2018年12月31日

『RIZIN.14』速報



RIZIN.14(スポーツナビ)

 上記を参照。以下、速報です

第1試合 女子49kg契約(スーパーアトム級)(肘有り)5分3R
RENA(シーザージム/シュートボクシング世界女子フライ級(51kg)王者)
サマンサ・ジャン・フランソワ(フランス/Sausset Fight Team)


 前記事にある通りRENA欠場により中止となりました。


第2試合 70kg契約(ライト級相当)5分3R
大尊伸光(総合格闘技津田沼道場/修斗ライト級(70.3kg)世界1位・元同環太平洋王者)
トフィック・ムサエフ(アゼルバイジャン/オリオン・ファイト・クラブ)


 1ラウンド。ムサエフはスイッチスタンス。ムサエフ左ロー。左ハイ。左ロー。大尊右ロー。ムサエフソバット。左ロー。右フック。左ロー。大尊右ロー。パンチが交錯。大尊右ロー。ムサエフ左ミドル。ワンツー。大尊右フック。右ロー。ムサエフ右フック。バックスピンキックは空を切る。大尊ワンツー。ローが交錯。ムサエフ右ロー。大尊右ハイ。ムサエフソバット。右フック。左ロー、左フック。テイクダウンからパウンドもここでラウンド終了。

 2ラウンド。ムサエフ左ハイ。大尊右ロー連打。ムサエフ左ミドル、大尊右フックもムサエフテイクダウン、ロープ際でハーフガードからパウンド、鉄槌連打! レフェリー止めた!

 2ラウンド1分19秒、トフィック・ムサエフTKO勝ち。


第3試合 女子57kg契約(フライ級相当)(肘有り)5分3R
真珠・野沢オークレア(米国/フリー)
ヤスティナ・ハバ(ポーランド/Spartakus Rzeszow)


 1ラウンド。ハバジャブ。真珠左右ロー。真珠ワンツー、さらにワンツーからクリンチ、離れる。真珠ワンツー、ハバ右ストレート。真珠右ロー。パンチが交錯。真珠ワンツー、ハバダウン! 真珠トップを取るもハバ下からアームバー! しかしポイントずれて極まらない。ハバ今度は足首取って足関狙いも真珠外してバックを取る。アームバーを狙うもハバしっかりロック。ラウンド終了。

 2ラウンド。真珠前進して連打、クリンチ、離れる。パンチが交錯、真珠クリンチからテイクダウン、バックを取る。ハバ反転しトップを取る、真珠クローズドガード。真珠下からアームバー狙うもハバ外す、ハバマウントから肘打ち連打! バックに回り込むとチョーク! 真珠落ちた!

 2ラウンド3分41秒、リアネイキッドチョークでヤスティナ・ハバ勝利。


第4試合 59kg契約(肘有り)5分3R
佐々木憂流迦(フリー/元修斗環太平洋バンタム級(60kg)王者、元UFCフライ級(56.7kg)15位)
マネル・ケイプ(アンゴラ/AKAタイランド)


 1ラウンド。佐々木はレスリングシューズ着用。ケイプはスイッチスタンス。佐々木左ロー。パンチが交錯。佐々木左ミドル、ケイプキャッチ、離れる。佐々木左ミドル。ジャブ。ケイプ右フック。佐々木ジャブ。ケイプ左フック。佐々木タックル、コーナーに押し込む。テイクダウン、ケイプすぐ立つ、佐々木なおも押し込むもケイプがぶる、逆にロープに押し込む。離れる。ケイプワンツー。佐々木左ハイ。ジャブ。前蹴り、左ロー。ケイプジャブ。佐々木左ロー、左ハイ。ケイプワンツー。佐々木左ロー、左ボディ。首相撲から膝蹴り。左フック。テイクダウン、ロープ際でバックを取る。チョーク狙いも不完全で外す、ケイプスイープ、サイドを取る。ここでラウンド終了。

