2018年12月30日

榊原実行委員長「RENA vs. フランソワはやる方向性です」

12.31『RIZIN.14』RENAが減量中に倒れて計量失格、契約体重を設けて試合成立に向けて協議中(2018年12月30日)

 こちらの続報。

【RIZIN】減量中に倒れたRENAが退院、本人の意思確認して「試合はやる方向性」(イーファイト)
 公開計量イベント後、記者たちの囲み取材を受けた榊原信行RIZIN実行委員長は「RENAは体重を落としている途中で脱水症状を起こし、病院へ運ばれて点滴を受けました。現在、退院はしています」と状況を説明。

 今後については「診断もあって体調は回復したので、RENAがそれでもやりたいと思えばドクターに診察していただき、許可が出れば契約体重を何kgにするかをサマンサ陣営と交渉します。サマンサは試合をやりたがっていますが、サマンサ陣営が何kgなら納得するか。RENAに無理して体重を落とさせるわけにはいかないですし、本人の意思を確認する必要がありますが、試合はやる方向性です」とした。

 なお、試合が成立した場合、公式記録がRENAの失格負けとなるか、そのまま勝敗が公式記録として残るかは競技運営と話し合って決めるとのこと。

 ドクターがOK出したとしても不安ですねぇ…。



posted by ジーニアス at 19:30
"榊原実行委員長「RENA vs. フランソワはやる方向性です」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索