2018年10月25日

コナー・マクレガー「ハビブ・ヌルマゴメドフと即再戦できなくても構わない」「近いうちに復帰する」

『UFC 229』コナー・マクレガーが早くもSNSでハビブ・ヌルマゴメドフとの再戦をアピール(2018年10月08日)

コナー・マクレガー「試合には負けたがバトルには勝った。戦争は続く」(2018年10月09日)

 こちらの続報。

View this post on Instagram

Thoughts on my last fight. Round 1. I believe from a sport standpoint, round 1 was his. Top position against the fence. Zero position advancement or damage inflicted. But top position. From a fight standpoint the first round is mine. Actual shots landed and a willingness to engage. Straight left early. Knee to the head on the low shot. Elbows in any and all tie up scenarios. Opponent just holding the legs against the fence for almost the entire round. Round 2 he is running away around the cage before being blessed with a right hand that changed the course of the round, and the fight. It was a nice shot. After the shot I bounced back up to engage instantly, but again he dipped under to disengage. That is the sport and it was a smart move that led to a dominant round, so no issue. Well played. If I stay switched on and give his stand up even a little more respect, that right hand never gets close and we are talking completely different now. I gave his upright fighting no respect in preparation. No specific stand up spars whatsoever. Attacking grapplers/wrestlers only. That won’t happen again. I also gave my attacking grappling no respect. To defense minded. Lessons. Listen to nobody but yourself on your skill set. You are the master of your own universe. I am the master of this. I must take my own advice. Round 3. After the worst round of my fighting career, I come back and win this round. Again walking forward, walking him down, and willing to engage. Round 4. My recovery was not where it could have been here. That is my fault. Although winning the early exchanges in 4, he dips under again and I end up in a bad position with over 3 on the clock. I work to regain position and end up upright, with my back to the fence. A stable position. Here however, I made a critical error of abandoning my over hook at this crucial time, exposing the back, and I end up beaten fair and square. What can I say? It was a great fight and it was my pleasure. I will be back with my confidence high. Fully prepared. If it is not the rematch right away, no problem. I will face the next in line. It’s all me always, anyway. See you soon my fighting fans I love you all ❤

Conor McGregor Officialさん(@thenotoriousmma)がシェアした投稿 -



 『UFC 229: Khabib vs. McGregor』でハビブ・ヌルマゴメドフのライト級王座に挑戦し4Rリアネイキッドチョークで敗れたコナー・マクレガーがインスタグラムで以下のコメント

「 この前の試合の考え。

 第1ラウンド。スポーツの観点から見て第1ラウンドは彼が取っただろう。彼はトップを取り俺は金網を背にした。そこからの進展もなければダメージもなかったがトップポジションは取っていた。だがファイトとしては俺が取った。打撃もヒットし意欲的だった。左ストレートが入ったし頭部への膝蹴りも入った。肘打ちも入った。相手はほとんど脚をホールドしていただけだった。

 第2ラウンド。彼は右のパンチで局面を変える前まではケージの中で逃げ回っていた。それはナイスショットだった。俺はすぐに立ったが、彼は打ち合うことなくテイクダウンしてきた。これはスポーツだしラウンドを取るためにもスマートな動きだったし問題はない。上手くやった。俺がスイッチをオンにして少しでも敬意を払っていれば右手は決して近づくことはなかったし、全く違ったことになっただろう。俺は彼のアップライトファイティングに敬意を払っていなかった。スタンドのスパーリングをせずにグラップラーやレスラーとの練習ばかりしていた。もうそんなことは2度としない。俺は自分のグラップリングにも敬意を払っていなかった。ディフェンスばかりに気を取られていた。これで学んだ。自分のスキルは自分が一番知ってないといけない。自分の世界のマスターは自分自身だ。そして俺はマスターだ。俺が俺にアドバイスしなくてはいけない。

 第3ラウンド。俺のキャリア史上最悪のラウンドから立ち直り、このラウンドで取り返した。再び前進し意欲的だった。

 第4ラウンド。俺のリカバリーは上手く行かなかったし、これは俺のミスだった。打ち合いで早めに優位に立ったが彼はまたテイクダウンをして俺は悪いポジションになってしまった。金網を背にしてから立とうとした。安定したポジションだ。だが俺は重大なミスをしてバックを取られしまい、仕留められた。

 何と言えばいいか? グレートファイトだったし、それは俺の喜びだった。俺は自信を深めて戻ってくる。完全な準備ができている。即再戦できなかったとしてもノープロブレムだ。次の相手と対戦する。俺はいつだって俺だ。俺の試合のファンの人たちとは近いうちに会えるだろう。みんな愛してるよ」




posted by ジーニアス at 02:54
"コナー・マクレガー「ハビブ・ヌルマゴメドフと即再戦できなくても構わない」「近いうちに復帰する」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索