 2ラウンド。ケイプ右ストレート、右ハイ。パンチが交錯。佐々木足払いでダウン、ケイプトップを取るも佐々木すぐ立つ。佐々木テイクダウン、ハーフガード。佐々木バックに回り込む、チョーク狙いも不完全。佐々木今度はパウンド連打。ケイプ反転、佐々木なおもハーフでトップをキープ。ケイプ立つ、佐々木再度テイクダウン、ハーフガード。パスしてサイド、マット・ヒューズ・ポジションから肘打ち連打! しかしケイプ粘る、佐々木今度はマウント、ケイプ反転しバックマウントに、佐々木チョークに行くもケイプディフェンス。佐々木今度は鉄槌連打。ここでラウンド終了。

 3ラウンド。ジャブの応酬。クリンチ、離れる。再びジャブの応酬。佐々木左ロー。ジャブからタックルも切られる。再度タックルも切られる。ケイプ右フック。佐々木左ハイ。ケイプワンツー。佐々木左ミドル。ケイプ左フック。佐々木右ローから片足タックル、今度はテイクダウン成功、ハーフガード。佐々木パウンド。ケイプ立とうとするも佐々木膝蹴り。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0で佐々木憂流迦勝利。


第5試合 60kg契約(肘有り)5分3R
元谷友貴(フリー/DEEPバンタム級(61.2kg)王者・元フライ級(56.7kg)王者)
ジャスティン・スコッギンス(米国/レボリューションMMA)


 1ラウンド。スコッギンスはスイッチスタンス。元谷左右ロー連打。スコッギンス左ミドル。元谷左右ロー。スコッギンス右ハイ。ワンツー。元谷左右ロー。スコッギンスサイドキック。パンチが交錯、クリンチ、スコッギンスがロープに押し込む、離れる。スコッギンス右ハイ、左ロー。元谷右フック。スコッギンスジャブ、右ロー。元谷左ロー、スコッギンステイクダウン、元谷下から三角狙い。さらに下から鉄槌。徐々に絞まって行く! しかし極まらないとみるや元谷洗濯バサミに切り替える! スコッギンスタップ!

 1ラウンド3分28秒、ネックシザースで元谷友貴勝利。


第6試合 70kg契約(ライト級相当)5分3R
矢地祐介(KRAZY BEE/元修斗環太平洋フェザー級(65kg)&PXCフェザー級(65.8kg)王者)
ジョニー・ケース(米国/MMAラボ)


 1ラウンド。矢地はサウスポー。矢地左ロー。ケース右ハイ。矢地左ローもケースカウンターの右ストレート! 矢地思わずバランス崩しダウン! すぐ立つもケースすかさずテイクダウン、ハーフガード。矢地バタフライに移行。矢地立つ、ケースなおもコーナーに押し込む。矢地離れる。矢地左ミドル。左ミドル。ケースワンツースリー。右ストレート。矢地ジャブ。右フック! ケースぐらつくもタックル、コーナーに押し込む。離れる。ケース右ロー。矢地ワンツー。ケース右フック。矢地左ミドル。ケース右ハイ、ワンツー、前蹴り。矢地ワンツー。ケース右ハイ。パンチが交錯。ラウンド終了。

 インターバル。矢地の右目をドクターチェック。続行。

 2ラウンド。ケースジャブ。矢地左ハイ。左ハイ。ケースワンツー。矢地左ハイ。ケース右ロー。ワンツー。矢地右ロー。ケースワンツー。ジャブからテイクダウン、矢地バタフライガード。下から三角狙いもケース外してパウンド。矢地クローズドガード。蹴り上げ。ケースパウンド。矢地脱出、スタンドに戻る。矢地右ロー。ワンツー。左ハイ。ケース左フック。ワンツー、ワンツースリー。ジャブ。右ハイ。ワンツー。矢地右目が腫れている上に右目を上をカットし出血。レフェリー一旦止めてドクターチェックが入る。続行不能と判断され試合終了!

