2018年10月01日

『RIZIN.13』観衆は団体レコード/堀口恭司、那須川天心とのMMAでの再戦を否定



『RIZIN.13』速報(2018年09月30日)

 こちらの続報

RIZIN.13(スポーツナビ)

RIZIN 9.30 さいたまスーパーアリーナ:那須川天心、堀口恭司を胴廻し回転蹴りから追い詰め判定勝ち。山本美憂、ウィンにリベンジ(バウトレビュー)

【RIZIN.13】全試合結果=2018年9月30日(イーファイト)

 改めて試合結果。なお観衆は団体レコードとなる2万7208人でした。2万人越えは今回が初です。


【試合結果】RIZIN .13 × TEKKEN7 SPECIAL MATCH 第10試合 韓国 × 日本(RIZIN)

 なお、速報では書きませんでしたが、eスポーツの日韓対決の結果は2-1で韓国勝利でした。


RIZINの那須川vs堀口戦はなぜ格闘史に残る名勝負になったのか(THE PAGE)
「30-29」、「29-28」……ここまでジャッジが読み上げられ天心の右手が上げられると、残り一人のジャッジ「30-28」は、もう大歓声にかき消された。その瞬間、涙を見せた那須川は、リング上で「堀口選手がキックのルールで戦ってくれたことに感謝します」と第一声。そして「人間と戦っているんじゃない。動物、獣みたいな感じでした。一歩間違えると自分がやられる。そんな試合でした」と続けた。

 攻撃の手数と最終ラウンドのダメージを考慮すると、ジャッジの評価は妥当だった。

 堀口も「3ラウンドにキックをもらったり、自分の手数が少なかったので判定はしょうがない」と結果を受け入れた。だが、那須川は、元UFCトップファイターを「獣」と表現したが、堀口は20歳のキックボクサーを「人でした」と評した。

「思うような攻撃はできた。(彼の蹴りは)ブロックしているので致命傷にはなっていなかった」

 それが堀口の本音でありプライドだったのだろう。
「日本を盛り上げるために(UFCから)帰って来たので(会場が盛り上がったのは)満足ですが、負けているので、そこは練習が必要」


【RIZIN】堀口恭司、那須川天心との再戦望む「やり返さないと」(イーファイト)
「試合が終わったばかりなのでまだ何も考えてないですが、もっと日本を盛り上げたい。オファーがあればキックルールもまたやろうかなと思っています」と言い、「負けているのでやり返さないといけないなと思う」と、また那須川とキックルールで再戦することを誓う。

 次はMMA(総合格闘技)ルールで再戦したいとの気持ちはあるかとの質問には、「まあ、はっきり言いますがMMAでは相手にならないと思うので、どうかなと考えますね。組み際とか出来ていないので自分が普通に勝つので面白くない」と、MMAではまだ相手ではないとした。


【RIZIN】那須川天心、堀口恭司との世紀の一戦を振り返る「濃厚な時間でした」(イーファイト)
 判定勝ちで世紀の一戦を制した那須川は「KOを狙いたかったけれど、それ以上に堀口さんが凄かったです。蹴りが効いたと思ったんですが表情にも出さないし、行こうとしても行ったらヤバいって感覚があったのでちょっと見合ってしまいました。堀口さんは戦っていてオーラが出ていました。一瞬で仕留める、みたいな。それで自分も手が出せなかったです。怖さを感じたし、強いって感じましたし、試合を終えて自分がレベルアップ出来たと思いました」と、熱戦を振り返る。

 見ている方はあっという間で、両者のスピードに驚かされたが、那須川は「3分3Rがとても長かったです。ここまで長く感じたことは今まで無かったんですが、試合をしていて凄い楽しかったんですよね。お互いに駆け引きというか、見合う展開が多くなってしまったんですが濃厚な時間でした。ひとつひとつの攻防が凄くゆっくりだったんです。パンチが来た、かわそうというのが凄く考えながら出来ました」と、不思議な感覚を味わえたという。

 また、堀口とMMA(総合格闘技)ルールで戦うことはあるのかとの質問には「将来的なことを考えていて、MMAに進むのか、このままキックに進むのか、それともボクシングに行くのかと悩んでいます。MMAをやるならMMAだけでやりたい。自分はMMAもやってみて中途半端な気持ちでMMAをやるのはよくないと思いましたし、両方同時でやれるほど甘くはないので、やるならしっかり準備してやりたいと思います」と、まだどの道を進むのか決めかねていると答えた。

 本当にスピーディーであっという間に終わってしまった印象でしたが、やってる本人はそう思ってなかったんですね。それにしてもお互いに今後これ以上のカードがあるのか心配になってしまいます。


【RIZIN】大砂嵐はサップに判定負け「スタミナが足りない」と反省(東スポWeb)
 大砂嵐の話「大みそかにリベンジのチャンスが欲しいです。テークダウンする時に力を入れ過ぎた。入れ過ぎてボブが上になって…。もっと勉強して練習して、大みそかにリベンジしたい。(課題は)スタミナです。スタミナが足りない」

 開始早々にラッシュを仕掛けた時は会場も盛り上がりましたが、そこから先は…今後の対戦相手選びも難航しそうです。


【RIZIN】ミルコ・クロコップ 怒りのヒジ打ちでTKO勝利(東スポWeb)
 ミルコの話「本当ならTKOではなく、KOで倒したかった。ロッキーはタフで若い選手だが、キャリアは浅い印象だ。インサイドのキックは私にも経験があったので、大きな問題にならなかった。RIZINは会場の雰囲気はかつてのPRIDEに近づいてきているが、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、エメリヤーエンコ・ヒョードル、ジョシュ・バーネット、ヴァンダレイ・シウバのような選手が今はいない。選手のネームバリューが、まだ昔とは違うと思う。今後はしばらく休暇を取って、年末の大会に向けて調整したい。戦いたい選手の希望は特にはないです」

 ロッキー・マルティネスがミルコの左ヒザを徹底的に狙っていたのでヒヤヒヤしました。


【RIZIN】KIDさん追悼セレモニーでアーセン絶叫「ノリ、アイラブユー、ソーマッチ!」(東スポWeb)

【RIZIN】元K―1王者・大雅は消化不良のままドロー(東スポWeb)

【RIZIN】山本美憂 グラウンドで圧倒しウィンに完勝(東スポWeb)

【RIZIN】宮田和幸が大みそかに引退試合(イーファイト)

 その他RIZIN情報。

posted by ジーニアス at 10:24
"『RIZIN.13』観衆は団体レコード/堀口恭司、那須川天心とのMMAでの再戦を否定"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索