2019年01月29日

コナー・マクレガー&ハビブ・ヌルマゴメドフ、『UFC 229』乱闘事件のヒアリングは欠席も和解の合意書を提出予定



 1月29日に開かれるネバダ州アスレチックコミッションのヒアリングで『UFC 229: Khabib vs. McGregor』乱闘事件に関わった選手の処分が検討される予定ですが、コナー・マクレガーとハビブ・ヌルマゴメドフは出席せずに和解の合意書を提出することをLas Vegas Review-Journalが確認したとのこと。和解の条件は不明。ヌルマゴメドフのチームメイト、アブバカル・ヌルマゴメドフ、ズベイラ・ツフゴフとも和解に達したことから彼らも欠席するそうです。彼らは仮処分中ですが、和解に達したからといって何の処分も科せられないということではありません。

 また、同日にはジョン・ジョーンズのライセンス発行のヒアリングも行われる予定ですが、ジョーンズは出席予定とのこと。



posted by ジーニアス at 21:17
"コナー・マクレガー&ハビブ・ヌルマゴメドフ、『UFC 229』乱闘事件のヒアリングは欠席も和解の合意書を提出予定"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索