 2ラウンド4分47秒、ジョニー・ケースTKO勝ち。


第7試合 宮田和幸引退試合&山本“KID”徳郁メモリアルマッチ 65kg契約(フェザー級相当)(肘有り)5分3R
宮田和幸(BRAVE)
山本アーセン(KRAZY BEE)


 1ラウンド。宮田いきなりKIDばりに跳び膝に行くも山本もジャンプし受け止めてからクリンチ、山本ロープに押し込む、テイクダウン、クローズドガード。宮田下から三角狙いも山本持ち上げる! マットに叩きつけるも威力が弱く宮田再度三角狙い。山本また持ち上げて叩きつける、ようやく三角が外れる、宮田クローズドガード。山本パス狙うも宮田行かせない、再度三角絞めに。山本持ち上げて外す。宮田下からキムラロック! 山本脱出図る、宮田トップを取りなおもキムラ狙い。山本外して脱出、スタンドに戻る。山本右ロー。右ロー。宮田右ロー。ラウンド終了。

 2ラウンド。山本右ロー。右ロー、右ストレート。宮田ジャブ。左ロー。山本右ハイ。宮田ジャブ。右ロー。山本ジャブ。跳び膝から右ストレート! さらにテイクダウン、ハーフガード。宮田クローズドに戻す。山本パウンド、肘打ち。立とうとする宮田に膝蹴り、宮田再度クローズドガード。宮田下から変形のアームロック! 山本の肩と肘が凄い角度で曲がってる! 山本粘るもタップ!

 2ラウンド3分23秒、アームロックで宮田和幸勝利。


第8試合 女子51kg契約 5分3R
長野美香(CORE王子豊島)
山本美憂(KRAZY BEE/SPIKE 22)


 1ラウンド。サウスポー同士。山本左フック、左フック、左右連打、離れる。山本ワンツー。長野タックル、山本切ってバックを取りパウンド連打、膝蹴り、パウンド、鉄槌、横殴りのパウンド! 長野必死に足にしがみつくも山本パウンド、鉄槌を打ち続ける。ラウンド終了。

 2ラウンド。ジャブの応酬。長野タックル、山本切って膝蹴り、トップを取る。ハーフガード。長野クローズドに戻す。ラバーガードから三角狙いに行くもブレイク。山本左フック。ジャブ。ジャブの応酬が続く。山本ワンツーからタックル、コーナーに押し込む。テイクダウンもここでラウンド終了。

 3ラウンド。山本いきなり前蹴り。ジャブが交錯。長野ワンツー。ジャブ。山本ジャブ。ジャブが交錯。長野タックル、山本切って膝蹴り。脇腹にパウンド、肘打ち。頭部にパウンド。パスしてハーフ。山本なおもパウンド。長野クローズドに戻す。ラバーガードに移行もブレイク。山本ジャブ。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0で山本美憂勝利。


第9試合 70kg契約(ライト級相当)(肘有り)5分3R
ダロン・クルックシャンク(米国/ミシガン・トップチーム)
ダミアン・ブラウン(オーストラリア/インテグレイテッドMMA)


 1ラウンド。ダロン左ロー、ワンツー、右ハイ。ダロン突っ込むもブラウンタックル、ダロン切って離れ際に左ハイ。ブラウンワンツー。ダロンバックハンドブロー、跳び膝からクリンチ、コーナーに押し込む。離れる。ダロン左ミドル。右ボディ。ブラウン右ローで足払い、ダロンすぐ立つ。ダロン逆に右ローで足払い、ブラウン立つ、ダロン首を抱える、離れる。ブラウンジャブ。右ロー、ダロン右ストレート。右ロー。ジャブ。ブラウン左ハイ、ダロンバックハンドブロー、バックスピンキック。前蹴り。ブラウン左ハイ。ダロンタックルもブラウン引き込んでギロチンチョーク! ダロンタップ!

