2019年01月30日

ハビブ・ヌルマゴメドフのマネージャーが早期復帰を否定「仲間たちの処分が明ける11月までは復帰しない」「ラスベガスでも闘わない」

『UFC 229』乱闘事件、ハビブ・ヌルマゴメドフは9ヶ月間の出場停止&罰金50万ドル、コナー・マクレガーは6ヶ月間の出場停止&罰金5万ドル(2019年01月30日)

 こちらの続報。ハビブ・ヌルマゴメドフは9ヶ月間の出場停止ですが、反イジメの公共広告に参加すれば出場停止期間が3ヶ月短縮され、早ければ4月6日以降に復帰できる可能性がありましたが、



 ハビブ・ヌルマゴメドフのマネージャー、アリ・アブドルアジズは乱闘に参加したズベイラ・ツフゴフとアブバカル・ヌルマゴメドフが1年間の出場停止処分を受けた件について不満を表明し以下のコメント。

「ハビブは兄弟分が酷い処分を受けたのでもうラスベガスでは闘わない。彼はマジソン・スクエア・ガーデンでやりたがっている。多くのファンがそこにいるし、ニューヨークは常に親切だった。彼はニューヨークで試合ができないのを寂しく感じている」

 ニューヨーク州でMMAが合法化されて以降、UFCは11月にMSG大会を開催するのが恒例化しています。その頃はズベイラ・ツフゴフとアブバカル・ヌルマゴメドフの出場停止が明けるので、それまでは復帰する意志はないとのこと。

 また、ダスティン・ポイエーはツイッターでトニー・ファーガソンかコナー・マクレガーとやるか契約を見直さない限りは試合をしないとコメントしています。



posted by ジーニアス at 23:53
"ハビブ・ヌルマゴメドフのマネージャーが早期復帰を否定「仲間たちの処分が明ける11月までは復帰しない」「ラスベガスでも闘わない」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索