2019年01月30日

『UFC 229』乱闘事件、ハビブ・ヌルマゴメドフは9ヶ月間の出場停止&罰金50万ドル、コナー・マクレガーは6ヶ月間の出場停止&罰金5万ドル



 2018年10月6日にラスベガスで開催された『UFC 229: Khabib vs. McGregor』乱闘事件の処分を決定するヒアリングが行われ、ハビブ・ヌルマゴメドフに9ヶ月間の出場停止と50万ドルの罰金が科せられることが確定したとのこと。ただし、反イジメの公共広告に参加すれば出場停止期間が3ヶ月短縮され、早ければ4月6日以降に復帰できる可能性があります。




 コナー・マクレガーには6ヶ月間の出場停止と5万ドルの罰金が科せられることが確定したとのこと。4月6日以降に復帰可能となります。




 ハビブ・ヌルマゴメドフ陣営で乱闘に参加したズベイラ・ツフゴフとアブバカル・ヌルマゴメドフは1年間の出場停止と2万5000ドルの罰金が科せられることが確定したとのこと。10月6日以降に復帰可能となります。

posted by ジーニアス at 03:19
"『UFC 229』乱闘事件、ハビブ・ヌルマゴメドフは9ヶ月間の出場停止&罰金50万ドル、コナー・マクレガーは6ヶ月間の出場停止&罰金5万ドル"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索