 1ラウンド4分10秒、フロントチョークでダミアン・ブラウンで勝利。


第10試合 女子102.5kg契約(肘有り)5分3R
ギャビ・ガルシア(ブラジル/アライアンス柔術/チーム・ギャビ・ガルシア)
バーバラ・ネポムセーノ(ブラジル/チーム・ビッグG)


 1ラウンド。ギャビジャブ。バーバラ右フック。ギャビワンツー、なおも連打。離れる。ギャビまたも連打からクリンチもバーバラがロープに押し込む、離れる。ギャビクリンチ、ロープに押し込んでからテイクダウン、サイドを取る。ギャビアームロック、バーバラ外すもギャビ再度アームロック! バーバラタップ!

 1ラウンド2分35秒、アームロックでギャビ・ガルシア勝利。

 試合後に神取忍が乱入し対戦をアピール。リングサイドに陣取っていたから予想できましたが。


第11試合 93kg契約(ライトヘビー級相当)(肘有り)1R10分・2R5分
イリー・プロハースカ(チェコ/ジェットサーム・ジム・ブルーノ)
ブランドン・ホールジー(米国/HBアルティメット/元ベラトール・ミドル級王者)


 1ラウンド。ホールジーはレスリングシューズ着用。ホールジーじりじりプレッシャー掛ける、テイクダウン、バックを取る。側頭部に鉄槌。プロハースカ反転、ホールジーハーフガードから肘打ち。プロハースカ立とうとするもホールジー首を抱えてマウントからギロチン! 極まりかかるも外れる。プロハースカ反転し亀に、ホールジーバックからチョーク狙いもプロハースカ脱出、ホールジーすかさずタックル、ロープに押し込もうとするも足がロープに絡まる。外して再開。プロハースカ右ストレート。跳び膝もホールジーキャッチしロープに押し込む。プロハースカうっちゃるとホールジー場外に転落! ホールジー腰を痛めたか。ホールジーにイエローカード。再開。プロハースカ前蹴り。ホールジージャブからタックルもプロハースカかわす、ホールジーまた場外に落ちそうになるも戻る。ホールジー右フックからタックル、ロープに押し込むもプロハースカギロチン。しかしホールジー外してバックを取るとチョーク! しかしプロハースカ外してトップを取る、バックマウントからパウンド! レフェリー止めた!

 1ラウンド6分30秒、イリー・プロハースカTKO勝ち。


第12試合 RIZIN女子スーパーアトム級(49kg)初代王座決定戦(肘有り)5分3R
浅倉カンナ(パラエストラ松戸/RIZIN女子スーパーアトム級トーナメント2017優勝)
浜崎朱加(AACC/元INVICTA世界アトム級(47.6kg)王者、元JEWELSライト級(52kg)王者)


 1ラウンド。浅倉はサウスポー。浜崎はスイッチスタンス。浜崎右ロー連打。ワンツー。右ロー。ジャブ。浅倉が浜崎にアイポーク。ドクターチェック後再開。浜崎右ロー、ワンツー、テイクダウン、浅倉すぐ立つ、離れる。浜崎右ロー。浅倉右ハイ。浜崎ワンツー、なおも連打! 右ストレート。右ミドル。浅倉右ロー、ワンツー。浜崎ワンツー。浅倉右ロー。浜崎右ストレート。浅倉左ハイ。浜崎ジャブから片足タックル、離れる。浜崎ジャブ。浅倉左ロー。浜崎右ストレート、右フック。浅倉テイクダウン狙うも浜崎離れる。浅倉左右ロー。ラウンド終了。

 2ラウンド。ジャブが交錯、ローが交錯、浜崎こかしてから膝蹴り、離れる。浜崎ジャブ。浅倉左右ミドル。浜崎ジャブ、右ロー。浅倉左ロー。浜崎ジャブ。右ハイ! ジャブ。右フック。ジャブ。浅倉左ロー。浜崎ジャブ、浅倉ジャブ。左ハイ。浜崎ジャブ。右ロー。浅倉タックル、コーナーに押し込む。しかし浜崎テイクダウン、サイドを取る。浅倉エビで脱出図るも浜崎手首を取ってアームバー! 浅倉逃げようとするもタップ!

