2019年01月31日

4.21『RIZIN.15』で堀口恭司 vs. ベン・ウィン、朝倉海 vs. 佐々木憂流迦、朝倉未来 vs. ルイス・グスタボ、キング・モー vs. イリー・プロハースカ2



 RIZINが記者会見を開き4月21日に横浜アリーナで開催する『RIZIN.15』の第1弾カードを発表しました










Ben Nguyen(Sherdog)

 朝倉海 vs. 佐々木憂流迦はツイッターで合意していたカード。海は『RIZIN 平成最後のやれんのか!』でムン・ジェフンに判定勝ち、佐々木は『RIZIN.14』でマネル・ケイプに判定勝ちして以来の試合。

 朝倉未来は『RIZIN 平成最後のやれんのか!』でリオン武に2R TKO勝ちして以来、ルイス・グスタボは『RIZIN.12』で矢地祐介に2R KO勝ちして以来の試合。矢地戦で拳を負傷したことから復帰が遅れていました。未来はライト級グランプリの試金石となる試合で今回は68キロ契約での対戦となります。

 堀口恭司は『RIZIN.14』でダリオン・コールドウェルに3Rフロントチョークで勝利し初代バンタム級チャンピオンになって以来の試合。ベン・ウィンは当サイトでは「ベン・ウェン」と紹介してきた選手。現在30歳のアメリカ人でMMA戦績16勝8敗(UFC戦績4勝3敗)。12月の『UFC Fight Night 142: dos Santos vs. Tuivasa』でウィルソン・ヘイスに判定負けして以来の試合。

 キング・モー vs. イリー・プロハースカはライトヘビー級タイトルマッチとなります。キング・モーは『Bellator 213: Macfarlane vs. Letourneau』でリアム・マクゲリーに3R TKO負けして以来の試合。RIZIN参戦は『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント 2nd ROUND』でミルコ・クロコップに2R TKO負けして以来の試合。プロハースカは『RIZIN.14』でブランドン・ホールジーに1R TKO勝ちして以来の試合。両者は2015年12月31日の『IZAの舞』で行われたヘビー級トーナメント決勝戦で対戦しており、この時はキング・モーが1R KO勝ちし優勝しています。

 また記者会見にはDEEPライト級チャンピオンの武田光司も出席し参戦が発表されましたが、対戦相手は未定です。

posted by ジーニアス at 16:49
"4.21『RIZIN.15』で堀口恭司 vs. ベン・ウィン、朝倉海 vs. 佐々木憂流迦、朝倉未来 vs. ルイス・グスタボ、キング・モー vs. イリー・プロハースカ2"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索