2018年12月24日

ケビン・リー「勝てる試合を取り逃がした」「ウェルター級に転向するかもしれない」

Kevin Lee 'devastated, embarrassed' by loss to Al Iaquinta, considers welterweight(MMAJunkie)

 『UFC on FOX 31: Lee vs. Iaquinta 2』でアル・アイアキンタに判定負けしたケビン・リーが以下のコメント。

「勝てる試合を取り逃がした。落ち込んでるし恥ずかしい。このスポーツは時にはドン底に突き落とされることがあるが、これ以上のドン底は無いと思う。だが大丈夫だよ。アルとはもう対戦する機会はないかもしれないが、俺はキャリアを通じて多くのグレートファイターと対戦してきたし、彼は間違いなくその中の一人だ。今後についてはいろいろ落ち着いてから考えたい」

「マインドゲームをしてしまったことが敗因のひとつかもしれないが、言い訳はしない。素晴らしいキャンプができたしグッドシェイプだった。燃え尽きたと感じた。第3ラウンドまでは上手く行ってると思っていたが、そこからガス欠していった。やってはいけない作戦ミスだったが、それでより落ち込むことはない」

「もっとやれたことは分かってる。トニー・ファーガソン戦はこれ以上動けないと思えるほど全力を尽くしたが、今回は調子が良かっただけで酷い気分だ」

「階級を変える時が来たのかもしれない。1年くらい前から分かってたことだが、俺も頑固なのでいろいろアジャストしてみようとしていた。だがこの体重を作るのはとてもキツイ。おそらく階級を上げて他のオプションを探る時だと思う。170ポンドだと上手くやれると思ってる。回復してから様子を見たい」




posted by ジーニアス at 06:07
"ケビン・リー「勝てる試合を取り逃がした」「ウェルター級に転向するかもしれない」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索