2018年11月21日

1.19『UFC on ESPN+ 1』でペイジ・ヴァンザントと対戦予定だったレイチェル・オストビッチがDVで負傷欠場/オストビッチの夫は殺人未遂容疑で逮捕される

1.19『UFC on ESPN+ 1』でペイジ・ヴァンザントと対戦予定のレイチェル・オストビッチが大ケガか(2018年11月20日)

 こちらの続報。



 1月19日にニューヨーク州ブルックリンで開催する『UFC on ESPN+ 1』でペイジ・ヴァンザントと対戦予定だったレイチェル・オストビッチが夫のアーノルド・ベルドンからのDVにより負傷したことから欠場することをオストビッチのマネージメント会社が発表。眼窩底骨折だけではなくその他のケガもあるそうですが、詳細は明かされていません。

 また、オストビッチの夫アーノルド・ベルドンは殺人未遂容疑で逮捕されたとのこと。

Arnold Berdon(Sherdog)

 アーノルド・ベルドンは現在27歳のアメリカ人でプロ戦績7勝2敗。2015年11月にハワイで開催された『PANCRASE 272』にも出場しており田中千久に2R TKO勝ちしています。最近は今年6月の『Titan FC 50』でジェレミアス・フェルナンデスに判定勝ちしています。




posted by ジーニアス at 23:16
"1.19『UFC on ESPN+ 1』でペイジ・ヴァンザントと対戦予定だったレイチェル・オストビッチがDVで負傷欠場/オストビッチの夫は殺人未遂容疑で逮捕される"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索