2018年12月29日

『RIZIN.14』フロイド・メイウェザー、那須川天心にキック1発で5億円の違約金ルールを設定していた

12.31『RIZIN.14』フロイド・メイウェザー公式会見動画/メイウェザー「3分3Rならトレーニングも必要ない」「寝ていても大丈夫だ」(2018年12月29日)

 こちらの続報。

異例!メイウェザーがキック1発5億超の違約金設定(日刊スポーツ)
 大みそかに行われる、総合格闘技のRIZIN14大会(さいたまスーパーアリーナ)で実施される元ボクシング5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(41=米国)-那須川天心(20)の注目の一戦に向け、29日、メイウェザーがようやく来日した。

 自家用ジェット機でやって来たとみられ、都内ホテルで会見した。

 試合は、ボクシング・エキシビションマッチとして行われるが、キック1発500万ドル(約5億5000万円)という、破格の違約金が設定されていることも分かった。

 対戦が決まった時には、RIZIN側も1ラウンドに2回程度のキック使用は認める方向で交渉していた。しかし、メイウェザー陣営は拒否だけでは収まらず、違約金を要求した。

 異種格闘技の始まりといわれるアントニオ猪木-ムハマド・アリ戦で、猪木のキックでアリが太ももを負傷し、世界戦が延期された事実をメイウェザー陣営は重視。キックによる負傷を避けるため、強硬手段に出たとみられる。

 来日し会見まではこぎつけたが、ボクシング・エキシビションマッチとして行われる試合のルールの詳細は大会2日前になっても未定だ。

 両陣営によるルールミーティングは試合前日の30日夜までずれ込みそうだ。

 お気楽モードをアピールしているメイウェザーですが、実際は那須川天心のことをかなり恐れている!? アントニオ猪木 vs. モハメド・アリだけじゃなく高田延彦 vs. トレバー・バービックのことも知ってると想像します。

実力のある那須川との対戦は「メイウェザーにとって厄介な夜になる」米サイト/RIZIN(サンスポ)
 試合を前に米スポーツサイト「ブリーチャーリポート」は28日(日本時間29日)、「2017年の8月にボクシングルールで元UFC2階級制覇王者のコナー・マクレガー(30)=アイルランド=との試合を最後に戦っていない41歳のメイウェザーの今回の決断は、格闘技ファンを驚かせた」とし、「キックボクサーの那須川はメイウェザーとボクシングルールで戦うことになるが、彼はこれまでのキャリアで十分実力があることを証明しており、メイウェザーにとっては厄介な夜になるだろう」と伝えた。

 那須川天心、海外でもかなり評価されています。



posted by ジーニアス at 22:06
"『RIZIN.14』フロイド・メイウェザー、那須川天心にキック1発で5億円の違約金ルールを設定していた"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索