2018年09月30日

堀口恭司「PRIDE時代のような隆盛を取り戻したい」「DJはヘンリー・セフードと即再戦すべきじゃない」




 『RIZIN.13』で那須川天心とキックルールで対戦する堀口恭司が以下のコメント

「UFCからRIZINに移籍したことに後悔はありません。日本には僕のファンがいるし、今は彼らの前で試合ができます」

「日本の格闘技ビジネスはPRIDE時代とは違っています。ファンは僕と那須川天心のようなビッグマッチを楽しみにしています。この試合がきっかけでPRIDE時代のような隆盛を取り戻すことができるのならと思い、彼の領域で闘うことを決めました」

「僕から見てRIZINはUFCよりもフェアなオファーをしてくれたと思います」

「(UFC復帰の可能性を尋ねられ)彼らがどんな試合をオファーしてくるか次第だと思います」

「デメトリアス・ジョンソンはヘンリー・セフードと即再戦すべきだとは思いません。やっても売れないからです。UFCにとっても大きな賭けになります。彼は素晴らしいファイターですが人気がない。ファンもエキサイトしてません」

「僕は日本の格闘技を盛り上げたいし、早くそうさせたいです」

posted by ジーニアス at 05:33
"堀口恭司「PRIDE時代のような隆盛を取り戻したい」「DJはヘンリー・セフードと即再戦すべきじゃない」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索