2018年09月19日

ブランコ・シカティック氏が肺塞栓症・敗血症で入院。母国有志が募金活動



 1993年の第1回K-1グランプリ優勝者・ブランコ・シカティック氏が肺塞栓症、敗血症のために入院し、母国クロアチアの有志たちによる支援のための募金活動がGoGetFundingというサイトを通じて行われている。

 シカティック氏はオランダのドージョーチャクリキ出身で、シカティック氏の娘から、ドージョーチャクリキ・ジャパンの甘井もとゆき代表に連絡があったという。甘井氏によると「病状は悪く」「資金調達出来れば転院を含め、ブランコさんの状況改善の為に医療援助費に充てる予定」とのこと。

 シカティック氏は1954年10月3日生まれの63歳。昨年、パンクラスとK-1に選手を送り込むために来日し、11月のK-1 WORLD GP初代ヘビー級王座決定トーナメントでは推薦したアントニオ・プラチバットが優勝していた。

 伝説のチャンピオンです。第1回K-1グランプリの時はモーリス・スミスやピーター・アーツが優勝候補で当時のシカティックは知る人ぞ知る存在でしたが、決勝のアーネスト・ホースト戦を含め3試合全てKO勝ちし一夜にしてスターになりました。闘病が上手くいくことを願っています。

クラウドファンディングで夢をかなえる本
クラウドファンディングで夢をかなえる本
posted by ジーニアス at 01:34
"ブランコ・シカティック氏が肺塞栓症・敗血症で入院。母国有志が募金活動"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索