 2ラウンド4分34秒、アームバーで浜崎朱加勝利。初代女子スーパーアトム級チャンピオンに。


第13試合 RIZINバンタム級(61kg)初代王座決定戦(肘有り)5分3R
堀口恭司(アメリカン・トップチーム/RIZINバンタム級(61kg)トーナメント2017優勝、元UFCフライ級(56.7kg)3位、元修斗バンタム級(60kg)世界王者)
ダリオン・コールドウェル(米国/アライアンスMMA/ベラトール・バンタム級王者)


 1ラウンド。コールドウェルはサウスポー。堀口左ロー。コールドウェルワンツーからタックル、ロープに押し込む。堀口膝をつく、コールドウェルパウンド。堀口片足タックルから逆にコーナーに押し込む。コールドウェル手首を取る、アームロックに行くもロープ際で外れる、コールドウェルなおもトップを取る。堀口脱出、スタンドに戻る。堀口右ロー。お見合い状態。堀口左ロー。飛び込んで左フック。コールドウェル左ロー。堀口前蹴り、コールドウェルバランス崩しダウン、すぐ立つ。堀口右ロー。コールドウェル低空タックル、堀口かわすも場外に落ちそうになる。再開。ラウンド終了。

 2ラウンド。堀口右フックに行くもコールドウェルテイクダウン、堀口立つ、コールドウェルなおも膝蹴り、ロープに押し込んでから再度テイクダウン、バックを取る。堀口コーナーで膝をつく。ロープ際に移動、コールドウェルなおも押し込む、堀口ロープを背にする。立とうとして膝をつくもコールドウェル立たせてくれない。堀口ようやく脱出したところでラウンド終了。

 3ラウンド。堀口右ミドル。左フック。コールドウェル低空タックルもかわされる。堀口右ボディ。左フックもコールドウェルテイクダウン、堀口ロープを背にする。堀口ギロチンチョーク! コールドウェルタップ!

 3ラウンド1分13秒、ギロチンチョークで堀口恭司勝利。初代バンタム級チャンピオンに。

 堀口恭司「日本で戦ってるのに、負けるわけにはいかないんで、日本人負けられないでしょう! だからしっかりベルト獲れて、ちょっと嬉しいっす」。


第14試合 スペシャルエキシビション(ボクシング非公式戦)147ポンド(66.7kg)契約 3分3R
フロイド・メイウェザーJr.(米国/プロボクシング元WBC世界スーパーウェルター・ウェルター・スーパーライト・ライト・スーパーフェザー級王者、元IBF世界ウェルター級王者、元WBA世界スーパーウェルター・ウェルター級王者)
那須川天心(TARGET/Cygames/RIZIN KICKワンナイトトーナメント(57kg)2017優勝、RISE世界フェザー級(57.15kg)王者、ISKAオリエンタルルール世界バンタム級(55kg)王者)


 1ラウンド。那須川はサウスポー。メイウェザーは笑顔。那須川ジャブ、メイウェザー右フック、那須川左フック。メイウェザー右ボディ。左フック、右フック! 那須川ダウン! 立つ。メイウェザーワンツー。メイウェザー右ボディ、右フック! 那須川ダウン! 立つ。那須川ジャブ、メイウェザー左フック! 那須川ダウン! セコンドタイル投入! レフェリー止めた!

 1ラウンド2分19秒、フロイド・メイウェザーTKO勝ち。タイムが聞き取れなかったので後で修正します。

posted by ジーニアス at 15:00
"『RIZIN.14』速報"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索