2019年01月31日

「平成最強だと思う日本人格闘家は誰?/重量級編」アンケート結果



 平成も終わりが近づいている。平成に活躍した格闘家では、いったい誰が「一番強かった」と記憶されるのか?これを決めるのは簡単ではない。だが編集部は思った。「階級別なら答えが出せるかもしれない……」。

 そんなわけで今回は、過去にK-1、総合格闘技の試合に出場経験のある日本人選手のみに限定し、「誰が強かったと思うか」のアンケートを実施(回答は30歳~50歳の男性100名)。ランキング形式で、まずは重量級編からお届けする。

1位 息子も強い。小川直也

2位 相撲パワーで格闘界を盛り上げた曙太郎

3位 誰もが認める男。桜庭和志

4位 引退後も活躍中の高田延彦

5位 名選手との死闘。吉田秀彦

 納得できない方も多いでしょうが、調査方法は「アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです」とのことなので、格闘技ファンではない回答者も多かったのでしょう。今のところ軽量級編はまだ発表されていません。



posted by ジーニアス at 23:16
"「平成最強だと思う日本人格闘家は誰?/重量級編」アンケート結果"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索