2018年09月29日

CMパンク「俺は微妙な立場にいる」「UFCでまだチャンスがあるか静観したい」

デイナ・ホワイト「CMパンクのUFCでのキャリアはこれで終わりだ」「マイク・ジャクソンも酷かった」(2018年06月11日)

CMパンク「プロレスに戻るという選択肢はない」(2018年06月18日)

 こちらの続報。

CM Punk undecided on MMA future, but 'I don't think it's UFC or bust'(MMAJunkie)

 CMパンクが以下のコメント。

「ドアは開いている。俺はチャンスを貰ってきたことを何も恥じてはいない」

「(コーチの)デューク・ルーファスと話し合わなきゃいけない。練習を再開する必要がある。映画の仕事が終わったらすぐにそうするつもりだ」

「UFCじゃなければダメとは思っちゃいないが、俺は微妙な立場にいる。他にも闘う場所はあるが、『そこに行かなきゃいけないのか?』という思いもある。それは自分の価値とは無関係だ。じっくり見回したいし、俺にはまだ十分な選択肢がない。おそらくもうUFCで闘うことはあまり理に適ってないだろう。だがまずは静観しないといけない」

「もしチャンスがあるのなら活かしたいし、デッドラインはおそらく年末だろう。デューク・ルーファスも『戻って来るなら連絡してくれ。今後について話し合おう』と言っているし、まずはそうするつもりだ」

posted by ジーニアス at 17:14
"CMパンク「俺は微妙な立場にいる」「UFCでまだチャンスがあるか静観したい」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索