラ vs. アウンラ・ンサンのライトヘビー級タイトルマッチが行われることを発表。


第14試合 ONE女子ストロー級(56.7kg)チャンピオンシップ 5分5R
ション・ジンナン(中国/王者)
アンジェラ・リー(シンガポール/挑戦者、アトム級王者)


 1ラウンド。リーいきなり前に出る。パンチが交錯。ワンツー。ションクリンチ、金網に押し込み膝蹴り、リー入れ替えて膝蹴り。首投げでテイクダウン、サイドを取る。ションハーフに戻す。リー立って猪木アリ状態。リーロー連打から首を抱えて膝蹴り。ションも膝蹴り、離れる。ションワンツー、クリンチ、互いに膝蹴り。離れる。ションワンツー。右ロー、パンチが交錯。ション右ロー。右フック。前蹴り。右フック、リージャブ。ラウンド終了。

 2ラウンド。ションワンツー、リーワンツー、左ロー、激しい打ち合い、リークリンチ、金網に押し込む。互いに膝蹴り。リー肘打ち、離れる。ション右ロー。ワンツー。リー右ミドル。ション前蹴り、ワンツー。リー右ロー、右フックからクリンチ、金網に押し込む。ション入れ替える、リーさらに入れ替える。ションこかす、リーすぐ立つ、ションワンツー。リー右ミドル、ションワンツー。ワンツースリー。左ロー、リー右ロー。ションワンツー。クリンチ、離れる、ション左ロー。ワンツー、なおもワンツー。ラウンド終了。

 3ラウンド。ションワンツー、ローが交錯、リークリンチ、金網に押し込む。入れ替え合戦。リーテイクダウン、クローズドガード。ション立つ、クリンチアッパーもリー再度テイクダウン、ションまた立つ、リーなおも金網に押し込む。離れる。ション前蹴り。ワンツー。サイドキック。ソバット。ワンツー、なおも連打。右ロー、ワンツー、左ミドル、ワンツー。ワンツー、なおも連打! リー左右ミドル。ション飛び込んで左右連打! クリンチ、しかしリー入れ替えて金網に押し込む。ラウンド終了。

 4ラウンド。リーワンツーからクリンチ、金網に押し込んでからテイクダウン、ハーフガード。ションクローズドに戻す。リーパスしてサイドを取る。ション脱出図る、リー手首を取ってアームバー狙い。ションロック。腕が伸びる! しかしション再びロック。リー再び腕を伸ばす! しかしポイントがずれてるのか極まらない。ラウンド終了。

 5ラウンド。ションジャブ、右ロー、ワンツー。リージャブ、ションワンツー、なおもワンツー、左ミドル連打、ワンツー! リー動きが鈍る! ションワンツー、前蹴り。ジャブ、ワンツー、左ミドル、ワンツー、サイドキック。右ボディ! リー棒立ち! ション右ミドル! ワンツー! なおも連打! レフェリー止めた!

 5ラウンド1分37秒、ション・ジンナンTKO勝ち。女子ストロー級王座を防衛。


第15試合 メインイベント ONEライト級(77.1kg)チャンピオンシップ 5分5R
エドゥアルド・フォラヤン(フィリピン/王者)
青木真也(イヴォルブMMA/挑戦者、元王者)


 1ラウンド。青木はサウスポー。プレッシャー掛けて左ハイ連打。フォラヤン右ロー。青木左ミドル。フォラヤン右ストレート。サイドキック。左ストレート。青木左ミドル連打からタックル、金網に押し込む。テイクダウン、ハーフガード。青木肩固め! かなり絞まっているがフォラヤンギブアップしない。フォラヤン落ちた!

 1ラウンド2分34秒、肩固めで青木真也勝利。ライト級新チャンピオンに。

posted by ジーニアス at 15:30
"『ONE Championship 92: A New Era』速報"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索