2018年10月08日

ダニエル・コーミエ「いくら試合のプロモーションでも触れてはいけない部分がある。コナー・マクレガーはそれをしてしまった」

『UFC 229』ハビブ・ヌルマゴメドフ vs. コナー・マクレガー試合後の乱闘シーン(動画)(2018年10月07日)

デイナ・ホワイト「『UFC 229』乱闘事件ですでに3人が逮捕された」「ヌルマゴメドフのタイトル剥奪もあり得る」(2018年10月07日)

『UFC 229』逮捕された3人はコナー・マクレガーが告訴しないことから釈放される/イスラム・マカチェフとズベイラ・ツフゴフは永久追放か(2018年10月07日)

 こちらの続報。



 『UFC 229: Khabib vs. McGregor』ハビブ・ヌルマゴメドフ vs. コナー・マクレガーの試合後の乱闘事件についてダニエル・コーミエがツイッターで以下のコメント。

「なぁみんな、相手が悪いことをしたからといって自分もしていいというわけじゃない。コナーは相応しくなかった。誰も相応しくなかった。いくら試合のプロモーションでも触れてはいけない部分がある。宗教、家族、祖国。ブルックリンで物を投げられる(バス襲撃事件)。こういうことはハビブにとってはプロモーションではなく、本当にパーソナルな部分を刺激された。文化が違うんだ」

posted by ジーニアス at 09:17
"ダニエル・コーミエ「いくら試合のプロモーションでも触れてはいけない部分がある。コナー・マクレガーはそれをしてしまった」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索